【シガル=クルケッサ】




【作品名】戦う司書シリーズ
【ジャンル】ライトノベル
【名前】シガル=クルケッサwith魔刀シュラムッフェン
【属性】人類 神溺教団の真人
【大きさ】成人男性並み
【攻撃力】鍛えた成人男性並み
     魔刀シュラムッフェン:意思を持ち思考して自ら動く刀。蜘蛛型にレイピアのような剣が付いてる。射程60m。
         因果抹消(超越)攻撃・斬るという過程と斬られるという結果を切り離すことができる。
         振っただけで過程を無視し射程内の任意の空間に不可視・無音の線が走り、そこに「斬った結果」を残せる。
         ただし、刀は「相手がいる空間を切る」のであって対象指定でないため必中攻撃ではない。
         把握限界を超える相手には回避されるし、超高速攻撃の防御も間に合わない。(マッハ5の攻撃など)
         自ら動き装備者を守り、攻撃する。持つ物が強ければ強いほど把握可能な速度が上がる
         常人の女が使っても迫ってくる数十mからの数百の矢が瞬時に消え去り
         一振りで数十人を一度に切る。空中のあちらこちらに刃の線が踊る。
         多少鍛えた男が使えば、一振りで資材置き場の木材の山がコマ切れの木片になり連続で振って家の半分が粉微塵になる。
         直撃は無理だが逃げ回るハミュッツ(近接マッハ2以上対応より更に速い)にもいくらか当てて傷だらけにすることが可能。
         四方八方から迫るハミュッツの礫弾(超音速まではいかない)のその全てを音もなく消し去る。
         酒場を半壊させる爆発が目前で起きても魔刀の自動防御で防げる。(30cm~40cmからの音速以上対応)
         持ち主が致命傷を受けて戦闘不能になっても自分で動いて相手に一撃食らわせることが可能。

【防御力】鍛えた成人男性並み
【素早さ】鍛えた成人男性並み
【長所】魔刀シュラムッフェンの超反応から自動空間切断斬撃
【短所】それ以外
【備考】戦う司書シリーズ1巻目のボス敵な存在



4スレ目

290 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2007/08/13(月) 02:14:30
シガル

○>霞王>プッチ神父>ディアボロ>NO.37564
:魔刀が自動的に空間切断で消してくれる

これ以上はでかくて連敗

核喰蟲は感知できず魂食われるかもだから

霞王=シガル=核喰蟲> こうかな