【コスモ・クラトール】

【作品名】異界戦記カオスフレア
【ジャンル】TRPG

【世界観】
  • 三千世界:一つ一つが無限の広がりを持ち、今なお拡大しながらも重なり合うことは決してない無数の孤界によって構成された多元宇宙。
 三千世界は無数の世界によって構成され、そこには幾億もの孤界がひしめいている。
 またカオスフレアの中には、自身が無限の内的世界を持つものすら存在する。
 かつての三千世界は可能性が存在せず、ただ一つの終焉を迎えるままループを繰り返していたが、現在の三千世界は“未来”が存在する。
 それは現在から未来は混沌の中に無限の可能性が存在しているということである。
 これらの異なる可能性は、同時に存在しており選択的に組みかえることも可能。
 なお、より上位の天界と言った世界も存在し、ある種の手段でこれに干渉した場合は三千世界における事象を、
 それがダスクフレアやカオスフレアによるものであっても問答無用でキャンセルさせたりと言ったことが可能。
 始原はこれら全てを合わせた三千世界の外側に属する存在である。

 三千世界には一つ一つが数億の孤界を内包する世界が無数に存在し、それが無数の可能性として存在する。
 つまり2次多元宇宙×数億となる。

  • フレア:生命の力。自我や意志、魂と呼ばれるものと密接に結びつき、世界を循環している。
  有機、無機、時には生死すら関係なく、意志ある全てのものが持ち、関わりあうことによって生まれるエネルギー。
  また万物を構成する要素でもあり、原子や量子、空間や世界まであらゆる物を構成する。
  • 造物主:始原〈プロパテール〉によって産み出された創世のための神格。
  最強の神であるが始原には全く敵わない。
  • カオスフレア:世界をよりよく書き換える存在。孤界一つに匹敵するフレアを持つ。
  始原の加護を受け、三千世界において全能の存在である造物主の分身やカケラでも通常の攻撃手段でしか害せない。
  カオスフレアは拳銃一丁でも巨大な戦艦や要塞を沈め、
  逆にカオスフレアの指揮する戦艦はフレアが続く限り沈むことがなくなる。
  その種類はとてつもなく幅広く無節操。意志さえあればカオスフレアとなりうる。まさにカオス。
  具体例を挙げていくと
   ・地球出身の勇者・魔法使い・龍・機械生命・戦闘機パイロット・魔王・吸血鬼・宇宙サムライ
   ・巨大ロボ・企業のエージェント・悪の秘密結社の幹部・ハイテク悪魔使い・武侠・仙人・・・・
  • ダスクフレア:夕闇の魔人。自らのエゴにより世界を書き換え、古い世界を破壊することで新たな世界を創造する。
  造物主の加護を受けた者、あるいは造物主自身の分身である場合もある。
  • プロミネンス:全てのダスクフレアが纏うフレアの領域。
  あまりにも圧縮され、高密度となったフレアのブラックホールとでも言うべき存在。
  ブラックホールの周辺で時間と空間が歪むように世界そのものの有様を歪め、あらゆる攻撃を遮断する。
  弾丸や剣だけではなく、呪詛や超能力も通用しない。
  また同時にプロミネンスはダスクフレアのエゴを体現した存在でもある。
  それは周囲のフレアを取り込んで拡大していき、周りの現実さえ書き換えていく。
  それゆえに古い世界、すなわち現実の物理法則の一切が通用しない。
  徐々に周囲のフレアを取り込み、やがてそれが極大に達すると創世〈リジェネシス〉を引き起こす。
  対抗できるのは新たなる良き世界を生む力、すなわちカオスフレアのみといわれ、カオスフレアの攻撃に対しては防御効果を持たない。
  具体的には単一宇宙クラスの力を用いた世界法則書き換えを行わない限り無効化できない。
  力押しで破るには多元宇宙破壊規模の攻撃力が必要。
  • 創世〈リジェネシス〉:プロミネンスはダスクフレアの自我をコアにして拡大し、やがて具体的な形を取る。
  その結果として、そのダスクフレアが望む世界が古き世界(三全世界)を滅ぼし現出する。
  どのような世界が生まれるかはその個々人で全く異なるが古き世界が滅亡することは共通する。
  尚一旦始まれば一挙に進行する。
  • 邪炎:あらゆる防御を無効化する、ダスクフレアが備える属性。
  世界法則そのものを侵し、全てを破壊できる。
  • 根源:絶対武器が備える属性。
  人と人とのつながりによって生まれる力であり、存在そのものを捉える。
  おおよそありとあらゆる防御が意味を成さない。
  • 絶対武器マーキュリー:フォーリナーと呼ばれる地球出身者のみが所持し使いこなせる彼ら専用の武器。
  造物主によって滅んだ世界のカケラであり、宇宙(三千世界)開闢に匹敵する力を内に秘めている。
  あらゆるものを意のままにできる造物主でも意のままにできない。
  通常状態で根源を帯びる唯一の存在であり、多元宇宙規模での全能性を含むあらゆる防御を無効化するという特性を持つ。


【名前】コスモ・クラトール
【属性】封印された造物主の分身の一つ
【大きさ】人間大
【攻撃力】
  • 聖剣カリブルヌス
 絶対武器。コスモ・クラトールが手にすることで邪炎属性を備える。
 多元宇宙規模の世界法則書き換えを伴い、あらゆる防御を無効化する。
 世界法則書き換えへの耐性がある存在への威力は単純計算で惑星破壊の75%程度。
 上記の耐性を持つカオスフレア以外の存在は例え多元宇宙規模の全能性を持ってしてもそもそも耐えることさえできない。
 これを更に特殊能力で拡張する。
  • 三千世界の形を司る能力を持ち、カオスフレア以外の全てを破壊可能。
【防御力】
 特殊能力参照。
  • プロミネンスを纏う。
  • またそれとは別に、魔術、根源以外の攻撃に対する防御属性を備え、ダメージを十分の一まで軽減する。
 防御属性が有効な対象には空間攻撃や物質を光に転換する防御無視物理攻撃、異次元追放攻撃なども含まれる。
  • 過去に対して魔法を行使し、その運命を捻じ曲げることで傷を負わせる攻撃にも耐えられる。
  • 素の生命力は惑星破壊の6倍の威力を喰らってやっと《覚醒》まで追い込まれるほど。
 《輝く闇》時の生命力はその四分の一程度。
【素早さ】無時間行動にも対応可能。時間を止められても動ける。
 因果を超越した存在であり、未来に行われる攻撃に対して反応して防御できる。
 移動は無限速。宇宙活動可能。
【特殊能力】三千世界において全能。始原の加護を受けた者かカオスフレア以外の全てを自由にできる。
 またダスクフレアとしての能力を持つ。
  • プロミネンスを纏う。
 設定上は、『「孤界一つに匹敵するフレア」をもち、
 その力を用いて「世界をよりよく書き換える」存在』であるカオスフレア以外の攻撃は全く通用しない。
 つまり宇宙一つ分の力を用いた世界書き換えを行わない限り攻撃は通用しない。
 力押しで破るには始原〈プロパテール〉級、すなわち多元宇宙破壊規模の攻撃力が必要。
  • 世界観的には精神攻撃・物理攻撃の区別なく生命力が減少する。
 また明らかに即死攻撃や異次元追放攻撃の類でも生命力が減るだけ。
  • 「全ての願いをかなえることができる」能力が無効。すなわち全能耐性を持つ。
  • プロミネンスの力により周囲のものから無差別にフレアを吸収することができる。
 フレアを吸収されたものは滅ぶことになる。
 耐えるには巨大なフレア、つまり単一宇宙クラスの力を用いた世界法則書き換えを行うしかない。
 常時。プロミネンスの大きさがすなわち効果範囲である。
 殆どのものはプロミネンスの範囲は不明であるため至近距離のみ効果があると判断される。
  • 創世により三千世界とそこに属するものを滅ぼし新たな世界を創造することができる。
 発動に必要なフレアが蓄積されるまでどれだけかかるかはまちまち。
 開始されれば一挙に完遂する。三千世界に属するものは生存不可能。
  • 《輝く闇》
 何らかの手段により致死量を越えたダメージを受けた際に発動する。
 一戦闘につき一度だけ復活する。この際、隙はできない。
 またこの際、根源以外の邪炎を含むあらゆるダメージをほぼ無効化する。
 カオスフレアによる攻撃でも根源によらないものは防御可能。
 一旦戦闘に区切りがつけば《輝く闇》状態は解除され回復する。
 カオスフレアやダスクフレア、あるいはそれらに匹敵するほどの戦闘力を持つ者なら
 いかなる状況でもオーバーキルは起こりえないと明言されている。
  • 《暗黒の太陽》
 カオスフレア以外の(ダスクフレア含む)あらゆる攻撃をほぼ無効化する。
 また《輝く闇》時には全ての能力の使用に代償を必要としなくなる。
《歪んだ時空》
 任意発動。わずかな量の生命力を代償としてあらゆる状態異常を回復する。
《忌むべき想念》
 悪意あるフレアによって想念や概念といった本当の意味で形のないものに近づいている。
 そのため絶対武器ですら害するのが困難を極める。
《絶望の一撃》
 回数5回。これを併用した行動は旧世界の(つまりカオスフレア以外の)いかなる者も抗し得ない。
 カオスフレアでさえほぼ対抗不能。
 任意発動。攻撃に使用したり防御に使ったりできる。
《不滅の悪》
 存在そのものが世界開闢とともに生まれた「悪」と同化しているためカオスフレアでさえ滅ぼすことが極めて困難。
《星を落とす者》
 2回まで。プロミネンスを最大限に拡大することで空間を飛び越え時間を捻じ曲げ敵対する全ての対象に攻撃できる。
《星を継ぐ者》
 行った攻撃の威力を大幅に上げる。単純計算で惑星破壊の15パーセントまで上乗せできる。
《絶対武器》
 現在の肉体である諸角一馬の所有物である絶対武器である聖剣カリブルヌスを使いこなす。
《空間歪曲》近接戦闘中でも空間を湾曲させ移動できる。
 移動距離には制限がないが妨害があるところには移動できない。
《空間断層》
 空間の断層を形成して敵を落とし込み行動を阻害することが可能。
 空間を自在に操るような能力を持つカオスフレアに対しても有効。
《喰らい尽くすもの》
 攻撃を受けた際にその対象へ無数の生物が現れ、反撃を加える。射程は近接。
 防御行動と同時に反撃し、相手の攻撃をかわしつつカリブルヌスに匹敵するダメージを与えることができる。
【長所】全能。数値データのある公式キャラでは最強。
 全能性を除いたいずれの能力もカオスフレアに通用する。
【短所】普通にやられる。


まとめ
【名前】コスモ・クラトール
【属性】封印された造物主の分身の一つ
【大きさ】人間大
【攻撃力】多元宇宙(宇宙×無限個)規模の世界法則書き換えを伴い、あらゆる防御を無効化する。
     多元宇宙範囲で全能の者も耐えられない
【防御力】力押しで破るには多元宇宙破壊規模の攻撃力が必要。
     即死攻撃や空間破壊攻撃等でも生命力が減るだけ。
【素早さ】0秒、無時間行動可能。移動速度は無限速。
     因果を超越した存在であり、未来に行われる攻撃に対して反応して防御できる。
【特殊能力】三千世界において全能。始原の加護を受けた者かカオスフレア以外の全てを自由にできる。
      「全ての願いをかなえる」能力が無効。すなわち全能無効
      創世により三千世界とそこに属するものを滅ぼし新たな世界を創造する


58
519 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 12:27:20
久しぶりに来たらえらい変わっててびびった

ところで、エル・シャダイとコスモ・クラトールの世界観の起点だが、
最初に描写されたエピソードはブライトストリングのはずだから通常の宇宙空間のはず。
なのでテンプレ通りで問題ないと思うが
36
63 格無しさん sage New! 2008/12/07(日) 20:08:05
カオスフレアの突っ込みって作品スレのこれか

世界観は二次多元宇宙*α
そこで全てを破壊できるって一文だけで、二次多元宇宙*α破壊攻撃と認定

作品スレ見た限りではこれについての議論はまだされてなかったな。
俺はカオスフレア知らないからなんとも言えないが。

138 格無しさん sage New! 2008/12/07(日) 21:00:07
129
さっきも言ったがプロミネンス自体が三千世界級強度(新しい三千世界そのもの)
それを力押しで破った攻撃の期待値が18
そして、基準になってる攻撃の期待値が40

145 格無しさん sage New! 2008/12/07(日) 21:02:26
138
ああ、なるほどそういうことね
ならなっとく
でも威力はともかく攻撃の範囲はどうやってだしたん?

159 格無しさん sage New! 2008/12/07(日) 21:08:49
145

射程はシステム上、「至近」「遠隔」「シーン」しかない。
至近は文字通り手持ち武器が届く範囲だが、身長36000kmの巨人だろうが1ミクロンの細菌だろうが同じ扱い(実例あり念のため)
遠隔は至近でない全て。シーンは遠隔と至近双方を含む。

範囲の方だがシーン攻撃というものがあってだな。
ルール上は範囲がシーンになるのですな。
で、シーンのルール上の範囲はゲームマスターの任意。
三千世界そのもののサイズのシーン出すとかもルール上可能。
なので世界観的最大規模である三千世界サイズが上限となる。
対象:シーンで三千世界全域に語りかける特技とかあるし。

166 格無しさん sage New! 2008/12/07(日) 21:11:50
159
ああ、今三千世界範囲になってるのはシーン攻撃なのね
ならいいんじゃね

180 格無しさん sage New! 2008/12/07(日) 21:32:08
入れとけば後で揉めない気はするな
ちなみに、コスモ・クラトールの攻撃力は上記の基準で行くと150+差分値(差分値=相手を圧倒した度合)くらいだった気がする。




30スレ目
397 格無しさん sage 2008/11/24(月) 01:10:50
エル・シャダイとコスモ・クラトールの
カエスフレアの世界観をこれに変更

【世界観】

三千世界:一つ一つが無限の広がりを持ち、今なお拡大しながらも重なり合うことは決してない無数の孤界によって構成された多元宇宙。
 三千世界は無数の世界によって構成され、そこには幾億もの孤界がひしめいている。
 またカオスフレアの中には、自身が無限の内的世界を持つものすら存在する。
 かつての三千世界は可能性が存在せず、ただ一つの終焉を迎えるままループを繰り返していたが、現在の三千世界は“未来”が存在する。
 それは現在から未来は混沌の中に無限の可能性が存在しているということである。
 これらの異なる可能性は、同時に存在しており選択的に組みかえることも可能。
 なお、より上位の天界と言った世界も存在し、ある種の手段でこれに干渉した場合は三千世界における事象を、
 それがダスクフレアやカオスフレアによるものであっても問答無用でキャンセルさせたりと言ったことが可能。
 始原はこれら全てを合わせた三千世界の外側に属する存在である。

三千世界には一つ一つが数億の孤界を内包する世界が無数に存在し、それが無数の可能性として存在する。
つまり2次多元宇宙×数億となる。
で二次多元×数億になるからアザトースの上になるはず


4スレ目

49 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2007/08/12(日) 18:00:08
コスモ・クラトール再考

×トウテツ 無理
○ジャッカル大魔王 多元宇宙規模を超える全能への耐性があると読めるが、素の能力は多元未満攻防と思われる。
 勝ち。
○サノス 多元全能に勝った相手だが素の能力では勝る。
△ナイアルラトホテップ これは倒せない。
○Q 普通に勝てる。
○クライシス皇帝 勝てる。
○クエス 勝てるだろう。
○明石大雅 勝てる。
○ピウス 勝てる。


トウテツ>コスモ・クラトール>ジャッカル大魔王>サノス>ナイアルラトホテップ=Q=クライシス皇帝
クエス=明石大雅>ピウス