【憤怒大公】


【作品名】アンダガ怪造学
【ジャンル】ラノベ
【名前】憤怒大公
【属性】西洋風ドラゴン 虚界最強のモンスター
【大きさ】ビルより山よりでかいとあるので百数十m位か。
【攻撃力】口から火炎:ちょっと回りがごちゃごちゃしてるから片付けるかな的な
           気軽さで息を吸って吐いただけで町一つが即融解して蒸発。
           (最低でも前方1km四方ぐらいの範囲か)
           攻撃ですらない何気ないの仕草の息でもこの威力。
           核爆弾が効かないモンスターも問題なく焼き殺せると思われる。
【防御力】ごつい真紅の鱗に覆われた活火山のような体。
      世界の軍隊ではまるで太刀打ちできず核爆弾を余裕で防ぐ
      モンスターばっかりがいる虚界において半分以上のモンスター
      をその自身の力で従えており虚界のモンスターの中において
      自他共に認める最強なので他のモンスター同様
      自身も核爆発程度では効かないと思われる。

【素早さ】大きさ相応の鳥程度には自在に空を飛ぶ。
      猛獣並みの反応はあるだろう。
【特殊能力】人間であれば見ただけで失神する威圧感。
無自覚に自身の眷属(ドラゴン)を無数に召喚することができる。
大きさは30~40m程度で色も形も様々なドラゴンの大群が
自身の巨大な魔力を源にして空一面にドラゴンが現れる。
(大群が発生した後の描写しかないので発動時間等は不明)

【長所】攻防
【短所】速さ
【戦法】本気で息を吐きながら周囲を焼き払う
【備考】魔王の命令で魔王を封印していた人間を滅ぼしに来た魔軍の長。
世界の平和を守るため主人公が最終兵器を装着して立ちはだかる。



6スレ目