【ネロ・カオス】


【作品名】 月姫
【ジャンル】 コンピュータ・ゲーム
【名前】 ネロ・カオス

【名前】ネロ・カオス
【属性】死徒二十七祖の十、混沌
【大きさ】大柄な人間
【攻撃力】攻撃は基本的に獣任せ。獣の因子を固めて自ら突進したりもしたが威力不明。
 666の獣:ネロの持つ獣の因子を体外に解放すると、一つ一つが黒い獣の姿を取る。
       基本的に通常の獣より一回り以上大きく、強くなっている。
      犬でも人間を数m吹っ飛ばす程度の突進力を持つ。
       獣は破壊すると黒い泥のようになり、ネロの体内に戻って瞬時に蘇生する。
      以下は作中で出した獣
     ・大型犬、鴉、人の腹を一気に食いちぎるワニ、地面を泳ぐ鮫、走るだけで地面の
     レンガにヒビを入れる豹、獅子、ゼリーでも削ぐように爪で人の顔をえぐる虎、
     鷲、灰色熊、無数の大蛇、人を貫く角を持つ鹿、ショベルカー並の大きさの象、
     翼の生えた大トカゲ、角のある馬、ショベルカーよりやや大きい蟹のような蜘蛛
 創生の土:500もの因子を使って作られた捕獲技。少なくとも人一人を包み込む大きさ。
        黒い泥のようなものが発生し、捕まると脱出困難で、ネロ本人いわく
     「大陸を一つ、破壊するようなもの」。アルクェイドのパワーでも脱出不可能だった
 また、創生の土とネロ本体は体内に取り込む形で対象を捕食する。
【防御力】666の命を一瞬で奪う力が無くては殺せないと思われる。
      一度に破壊しない限りは即座に再生可能。設定上は流水に弱いらしいが詳細不明。
    体を半分に切り裂かれても死ななかった。
【素早さ】獣は通常の獣より少し速い程度か。ネロ本体は一歩で数m跳ぶ程度。
      また、体内に蠢く獣もネロ自身なので本体は実質的な全方位視界を持つ。
【特殊能力】魔眼:目を見た人間に対し金縛りが可能。
 また、一種の吸血鬼ではあるが日光には耐えられる。(かなり力が弱まるようだ)
【長所】日の光にも耐えられる吸血鬼。
【短所】数はあるが攻撃力はそれ程でもない。
【備考】666の獣の因子を内包している群体。




1スレ目

221 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2007/08/02(木) 00:10:14
ネロ・カオス再考

○雪代縁 直接捕まえるには動きが速いが倒されはしない 獣の群れで力押し勝ち
○クラウザー マシンガンぐらいなら平気 獣の群れ勝ち
×リインフォース 飛ばれてスターライトブレイカー負け
×アザリン 波動負け
×ベガ 捕まえるの無理 サイコクラッシャー負け

リインフォース>ネロ・カオス>クラウザー