【大喰い】




簡易テンプレ
【名前】大喰い(エルビオレーネ)with紫のアゲハチョウ
【属性】人外
【大きさ】成人女性並と全長30km
【攻撃力】大きさ相応、実体なしの存在に触れる
【防御力】大きさ相応
クマムシの群れ(詳細下記)が集まることにより大喰いの体を再生可能
完全に消滅させられても何もない空間にクマムシが現れ大喰いの体を再構成可能
【素早さ】マッハ1600万(=1,097,600km/s=光速の約18倍)の戦闘速度とそれ相応の反応
飛行、瞬間移動(移動距離30km程度)可能
【特殊能力】
時間停止(発動瞬時、範囲単一宇宙規模)
精神攻撃(発動瞬時、範囲20m、人間にしか効かない、精神攻撃耐性持ちにも効く)
炎(発動瞬時、コンクリートで出来た地面と数十本の柱、壁を一瞬で蒸発させて大穴をつくる)
分解(触れた物質の結合力を操り分解する。最大でビル程度のものを分解可能)

三百匹以上の"虫"を召喚可能
(攻防は大きさ相応、独自の精神あり、速度・反応は大喰いと同程度で飛行可能、一部を除いて大きさは拳大)
以下描写のある"虫"
ナナホシテントウ(4.5km先まで届く谷間を作る攻撃以上の威力の衝撃波を全方位に放てる、射程は2km以上)
サクラコガネ(飛行不可、相手に触れることで上記の分解が可能)
波江白蝶(上記の炎を発動可能)

無限に増殖するクマムシ(実体のない物理無効存在に触れる)により体を再生、巨大化させることが可能
無限に増殖するので最大で単一宇宙規模まで巨大化できると思われる
増殖速度は秒速21952立方km(1秒で大喰いの身長が7kmずつ伸びていく)

【戦法】紫のアゲハチョウとともに参戦。
    初手時間停止。その後紫のアゲハチョウを消す。
    次に”虫”を召喚
    有象無象の”虫”は体当たり
    ナナホシテントウは衝撃波攻撃
    サクラコガネは相手に触れて分解
    波江白蝶は炎攻撃
    クマムシは無限に増殖し続けて、大喰いを巨大化させる
    相手が小さいときはとりあえず30km程度の大きさになれたら
    相手が大きいときは相手よりも大きくなれたら炎や分解を用いつつ相手に攻撃する
    巨大な大喰いは、魅了攻撃発動後
    炎、分解の能力を使用しながら攻撃する

    また、”虫”は適度に消したり、再召喚したりする



【作品名】ムシウタ
【ジャンル】ライトノベル
【共通設定】
”虫”(むし)
思春期の夢を持つ少年少女に寄生し、宿主の夢を喰らう代わりに超常的な力を与える異形の怪物。
見た目が実在する昆虫類に似ていることから”虫”と呼ばれ、
その宿主は虫憑きと呼ばれている。
”虫”が人間の夢を食らいつくすと宿主が死に強力な【成虫】となる。
”虫”が破壊されると宿主は欠落者(心身喪失の人形のような状態)となる。
”虫”へのダメージは宿主の精神にダメージを与える。

”虫”には分離型・特殊型・同化型の三つのタイプが存在する。
分離型:常に虫憑きと虫が離れている。実体があり、
    虫本体が攻撃する種類が多く、中には複数のものもいる。
特殊型:実体がなく、基本的には触媒そのものが虫の体を構成する。
    自然・感情系の力を操るものが多い。実体を持つが分離型とは違い、変形するものもいる。
    一定の領域内で凄まじい力を発揮できるが本体の機動力に欠ける者が多い。    
同化型:道具や虫憑き自身と同化して力を発揮する。同化された虫憑きは身体能力が飛躍的に上昇し、
    道具には何らかの能力が付加されたり強化される。
    同化型の虫憑きは”虫”と同化することで身体能力を何十倍にも強化することができる、
    と移動に関する描写にはさまれる形で書かれているため
    ”虫”が同化すると戦闘・移動速度は少なくとも二十倍になる


戦闘速度について
速度が変わったキャラに関しては時系列に応じて数字を名前の後ろにふり、
”虫”が同化してない状態の大助と亜梨子を素の大助、素の亜梨子と表記し、
大助、亜梨子とだけ書かれているものは全て"虫"が同化した大助、亜梨子を意味するものとする

bug時代
近距離で拳銃の銃弾発射後にその銃弾の前に飛び出し、迎撃可能な素の亜梨子(1)
(素の亜梨子(1)のマッハ1の戦闘速度とそれ相応の反応)

素の大助(1)は素の亜梨子(1)の攻撃を回避したり、手刀を当てて取っ組み合いのけんかをしたりした
(素の大助(1)はマッハ1の戦闘速度)
よって、大助(1)はマッハ20の戦闘速度

その後、素の大助(2)は大助(1)と同等の戦闘速度を持つキャラの攻撃を回避した
(素の大助(2)はマッハ20の戦闘速度)
よって大助(2)はマッハ400の戦闘速度

その大助(2)と同等の戦闘速度の相手の攻撃よりも速く
相手に攻撃を当てることのできる素の亜梨子(2)
(素の亜梨子(2)はマッハ400の戦闘速度)
よって、亜梨子(2)はマッハ8,000

その亜梨子(2)と同じ身体能力のキャラと戦闘可能な大助(3)
(どちらもマッハ8,000の戦闘速度とそれ相応の反応)

大助(3)の反応相応の一瞬で全長4km以上の海岸線を突き抜けることが可能な衝撃波
(衝撃波は全方位に放射状に飛ぶことから海岸線の長さの半分である2kmを一瞬で突き抜けるとする)
その衝撃波を近距離から槍で迎撃可能な亜梨子(3)
よって、亜梨子(3)の戦闘速度はマッハ1600万


【名前】大喰い(エルビオレーネ)with紫のアゲハチョウ
【属性】始まりの三匹の一つとその発動の媒体
【大きさ】成人女性並と全長30km
【攻撃力】大きさ相応
(実体のない物理無効の存在に触れるクマムシにより体が構成されているので
物理無効存在にも触れると思われる)
【防御力】大きさ相応
クマムシの群れ(詳細下記)が集まることにより大喰いの体を再生可能
完全に消滅させられても何事もなかったように何もない空間にクマムシが現れ大喰いの体を再構成可能
また、クマムシの群れが巨大な大喰いになったりも可能

【素早さ】亜梨子(3)と互角に戦闘可能
マッハ1600万(=1,097,600km/s=光速の約18倍)の戦闘速度とそれ相応の反応
瞬間移動のようなことも可能。
推測だが30km程度は移動できると思われる
【特殊能力】飛行可能、通常不可視の存在を知覚可能(たぶん視認もできると思われる)
魅了攻撃
射程は二十メートル程度。
精神攻撃耐性持ちにも効く
射程内に入ったら発動。
理性を失い、何も考えられない状態にさせる。

時間を凍りつかせることができる
(いわゆる時間停止)
発動は瞬時で、範囲は単一宇宙規模

全ての分離型の”虫”をコピーして操る能力。
また、”虫”が死んでも大喰いが生きていれば再召喚可能。
”虫”がいなくても大喰い自身が”虫”の能力を使用できる。
ちなみに異空間に大喰いが閉じ込められると
通常空間の”虫”は消えた

”虫”の攻防は特に言及がない限りは大きさ相応
速度・反応は大喰いと同程度
クマムシとサクラコガネ以外は飛行可能
また、”虫”は基本的には大喰いの指示通りに動くが
精神攻撃などは普通にくらっていたため
どうも独自の意識がある模様(紫のアゲハチョウは不明)

以下作中で描写のある&使用していた"虫"
三百匹以上の”虫”
大きさは少なくとも拳大はある
異空間に内側から穴を空けられる攻撃を持っている”虫”も

紫のアゲハチョウ
【大きさ】全長30km程度
(一つの市と、二つの大きな市を覆いつくす大きさ。市の面積の平均は266.92平方km*3)
能力発動の媒体で、こいつを倒せば大食いも倒せると推測されている。

ナナホシテントウ
【大きさ】羽の大きさが女子高生の倍はある天道虫(3.5m程度か?)
【攻撃力】
衝撃波:体育館程度の広さの展望台の地面を吹き飛ばして盆地へと変え、
    山の形を変えるほどに地表を削り取っていく
    槍攻撃と相殺可能
    全方位に放たれる範囲攻撃
    範囲・射程は2km程度
【防御力】素の防御力は副将の鱗粉をくらっても死なない程度
     連続して衝撃の波を放つことにより、
     並の”虫”やコンクリート、合金を蒸発させられる熱波なども防げる
【備考】
数分間互角の実力の連中と戦ったら山も谷も消え去り、見えるのは土が剥き出しになった盆地や平地だけとなった

槍攻撃
下記鱗粉攻撃以上の威力
山腹を真っ二つに切り裂き、底の見えない亀裂が生まれる
同程度の威力を持った攻撃とぶつかりあった余波が
地面に巨大な穴を穿ち、岩壁を消滅させ、山の形を変えていった

鱗粉攻撃
4.5km先まで届く谷間を生み出す
クマムシの群れ(下記参照)を蒸発させる
大地を両断する


クマムシ
【大きさ】親指大
【特殊能力】
"虫"とその能力を食べる"虫"
相手の不思議攻撃、実体のない物理無効の存在を食べることができる
大喰いの体に変化することができる
また、無限に増殖することが可能で
群れでの攻撃力(押しつぶし攻撃など)は群れの大きさ(重さ?)相応と思われる
地の文で無限に湧く、無限に増え続ける、再び無限に増殖しようと暴れ出すとか言われているので
単一宇宙規模まで増殖可能と思われる
増殖速度は秒速21952立方km
(1秒で大喰いの身長が7kmずつ伸びていく)
【備考】
作中食らった攻撃
上記の槍攻撃、鱗粉攻撃
海に底の見えない空洞を作る攻撃
コンクリート、合金を蒸発させられる炎
同化した空間を再生せずにそのエネルギーを崩壊させる攻撃。たぶん空間破壊
ハルキヨ(ttp://www39.atwiki.jp/tekiyakusaikyou/pages/1122.html)の攻撃

増殖速度と大喰いの大きさ
クマムシは4km以上の距離の海岸線に広がった催眠鱗粉に眠らされる数以上に増殖可能
催眠鱗粉に触れると眠ってしまう(眠ったクマムシは消える)ため
鱗粉が1m進むと4km×1mの範囲にいるクマムシが眠らされる。クマムシの厚さ?を1cmとすると、
鱗粉が1m進む間に4000×1×0.01=40立方m=40*10^-9立法kmのクマムシが眠らされる。
催眠鱗粉の速度はマッハ1600万以上なので、鱗粉が1m進む時間は1/(343*1600万)秒未満
よって鱗粉による催眠速度は40*10^-9 / 343*1600万=21952立方km以上
クマムシの増殖速度はそれ以上

一般的な成人女性を計算しやすいように160cm、64kgとする
人間の比重は約1なので。この女性の体積は40cm四方の正方形の体積とほぼ一緒と考えられる
(身長の四分の一の長さを一つの辺とする正方形)
21952立方km=28km四方の立法体
よって大喰いの身長は1秒で7km巨大化する

以下作中では使っていないが使用可能な”虫”
サクラコガネ
物質の”結合力”を操る
無機質の分子間の結合力を操作することで、
形を失わせ、異なる物質を混合させ、動かし、
別の形を生み出すことができる。
サクラコガネがとまったハンマーで触れることさえできれば
分解できない物質はない。
ビルの構造を丸々一つ組み替えたり、ビルを丸ごと一つ崩壊させることが可能
別にハンマーにとまる必要はないと思われる

波江白蝶
炎を生み出す"虫"。
炎は自分を中心に発生する範囲攻撃。
コンクリートで出来た地面と数十本の柱、壁を
一瞬で蒸発させて大穴をつくる程度の威力。

【長所】再生能力。時間停止。精神攻撃・炎・分解攻撃持ち
【短所】精神攻撃が人間にしか効かない
【戦法】紫のアゲハチョウとともに参戦。
    初手時間停止。その後紫のアゲハチョウを消す。
    次に”虫”を召喚
    有象無象の”虫”は体当たり
    ナナホシテントウは衝撃波攻撃
    サクラコガネは相手に触れて分解
    波江白蝶は炎攻撃
    クマムシは無限に増殖し続けて、大喰いを巨大化させる
    相手が小さいときはとりあえず30km程度の大きさになれたら
    相手が大きいときは相手よりも大きくなれたら炎や分解を用いつつ相手に攻撃する
    巨大な大喰いは、魅了攻撃発動後
    炎、分解の能力を使用しながら攻撃する

    また、”虫”は適度に消したり、再召喚したりする

【備考】ラスボス的存在。主人公の友達の夢を食らうために現われそれを阻止する主人公たちと敵対

75スレ目
636 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2010/08/25(水) 00:05:49 ID:O2Lg8qNA
大喰い

○>世界樹(ウィザース・ブレイン)>ベリアルの腕:時間停止からの増殖勝ち
×>ゲオルグ:範囲内のため即死
○ゴータマ:時間停止からの超巨大化。腕伝って分解とかで勝てるかな。
○>地縛神Ccapac Apu:初期範囲外 時間停止からの攻撃勝ち
△M:宇宙行動できないためお互い接触不能負け
×>媛星=ガイア=地球:寿命負け

M=大喰い>地縛神Ccapac Apu

宇宙行動できないからこの辺かな。



70スレ目修正

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 08:23:51 ID:Mn/EsjyZ
大食い

○>アパロイドマザー>ギド>アルセイデス>ビスケットハンマー
:時間停止からの無限増殖巨大化攻撃勝ち

×>TAGOSAKU:魂吸収負け
×>自動惑星破壊船:惑星破壊負け
×>シリウスブラックホール負け


惑星なしになったらもう少し上かもな。
783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 22:44:02 ID:PLefzS+N
考察乙

775
大喰いは開始距離30kmだからたぶんTAGOSAKUの吸収範囲外だと思う
でかくなったらたぶん吸い込まれないだろうし物理無効存在殴れるしTAGOSAKUには勝てるはず

自動惑星破壊船は反応書いてないから反応常人並だとすると
大喰いの反応と速度的に動き出す前に勝てるはず

そこから上はよくわからんが
惑星破壊議論決まってからでいい気もするw

69スレ目

912 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/07/29(水) 22:28:26
そういや大きさ無限が世界観規模なら
無限に増殖して巨大化できるキャラって
単一宇宙規模まで巨大化できる?
一応増殖速度はわかってるんだけど

913 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/07/29(水) 22:30:38
912
そういう場合は無限に増殖した最大の大きさまでになる
まあ別に勝負開始から増殖する戦法なら構わないけど

914 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/07/29(水) 22:34:45
913
参戦状態は作中最大までなのはわかる
ただ、それ以後も設定上無限に増殖し続けられるから
参戦後に無限に増殖し続けてどんどん巨大化してくのはあり?

915 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/07/29(水) 22:36:51
914
設定であるならおk

916 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/07/29(水) 22:48:09
915
三人称視点の地の文って設定だよな?
地の文で無限に湧く、再び無限に増殖しようと暴れ出す、とか書かれてる

917 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/07/29(水) 22:49:07
916
1人称じゃなければ大丈夫

920 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/07/29(水) 22:59:54
917
サンクス
一晩待って反論なかったらテンプレいじってスレに張ろうと思う



53スレ目

862 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/02/07(土) 02:07:39
初手の紫アゲハチョウを消す方法はどれだ?

863 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/02/07(土) 02:22:21
862
”虫”は基本的に大喰いが自由に出し入れ可能
普通になんか、消える

864 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/02/07(土) 02:24:12
863
一瞬?

865 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/02/07(土) 02:31:25
721
宝石泥棒 前から指摘されてたけどスルーされてただけ。
時空ドーナツ そもそも最初のテンプレ手抜き過ぎ(名前忘れたとかw)
アルウィンってセックスさんか。 このスレだと死んでないなw

866 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/02/07(土) 02:35:25
864
多少タイムラグがあるっぽいけど
ほぼ一瞬かと思われる

867 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/02/07(土) 02:36:27
瞬間移動連発できるよね?

868 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/02/07(土) 02:40:35
867
たぶんできると思う
突然現れる→夢を食べる→去る
を特に疲れたような描写もなくやってのけてるから

869 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/02/07(土) 02:57:53
大喰い 考察

×YHVH 射程ながいのでにげきれん 即死
△シグマ様 かてない負けない
×ヤマタノオロチ 逃げ切る前に光線負け
×可憐 瞬間移動30kmじゃあどうかんがえても無理 負け
?オルファン 微妙
×コロニーヴィクティム  早いし無理
×テラクトラマカスキ 無理即死
○アンサラー でかくなればどうにでもなる 勝ち
グランドマザー 精神攻撃ってでかい奴あいてにどうなるの? 
アルケスティス 同上
×グレン・アザレイ 基本戦法負け
○コティングリー でかくなれば勝ち 
○バジリスク でかくなれば目はみないだろ 勝ち
○魔神の眼&足 微妙 かてるかなあ
△虚無の眷属 むり勝てないが負けない
○シーレン 目はあわんだろ勝ち
○姫 でかくなってから勝ち
アヤネ でかい奴に反転効く?
○マーラー  まあ勝てる

こんな感じか

870 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/02/07(土) 02:59:33
基本精神攻撃は大きさ関係ないけど
グランドマザーの場合は認知外で効かない扱いかな

871 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/02/07(土) 03:12:10
じゃあアルケスティスに負け
グランドマザーに勝ちでコティングリーの上かな

872 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/02/07(土) 03:16:22
位置には関係ないけど
日本列島を2000km程度とすると
人間2m
短距離移動速度を50m5秒としても
秒速1000万m=光速の30分の1

瞬間移動連発できるなら反応の差が桁違いだから
可憐からは逃げ切れるな

ヤマタノオロチは微妙かもだけど



大きさ相応って速いな…

873 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/02/07(土) 03:16:39
だね もつなべ

874 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/02/07(土) 03:23:51
光速反応だから30kmのテレポを一秒間に何万回もつかえるよっていうのは違和感あるな

いや光速反応の3倍だけどさ

875 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/02/07(土) 03:27:17
ついでなので計算してみた
大喰い68km
グランドマザー100m

人間を1.5mとすると
大きさ7mmかな?

意外と認識できそうな気はするが

876 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/02/07(土) 03:30:00
874
確かになw
まあでも気にしたら負けな気はする


877 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2009/02/07(土) 03:44:35
875
大喰いが1.7mのとき2.5mmだとおもうぞ









47スレ目修正


10スレ目

300 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2008/06/07(土) 23:44:06
大喰い

○>ガイア(GRANDIA)>融災獣>エビラビラ>大怪球フォーグラー>禁涙境の怪物
:戦法通り上空からの雪降らせまくって勝ち

△>ダーちゃん>ハーピー:お互い相手が見つからず。分け

×>ファントム・ガイア:こっち以上の数の暴力でねじ伏せられる。

×>アゼル:初手でなぎ払われて終わる。

ダーちゃん=大喰い>ガイア(GRANDIA)

303 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2008/06/08(日) 10:58:45
300
乙です

×>ファントム・ガイア:こっち以上の数の暴力でねじ伏せられる。

増えるのに掛かる速度

大食い
超音速で数メートル掛かるまでに最低一匹
超音速をマッハ1、数メートルを4mとして最低値で計算しても
一匹辺り0.0117546798秒

ファントム
数分で数千体
数分を2分、数千体を4千として最大値で計算しても
一匹辺り0.03秒

まあ一匹辺りの強さはどうかは知らないが数的には大食いの方が早い
で、不思議範囲攻撃とか精神攻撃展開してるみたいだし、負けるまで押し切られることはないんじゃない?

たぶん両者決め手なしになると思う
まあどっちにしろ島破壊の壁上は無理だから位置一緒だけど

うーむ、戦法長い

















old1
【作品名】ムシウタ
【名前】大喰いwithアゲハチョウ(特殊能力欄参照)
【属性】始まりの三匹の一つと能力発動の媒体
【大きさ】成人女性並みと全長30km程度
【攻撃力】成人女性並み
【防御力】数え切れないほどの熱線(特殊能力欄参照)に貫かれてもノーダメージ
     視界を埋め尽くす以上の数の"虫"の半数を蒸発させる落雷を
     くらっても躰がボロボロに焦げる程度で戦闘可能。
     右腕が砕け散り、肩から胸にかけて抉り取られても行動可能。

【素早さ】戦闘速度、反応(近接対応)共に超音速。
     超音速戦闘の敵の拳を寸前で虫を出してガードしたり、
     その後の敵の猛攻撃を空を見上げたまま余裕でやり過ごすことが可能。

【特殊能力】魅了攻撃
       射程は二十メートル程度。
       精神力強い相手には効かない。
       射程内に入ったら発動。
       理性を失い、何も考えられない状態にさせる。

       精神支配
       (上記の魅了攻撃と同じ?)
       鱗粉に触れた相手を支配する。
       精神攻撃耐性持ち複数名を操った。
       鱗粉の射程:10メートル程度
       完全に支配するまでの時間:数秒から数十秒

       迷彩
       通常不可視の存在(不思議存在系)も見える主人公勢から知覚されないようになった。
       特殊な感知能力を持つキャラに見破られた。
       大喰いのみが見えなくなり他の"虫"やアゲハチョウは見えている。
       発動は一瞬。


       輝く鱗粉。
       (たぶん下記の鏡虫の能力と同じだと思われる)
       大喰いの周囲を包み込む鱗粉。
       ヒメカゲロウの熱線(特殊能力欄参照)を
       鏡に反射したかのように折り曲げた。
       一種の防御フィールド。


全ての分離型の"虫"の力を使う能力。
炎や氷の塊、電撃や衝撃波(詳細不明)などを放つ"虫"を
視界を埋め尽くす以上の数生み出せる。
超音速戦闘可能なキャラの数メートルくらいの距離からの攻撃が届くよりも早く
虫を生み出すことが可能。
"虫"の大きさは基本的には拳大。
攻防力は大きさ相応。
戦闘速度は超音速。

"虫"につかまって飛行可能。
飛行可能な"虫"の移動速度は時速百キロ以上


以下作中で描写のある&使用していた"虫"
紫のアゲハチョウ
能力発動の媒体で、こいつを倒せば大食いも倒せると推測されている。
雨雲よりも高い位置で滞空可能。
飛行速度及び攻防速描写なし(大きさ相応)
輝く四枚の翅のそれぞれに、人間の眼のような模様が浮かんでおり
この眼に見られたものは狂気に陥る。
精神攻撃耐性持ちにも有効。
また、この眼で見ただけで"ほたる"の雪(※1)と同じ効果を相手に与えられる。
鱗粉により"虫"や、その能力を生み出す。
"ほたる"の雪と同じ効果を持つ偽りの雪を降らすことができる。



鏡虫
相手の攻撃を勢いを増加して跳ね返す"虫"。
"かっこう"の銃弾(※2)を跳ね返していた。
ほかに何を跳ね返せるかわからない。
大きさは、高校生くらいの少年が乗れる程度。

ヒメカゲロウ
一本で特環のコート(※3)、霞王(ttp://www.jade.rm.st/asukai/ranobe/kasuou.html)の霞を
貫ける威力の熱線を射出できる。
熱線は一回で数千本射出可能。
射程:数百メートル
速度:音速程度
ため時間はほぼ一瞬で、ためながら熱線を射出することもできる。
連射可能。連射速度は不明。
大きさは、高校生二人が落ちてくるのを受け止めれる程度。


以下作中で使用していない虫
ゴホンツノカブト
角を含めた全長は4、50メートル。
大きさ相応の攻防力。

波江白蝶
炎を生み出す"虫"。
炎は自分を中心に発生する範囲攻撃。
コンクリートで出来た地面と数十本の柱、壁を
一瞬で蒸発させて大穴をつくる程度の威力。

【長所】多彩な攻撃手段
【短所】でも正直雪さえ降らせてれば勝てる。
【戦法】三巻の状態で参戦。
     魅了攻撃、精神支配、輝く鱗粉を展開した状態で、
     アゲハチョウと共に参戦。
     大喰いはまず迷彩を発動。

     アゲハチョウは飛翔しつつ、
     雪を降らせて、翅の眼で敵を見る。

     同時に視界を埋め尽くす以上の数の"虫"を生み出す。
     大喰いは"虫"につかまって飛行。様子見。
     ヒメカゲロウは尻尾振りつつ、数千本の熱線連射。
     波江白蝶は敵に近づいて炎攻撃。
     ゴホンツノカブトは体当たり。
     砲撃などに対しては輝く鱗粉で防御。
     その他、大量の"虫"をけしかける。


【備考】敵。主人公の邪魔しに出てくる

    ※1"ほたる"
      杏本詩歌の"虫"。
      大きさは、一メートルくらい。
      攻防一体の雪を降らせることができる。
      小学校の校舎程度の範囲に吹雪を発生させられる。
      (言葉通り、大量の雪をすごい勢いで降らせる)
      雪降らせてから数秒ほどで吹雪と呼ばれるほどの勢いにできる。
      【攻撃力】
      物質崩壊能力。
      雪に一欠片でも触れた対象は内部から破裂して粉微塵となる。
      雪に触れた瞬間小学校の校舎が崩壊。数秒で校舎は跡形もなくなった。
      物質的なもの以外でも超能力者の作った闇の空間なども破壊可能。
      【防御力】
      一欠片で"かっこう"の銃弾と相殺できる。
      周囲を地面ごと蒸発させるような高熱を受けても雪に阻まれ届かない。

      参考テンプレート 杏本詩歌(ttp://www.jade.rm.st/asukai/teki/siika.html)
※2"かっこう"の銃弾
  通常の銃弾をはるかに上回る速度、威力の銃弾。
  小学校の屋上の地面を吹き飛ばし、
  校舎全体が振動、教室の窓ガラスがいっせいに割れる威力。

※3特環のコート
   防弾、耐刃、耐熱、耐電効果のある不思議コート。
   鋼以上の硬度を持つ不思議金属が編みこまれている。
   上記の"かっこう"の銃弾を数発くらっても破れない。
   戦闘ヘリを落とし、自動車を粉々にし、
   推定20メートル以上の大きさのムカデを粉々にする衝撃波も防げる。
   コンクリートを液状化する熱にも耐えられる。
   落雷を受けてもコートを着てる部分は電気を通さない。





old2
【名前】大喰い(エルビオレーネ)with紫のアゲハチョウ
【属性】始まりの三匹の一つとその発動の媒体
【大きさ】成人女性並と全長30km
【攻撃力】成人女性並
【防御力】成人女性並
クマムシの群れ(詳細下記)が集まることにより大喰いの体を再生可能
完全に消滅させられても何もない空間にクマムシが現れ
大喰いの体を再構成可能
また、クマムシの群れが巨大な大喰いになったりも可能

【素早さ】マッハ320万(=1,097,600km/s=光速の約3.6倍)の戦闘速度とそれ相応の反応
【特殊能力】飛行可能、通常不可視の存在を知覚可能(たぶん視認もできると思われる)
魅了攻撃
射程は二十メートル程度。
精神力強い相手には効かない。
射程内に入ったら発動。
理性を失い、何も考えられない状態にさせる。

瞬間移動のようなこともできる
推測だが30km程度は移動できると思われる



全ての分離型の”虫”の力を使う能力。
また、”虫”が死んでも大喰いが生きていれば再召喚可能。
”虫”がいなくても大喰い自身が”虫”の能力を使用できる。
ちなみに異空間に大喰いが閉じ込められると
通常空間の”虫”は消えた

”虫”の攻防は特に言及がない限りは大きさ相応
速度は大喰いと同程度
クマムシとサクラコガネ以外は飛行可能
また、”虫”は基本的には大喰いの指示通りに動くが
精神攻撃などは普通にくらっていたため
どうも独自の意識がある模様(紫のアゲハチョウは不明)

以下作中で描写のある&使用していた"虫"
三百匹以上の”虫”
大きさは少なくとも拳大はある
異空間に内側から穴を空けられる攻撃を持っている”虫”も

紫のアゲハチョウ
【大きさ】全長30km程度の蝶々
能力発動の媒体で、こいつを倒せば大食いも倒せると推測されている。


ナナホシテントウ
【大きさ】羽の大きさが女子高生の倍はある天道虫(3.5m程度か?)
【攻撃力】
衝撃波:体育館程度の広さの展望台の地面を吹き飛ばして盆地へと変え、
    山の形を変えるほどに地表を削り取っていく
    副将の槍攻撃と相殺可能
    全方位に放たれる範囲攻撃
    範囲・射程は30メートル程度
【防御力】素の防御力は副将の鱗粉をくらっても死なない程度
     連続して衝撃の波を放つことにより、
     並の”虫”やコンクリート、合金蒸発させられる熱波なども防げる
【備考】
数分間互角の実力の連中と戦ったら山も谷も消え去り、見えるのは土が剥き出しになった盆地や平地だけとなった

槍攻撃
小さな街なら丸ごと消滅させかねない威力の攻撃と同等の威力はあると思われる
山腹を真っ二つに切り裂き、底の見えない亀裂が生まれる
同程度の威力を持った攻撃とぶつかりあった余波が
地面に巨大な穴を穿ち、岩壁を消滅させ、山の形を変えていった

鱗粉攻撃
巨大な刃となり、海を真っ二つに切り裂きクマムシの雪崩を飲み込み水平線まで届く谷間を生み出す
クマムシの群れ(下記参照)を蒸発させる
大地を両断する


クマムシ
【大きさ】親指大
【特殊能力】
"虫"を食べる"虫"
相手の不思議攻撃を食べることができる
大喰いの体に変化することができる
また、無数に増殖することが可能で
群れでの攻撃力(押しつぶし攻撃など)は群れの大きさ(重さ?)相応と思われる
地の文で世界を食い尽くすとか無限に増え続けるとか言われているので
少なくとも惑星を覆う程度には増殖すると思われる
増殖速度は一日で惑星を覆える程度


鏡虫
相手の攻撃を勢いを増加して跳ね返す"虫"。
【大きさ】高校生くらいの少年が乗れる程度
【防御力】"かっこう"の銃弾(ナナホシテントウの衝撃波以上の威力)を跳ね返していた。
     ほかに何を跳ね返せるかわからない。
以下作中では使っていないが使用可能な”虫”
サクラコガネ
物質の”結合力”を操る
無機質の分子間の結合力を操作することで、
形を失わせ、異なる物質を混合させ、動かし、
別の形を生み出すことができる。
サクラコガネがとまったハンマーで触れることさえできれば
分解できない物質はない。
ビルの構造を丸々一つ組み替えたり、ビルを丸ごと一つ崩壊させることが可能
別にハンマーにとまる必要はないと思われる


波江白蝶
炎を生み出す"虫"。
炎は自分を中心に発生する範囲攻撃。
コンクリートで出来た地面と数十本の柱、壁を
一瞬で蒸発させて大穴をつくる程度の威力。

【長所】再生能力。精神攻撃・炎・分解攻撃持ち
【短所】精神攻撃が人間にしか効かない
【戦法】紫のアゲハチョウとともに参戦。
    初手紫のアゲハチョウを消す
    次に”虫”を召喚
    有象無象の”虫”は体当たり
    ナナホシテントウは衝撃波攻撃
    サクラコガネは相手に触れて分解
    波江白蝶は炎攻撃
    鏡虫は相手が飛び道具を使ってきたら反射
    クマムシは増殖
    大喰いは瞬間移動を利用しつつ全力で逃げる
    最初の位置から敵が見えるほど敵が大きかった場合は逃げ続ける
    最初の位置からは敵が見えない場合は
    クマムシが惑星を覆う程度まで広がったら
    巨大な大喰い(身長68km程度)に変化して、魅了攻撃発動後
    波江白蝶の炎の能力や、サクラコガネの能力を使用しながら攻撃する

    また、”虫”は適度に消したり、再召喚したりする
【備考】
作中食らった攻撃
上記の槍攻撃、かっこうの銃弾、鱗粉攻撃

海に底の見えない空洞を作る攻撃

コンクリート、合金を蒸発させられる炎

同化した空間を再生せずにそのエネルギーを崩壊させる攻撃
たぶん空間破壊

世界が逆さまになったように、
見渡す限りの海水が地から夜空へ舞い上がった。
海を埋め尽くすクマムシの大群が、いっせいに蒸発する攻撃
(この海を埋め尽くすクマムシの大群が
海を埋め尽くすほどに広がった際の戦闘は
空中戦であったことから、
目の高さを5m程度と考え、水平線までの距離は8km
海岸線は一般中学生たちが一時間以上歩いても
まだまだ続いていることから4km程度はあると思われるので
クマムシは32平方km程度の範囲に広がっていると考えられる)


大喰いの大きさ
一般的な成人女性を計算しやすいように
160cm、64kgとする
人間の比重は約1なので
この女性の体積は40cm四方の正方形の体積とほぼ一緒と考えられる
(身長の四分の一の長さを一つの辺とする正方形)

クマムシが惑星規模まで広がった際の体積は
地球の半径を6350km、クマムシの厚み?を1cm=10^-5kmとすると
4×π×6350×6350×10^-5=約5000立方km
これは17km四方の正方形の体積とほぼ一緒である
よって大喰いの身長は約68kmとなる