【セッコ】

【作品名】ジョジョの奇妙な冒険
【ジャンル】漫画

【名前】セッコ
【属性】スタンド使い
【大きさ】スタンドスーツを纏った成人男性並み
【攻撃力】触れた物を全て泥化する能力。(スタンドなどの非物質は無理)
  地中から泥化した地面を口に含み大量に地上に噴射することで、
泥化した石が空中で槍のように塊、30cm位の槍が何十も降り注ぐ。
(地面内に隠れる能力を持った相手に対する物理攻撃手段)
対象を泥化させた地面に落とし、体ごと泥化させることもできる。
地中で腕から放つ泥化させる波(直線数十m)に巻き込めば
直線上の物は一発で泥になるが、そうでなくても近づけばだんだんと
自動的にドロドロになっていく。

【防御力】触れる事で泥化させて防御。地中に潜れば地面そのものが盾。
  銃弾を余裕で弾き、コンクリや石柱を破壊できるスタンドのパンチも防御可。

【素早さ】ヘリに放たれた9発の銃弾が着弾する直前に現れなんなく迎撃する。
80cm位の近距離で撃たれた弾丸三発を口から石飛礫を3つ吐き各弾丸に当てて弾く。
 スティッキーフィンガーズ(スピードA)との近距離戦で終始圧倒するほどの速度。
 能力を使い地面の「弾力」反動を利用したパンチや蹴りの連打は
スティッキー・フィンガーズが防戦一方で手出し不能なほど速い。
泥化した地面の中を泳ぐように移動できる。常人が地上を走るより速い。
※スピードAはBより速い。
スピードBの速さ:『世界』のパンチをギリギリ腕でガード可能。(法皇の緑:花京院)
世界:超光速の動きが可能なスタプラと同等以上。
亜光速のチャリオッツの剣の速度を覚え、
それを上回るアヌビス神の剣撃が40~50cmまで迫ってからカウンターパンチをぶち込める。
更に上記の自分のカウンターパンチの速度を覚え
更に加速したアヌビス神の剣撃を真剣白羽取りが可能。
更にその真剣白羽取りの速度を覚えたアヌビス神のラッシュをガード可能。
更にそのガードの速度を覚えたアヌビス神の剣撃が数センチまで迫った状態から
剣に頭突きをすることでガード可能。
更にその頭突きの速度を覚えたアヌビス神とチャリオッツの二刀流でのラッシュを
数秒程度ならラッシュでガード可能。
更にアヌビス神が承太郎の腹に刺さった状態からアヌビス神が内臓をバラバラに
ぶちまける前にラッシュで剣を粉々に破壊可能なスタープラチナを若干上回る程度。

【特殊能力】オアシス OASIS
身体にフィットした全身スーツ状で、本体自ら装着する。
顔や腕等の部分に隙間と縫い目があり、足の裏は靴底状。
ダメージ伝達:部位相応(本体が纏っているので実際にはほとんど直接ダメージ)
射程距離:本体が装着 能力射程:数十m(固体で繋がってさえいれば)
能力:触れるもの全てを泥状に溶かす。 「泥化」は直接触れた部分以外へも、
固体を媒介として「波」状に伝わり、間接的に触れているものへも広がっていく。
周囲の地面を泥化し、地上にあるものを地中に引きずり込む事ができる。
泥化の程度は自由に調節でき、応用で対象に弾力を持たせたりできる。(解除も自在)
泥化したものは本体以外の者が触れても(たとえ沈んでいる最中でも)
「固いまま」で、パワーに関係なく泳ぐ事はできない。
泥化したものは『オアシス』または泥化した他のものから離れると、数秒でその時点での形に固まる。
本体の身体能力を異常なまでに高める。その格闘能力は他の戦闘向きスタンドと比べてもかなり高い。

   * 耳が異常に良く地中を泳ぎながら地上や数十m先の地中の様子が手に取るように分かる。


【長所】物質の硬さを無視した泥化による攻・防。スピードA判定を圧倒する格闘能力。
【短所】鼓膜を破裂させられてやられた。


スピードA:作中の人型ビジョンのスタンド近距離戦闘において
     ハンドスピード・反応はスピードA>>Bで例外はないので
     近距離パワー型及びその類似型であれば確実にAはB以上の動きが可能。

6スレ目

127 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2007/08/31(金) 11:00:46
セッコ考察

神父やボスがいる超音速の壁から

トト・ザ・ブラックまでは素早さで勝ってるので泥化勝ちできる
ディアボロには時飛ばしで負け

神父には簡単な勝利判定
  • 近寄ったり触れたりするとダメージを食らうタイプ。
に概当するので勝ち

霞王には近づけず負け

霞王>神父=ディアボロ=セッコ