【バルバトス】


【作品名】テイルズオブデスティニー2(スーパーダッシュ文庫)
【ジャンル】ライトノベル
【名前】バルバトス・ゲーティア
【属性】英雄狩りの人間
【大きさ】マッチョな巨漢
【攻撃力】大彗星の衝突並のエネルギーがある攻撃で完全な行動不能になったが致命傷を受けてはいない相手に
     ダメージを与える威力が、グランヴァニッシュと斧や拳には基本的にある。(彗星並のエネルギーは
     攻撃を受ける側が変な機械で計測した結果出たらしい)

轟炎斬:炎を纏った漢の斧。直撃したことなし。
斬空断:真空の刃と人を上空に吹っ飛ばす旋風を生み出す漢の拳。
上の彗星並攻撃を受けて致命傷じゃなかった相手にそれなりのダメージ。
烈砕断:上の彗星並攻撃を受けて致命傷じゃなかった相手が受け止めたにも関わらず脳震盪を起こす漢の斧。
三連殺:上の三発を立て続けに繰り出す漢の奥義。全て直撃を避けても彗星並攻撃を受けて致命傷じゃなかった相手が行動困難になる。
ジェノサイドブレイバー:人三人と矢何本かを吹き飛ばした、秘奥義だがいまいち弱い謎の技。
グランヴァニッシュ:相手の足下が爆発し、溶岩と大人の握り拳以上の岩弾が噴き出す小規模噴火みたいな晶術。
          血が蒸発し肉が炭化する。上の彗星攻撃で致命傷を受けない相手がほぼ行動不能になった。
          最も早い発動描写では「破滅せよ、グランヴァニッシュ」と言うだけでほぼ瞬時に発動。
射程は数十m程度かそれより少しぐらい短い程度で、自身と同速で格闘出来る相手でも回避が困難
ブラッディクロス:相当レベルの達人でも一撃で致命傷になる十字型の衝撃波の晶術。掌底をぶち込むと同時に発動。

【防御力】高熱の雷球三発で一瞬硬直する程度。
     真空の刃で体を切り裂かれても十数秒程度で再生。
     広い部屋を白く染め抜き、何もかもを一瞬にして黒焦げにするらしい落雷の直撃を受けてもそれを弾き飛ばす。
     石が砕ける攻撃を受けてもピンピンしてる相手を倒した小規模の竜巻と達人の渾身の一撃の同時攻撃を
     斧の柄の一振りでかき消した。
     肩を真空波で切り裂かれても蚊ほども感じぬ漢の意地。
     達人より相当上の防御力
【素早さ】一瞬で10メートル以上の距離を零にし、その速度ですれ違いざまの一瞬に動く鎧四体をバラバラにする相手と普通に戦闘。
     その相手は遠目から見ている達人にも全くわからない斬撃速度と移動速度を持つ。
     稲妻に反応して味方を庇って射線に割り込み、自分のハルバードと空気の摩擦で放電を起こす技の雷撃で相殺した
     相手を一方的に殴れる。ちなみに稲妻は特に魔法だとか晶術だとか言われてはいなかった。
     しかし不思議稲妻なので落雷反応には出来ない
     戦闘、移動速度は遠目(数十m以上は離れている)達人の目でも視認出来ない速度で
     反応速度は達人より上ぐらい
【特殊能力】1メートルくらいの範囲に煙のように揺らぐ紫の光を出す。即時発動。毒であり、それを吸い込んだ瞬間に
      達人がほとんど動くことができなくなった。
      黒い球体と稲妻に包まれて瞬間移動と時間移動が同時に可能。少なくとも数千年分は移動出来る。
      発動までに数秒の溜めあり、瞬間移動の距離はkm単位は軽く移動出切る
【長所】攻撃力凄い
【短所】防御力達人並、素早さ達人視認不可ぐらいしかない 
    瞬間移動に溜めあり
【戦法】敵の攻撃に間に合うならグランヴァニッシュ。
【備考】晶術とは魔法とか奇跡と呼ばれるもののこと。
    傷の回復なども出来るが完全な致命傷は回復することができない。
    主人公を殺そうとした。




7スレ目