※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【ジュピター2】



【作品名】機神大戦ギガンティック・フォーミュラ
【ジャンル】アニメ
【名前】ジュピター2withザイオン&レイ
【属性】ギガンティックフィギュアとパイロット、トランスレーター(神像の意思を聴く人)
【大きさ】頭頂高28メートルの人型ロボ。本体はその大きさ相応の神像の頭部。ザイオンとレイは軍人と少女。
【攻撃力】電離雲を呼び寄せ、自在に雷を落とすことができる。
     グレートマジンガーのサンダーブレークっぽく指先にプラズマを発生させて発射できる。弾速はミサイル以上。
     雷を物質化して剣にし、斬りつける。
     上記はどれも、直径1km近い爆発に耐えたスサノヲ十式をボロボロにできる威力。
【防御力】キャプチュードコートというマント状の装備により、
     戦闘機のミサイル程度ではダメージを受けないギガンティックフィギュアを大破させる砲撃を受けても無傷。
     コートを脱いでもおそらく戦闘機のミサイル程度ではダメージを受けないレベル。
【素早さ】本体の反応は描写がないが、人間を操ってトップクラスの軍人を圧倒できる他の神像と同程度と思われる。
     パイロットの反応はトップクラスの軍人並み。
【特殊能力】神像:ギガンティックフィギュアのエネルギー源であり本体。人間には計り知れない力を持っており、劇中では
         ・「赤道の冬」と呼ばれる大規模な異常気象(乱気流、電離雲)を起こし、エネルギーを枯渇させる
         ・生活のために必要なエネルギーを人間に供給する
         ・自分の意思を無視した人間を発狂させる
         ・人間を操って自分が戦うための体(ギガンティックフィギュア)を作らせる
         ・ギガンティックフィギュアのパイロットも自分で決める
         ・勝ち残るために自分の身代わりを用意する
         などの行為を行った。神像によって大きな差がある描写などはなく
         どの神像も上記のことぐらいはできると考えられる。
【長所】登場回のサブタイが「全能」
【短所】「すごく強い」ぐらいの意味だろうなあ。パイロットが英語で喋るんだが・・・すごく日本人っぽい発音。
【戦法】人間か、人間が乗っているものなら発狂させる。それ以外なら雷落としながらサンダーブレーク連射。
【備考】各国のギガンティック同士が戦い、勝ち残った国が世界の覇権を握る、という戦いがストーリーの中心。
    主人公の所属する日本の最後の対戦相手となった。



9スレ目
530 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2008/03/02(日) 05:21:56
ジュピター2

×インドラ 盾の拡散ビーム負け
×変異体 増殖に取り込まれて負け
○憎しみのカタマリ>巨大イカ>マリー・アントワネット 雷落として勝ち
▲スーパーツアートグア=ドラグマ 倒せない倒されない

変異体>ジュピター2>憎しみのカタマリ