【仮面ライダーオーディン】



【作品名】仮面ライダー龍騎
【ジャンル】特撮
【名前】仮面ライダーオーディン
ttp://goronka.tirirenge.com/works/w_KamenRiderRyuki.html

共通設定

ミラーワールド
龍騎世界ではミラーワールドと呼ばれる鏡の世界があり、そこは現実世界から人間や動物などを取り除いた空間になっている。
仮面ライダーやミラーモンスターはこの空間に自在に出入りすることができる。
この空間に入ってきた人間は、ただちに粒子化して消滅してしまう。一度ここに入ると、常人では脱出することができない。
これは仮面ライダーも同じであり、装甲によって10分~7分弱まで持ちこたえられるものの、それ以上は粒子化が始まり、ミラーワールド内では戦闘を継続できない。

しかし環境ルールにより、こちらの環境が直接的に相手を左右することは禁じられているため、ミラーワールドを開始時の環境にはできない。
そこでライダーは「相手を鏡に引き入れて、粒子消滅させる」という戦法を(とくに次鋒)取ることがあるため、これを考慮して…
戦闘環境は「鏡となる物が自分の周囲に存在しており、いつでもミラーワールドを利用した戦法の可能な環境」とする。
この「鏡となる物」は水たまり、ガラス、ヘルメットなど鏡面化しておればなんでもよい。ミラーのサイズは、進入する物体よりいくら大きくてもよい。
そのため相手がそれらに当たる光沢のあるものを所持している場合は、それも利用する。
全長625cmのコブラ型のモンスターがヘルメットから出てきたことから、多少反射物が小さくても出入り可能らしい(自分の幅の半分程度は必要か)
「ミラーワールド内から一方的に射撃を行う」という戦法は劇中に実行した者がいないため可能かどうか不明、考慮しない。

ミラーモンスター
龍騎世界での仮面ライダーは、それぞれミラーワールドに住むモンスターと契約しており、これと一緒に戦う。
モンスターはいつでもミラーワールドより加勢に現れることもできるが、場合によっては各種アドベントカードの効果によって攻撃に参加する。
召喚ルールの分類1により、開始時にはライダー(召還士)単体だけで参戦するが、開始と同時にミラーワールドよりモンスターを召還する扱いとする。
なお、ミラーモンスターは長時間ずっと現実世界で戦闘を継続することはできず、いずれ消滅するため召還より10分間ごにミラーワールドに帰還するものとする。

アドベントカード
ライダーたちは召還アイテムを使い、ベントカードを使うことで様々なアイテムや効果を得ることができる。
アドベントカードは発動までにわずかなロスタイムがあり、だいたい平均して1秒~2秒ほどの時間を必要とする。
これらは特殊能力に記載する。


攻撃力、防御
アドベントカードにはAPという単位があり、これによっておおよその攻撃力が分かる。
10km四方を吹き飛ばすゾルダの砲撃、厚さ40cmの鋼鉄を切断する龍騎の斬撃などが「2000AP」という扱い。
各ライダーは「7000AP」のゾルダの集中砲火攻撃を受けても、まだ辛うじて活動できるほどの防御力を持つ。

素早さ
各ライダーの素早さは…
「毎分120発のペースで発射されるエネルギー弾を、武器で切り払える反応」
「レーザーと同等の弾速である火炎弾をなんとか回避できる」というレベルである。
また移動速度は「100mを五秒で走る」というくらい。



【名前】仮面ライダーオーディン
【装着者】不明
【属性】サバイブ態、13番目のライダー
【大きさ】身長/205cm 体重/100kg
【攻撃力】
 素手
 コンクリートの石柱をいともたやすく砕く。また各ライダーに有効打となる衝撃。
 瞬間移動を繰り返して、常に相手の死角から裏拳を叩き込み、他のライダーを圧倒する。
 突っ込んできた大型トラックを裏拳の一撃だけで弾いた。

 ゴルトセイバー
 二対の黄金の剣。それぞれ一つずつが、副将の龍騎の操るメテオバレットと同等の威力を誇る。
 ゾルダのギガランチャー、つまり10km四方を吹き飛ばす砲撃の二倍に値する威力の砲撃と同等のダメージを与えられる。
 二対で、かつ瞬間移動を繰り返して襲い掛かるために、その攻撃速度はライダーでも全て回避することが難しい。

 ガードベント(ゴルトシールド)
 ゴルトフェニックスの尾を模した黄金の盾。防御力は4000GP。第48話では龍騎サバイブのメテオバレットを弾き返した。
 自身のゴルトセイバー級の物理攻撃などを完全に防ぐことができる。

 ファイナルベント(エターナルカオス)
 ゴルトフェニックスと一体になって放つ謎の最強技。ギガランチャーの5倍ほどの威力か。
 仮面ライダーナイトに致命傷を負わせた技ではある。が、技自体があまりにも恐るべきものであるからなのか、
 被害者となったナイト以外に技の全貌を見たものは誰一人としていない……。
 劇中には「攻撃の内容」こそ登場していないものの、大将ナイトを圧倒できるだけの技であることだけは確か。

【防御力】
 他のライダーと同等。
 10km四方の敵を吹き飛ばす巨大バズーカの爆発に巻き込まれて、なんとか戦闘を継続できる頑丈さ。

【素早さ】 
 100mを4秒で走る。50mのジャンプ力。
 3mほどからのナイトサバイブのレーザーボーガンを回避できる龍騎サバイブを圧倒できる反応。
 他のライダーを完全に圧倒する、驚異的な反応スピードで叩きのめすことができる。

【特殊能力】
 最高視力/約20km 最高聴力/約20km を誇る

 スチールベント
 相手の道具を奪うことができる。距離に関係なく、発動と同時に手元に相手のアイテムが出現する。

 瞬間移動
 まるで瞬間移動したかのような速度で、相手の死角に立つことができる。
 すくなくとも光速反応であるライダーでさえ、ついていくことができないか、やっとのレベルである。
 劇中では、攻撃時のスキをカウンターで狙うか、出現位置を予測して攻撃するか、
 もしくは不意打ちぐらいしかまともに通用しなかった。
 消えたと思った次の瞬間、振り向けばそこに立っているイメージである。(このタイミングで、殴るor斬る)

 タイムベント
 時間を逆戻りさせてしまう特殊アドベントカード。
 ルール上は過去に戻って敵を暗殺するなどはできず、また未来に行く機能もないので…。
 自身は記憶を保持した状態で、敵は記憶をリセットされた状態で再開。
 それでも勝てそうにない場合、無限にタイムベントを繰り返して引き分けにもちこむ。

【長所】 瞬間移動とタイムベント
【短所】 モンスターが劇中、ほとんど登場してないので参戦できない。ファイナルベント詳細不明。不意打ちに弱い…?
【説明】 合わせ鏡のように平行世界の連なる龍騎において、その神ともいえる亡霊である神埼士郎の操る人形的存在。
     装着者は不明であり、一度はナイトに敗れて消滅したものの、再び現れるなど謎めいたライダーである




83スレ目

182 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2011/08/27(土) 12:49:19.69 ID:eOfb7erU
考察
仮面ライダーオーディン 光速の3mなので光速の壁の下はほぼ勝ち、アムプーラに分けそれ以上は無理なのでここまで
アムプーラ>仮面ライダーオーディン>(光速の壁)

9スレ目

38 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2008/02/16(土) 02:58:28
仮面ライダーオーディン考察

×万魔の魔女 ウィルス負け
×ラピュタ 神の雷負け
○バタフライ ゴルトセイバーで斬って勝ち
○ヴィクティム 同上、斬って勝ち
○ドラム 同上、斬って勝ち

ラピュタ>オーディン>バタフライ