※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【 GODZILLA】



【作品名】 ゴジラ GODZILLA 訳 石田享
【名前】 GODZILLA
【ジャンル】小説
http://www.jade.rm.st/asukai/ranobe/gojira2.html

マグロを乱獲してゴキブリのように大量繁殖しそうだったので軍隊に殺られた
子供殺されてキレたので目の前の主人公達を殺そうとした

【作品名】 ゴジラ GODZILLA 訳 石田享
【名前】 ゴジラ
【属性】 放射能で巨大化した生物(元イグアナ?)
【大きさ】頭から尻尾の先まで90m、体高60m近く、幅27m、体重500㌧。
     頭部から首はワニ、脚はオオイグアナ、足先はダチョウという巨大化したアロサウルス状の姿。
【攻撃力】大きさ相応の蜥蜴。底引き漁船三隻の網を引いて、まとめて海に引きずり込んだ。
     瀕死の状態で、体中に巻き付いた橋のワイヤーを引き千切った。
     移動するだけで村を一つ潰し、アスファルトが凹みコンクリが砕ける。戦車を踏み潰した。
     巨大な顎で戦闘ヘリを噛み潰した。橋も噛み砕く。
     全身で回転しながら60mの尻尾を振る事で、銃弾を弾き、ビルを粉々にする。
  爪:巨大な手と長さ1,8mに及ぶ鉤爪、数秒で厚さ数十mの鉄筋コンクリートビルに、自分が通れるだけの穴を開けられる。
    1000万㌧の水揚げを誇る大型漁船を切り裂いた。
パワーブレス:生存者命名、息を深く吸い込んでそれを一気に吐き出す。
       アスファルトを巻き上げ、標識を捻じ曲げ、自販機を飛ばし、至近の一個小隊分のジープを250mは吹き飛ばした。
【防御力】一個中隊からの数万発の銃弾を、一つ残らず命中させられて怒りの声をあげるだけ。
     大口径の携帯火器でようやく食い込む程度、複数の戦闘ヘリからロケット弾連射を受けて軽傷。
     数発の高さ400mもの水柱が上がる魚雷の爆発を受けて一時的に戦闘不能(気絶?)
     脇腹の鱗がごっそり抉れた。
     魚雷を受けた状態でも反応は低下しなかったが、体力が低下して息切れしていた。
     ワイヤーで動けない所に、一つで大きいデパートを吹き飛ばすミサイルを数発受けて瀕死。
     その後、十数発直撃して死亡。
【素早さ】体の大きさから想像もつかない敏捷な動き。
     反応は高く、軍用車から撃たれたサイドワインダー(ミサイル)3発を頭を下げて回避した。
     戦闘機からのミサイルは重症でも回避できる。
     瀕死でもぎりぎり回避可能。だが直後に力尽きてミサイルを受けた。
     走りながらロケット弾を手で叩き落し、残りを横に体をずらして回避。
     移動速度は時速480㎞から800kmと推測されるほどの速さ。
     突然方向転換が可能、猫のように84mの高さまでジャンプ出来る。
     戦闘ヘリの追跡を振り切って、ビル街を回りこみ
     戦闘ヘリを二機立て続けに噛み砕き、残りの二機も急上昇する隙を与えない素早さ。
     水中行動可能、速度は60ノット近く(時速100ちょっと)、前方からの魚雷を回避できる。
【特殊能力】一体で繁殖出来るが実用レベルでは無いので省略。
    熱感知式のミサイルで追尾不可、理由は冷血動物であるから。
    実は歩いている時に足音(振動)がない。
    ガイガーカウンターががりがり鳴る程の放射線を放射している。
保護色:ねずみ色の体なので、ビル街で建造物にぴったり体をつけてじっとしていると
    探索中の戦闘ヘリの目の前にいても気づかれなかった。
    ビルの不自然なふくらみに気づくのに、三~四言葉を交わす時間(十秒近く?)かかった。
【長所】ミサイル反応と移動速度
【短所】パワーブレスはただの溜息(本当)、火炎ぐらい吐いて欲しかった。
【戦法】基本は接近して攻撃、
    相手が見えない、素早くて捕らえられないなら、すぐパワーブレスに切り替える。
    吹き飛ばしてから接近して攻撃、を繰り返す。
【備考】マグロ食ってる奴は駄目だ。訳(ただのデカイ蜥蜴じゃねーか、メリケンはゴジラを全く分かってない!)
    上記戦闘ヘリはアパッチ。




4スレ目

953 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2007/08/16(木) 22:00:59
GODZILLA

×EGOD 増殖され負け
○恐怖ロボ 潰して勝ち
×レクス 死角から殴られ続け負け
○ギタイ 潰して勝ち
○コジラ 潰して勝ち
×桜リオレイア 飛ばれて火炎弾され続け負け
○渾沌=ネロ・カオス 潰して勝ち

恐怖ロボ=レクス=GODZILLA