【ブルータルウルフ】

【作品名】 フロントミッション・シリーズ
【ジャンル】 ドラマティックシミュレーションRPG

【共通設定】
 舞台は架空の二大国家の対立を主軸として語られる21世紀末期から22世紀初頭までの物語。地球上なので、進歩した技術以外、現実の物理法則を適用できると考えられる。
 作品の肝であるWAPの装甲は正面から戦車と撃ち合えば負ける程度だが、機動性は高く、小回りが効く。
 平均的な機体であるゼニスを例にとると、全高6m、重量25トン程度。時速60km、整地にのみ使えるローラーダッシュを使用すれば150km程度。
 柔らかい機体なら耐久力は戦闘ヘリの機銃に耐えられないくらいだが、対空能力は高いほう。
2090年度ではまだ陸戦兵器の主役は戦車だったが、徐々に性能を伸ばし、2112年度では正面から戦車に打ち勝つだけの性能を有した。
また、他の兵器も外観こそ変わっていないが、性能は遥かに向上しており、スリングヘリは四体のWAPを吊り下げ輸送できるほど。

【名前】T-1 ブルータルウルフ(仮称)inグレン・デュバル(モーガン・ベルナルド)
【属性】第五作目ラスボス、S型デバイス
【大きさ】推定全高10m程度
     186cm・82kg
【攻撃力】大腿部ミサイルランチャー……4発の弾数制限あり。射程及び威力は肩部レールキャノンと同等で必中。
     肩部レールキャノン……普段は折り畳まれているレールガン(射程は1000m超か?)を展開し、射撃を行う。着弾は瞬時。二発でMTBを破壊する威力を有する。
     胴部内蔵型ショットガン……隠し武装。ミドルレンジで使用する。威力は三回でMTBを破壊する程度。
     日本刀型ロッド……この機体の目玉。二連続で攻撃し、MTBを破壊する威力を有する。実は叩くのでなく、斬っているのが特徴。また、WAP戦では確実に胴体を狙ってくる。
【防御力】HP14000程度、今作のMTBのHPは1200程度(戦車・ヘリは1000ぐらい)。耐炎熱コーティングを施しており、三割ほどダメージを軽減する。
     搭乗者は訓練された軍人なみ。
【素早さ】動作が軽快すぎるほど軽快で人間の動きとしか言いようが無い。至近距離から放った射撃を上体をそらす事で完全に回避した。
     姉妹品のダイアウルフは昇竜拳を放っていたが、この機体は回転しながら袈裟切りを放っていた。
     反応速度に関しては神経信号を用いた操縦だが、2112年の機体である本機はパイロットを廃人同様の状態にすることによって、人類を越えたスペックを引き出している。
     つまり、移動戦闘反応速度全部が達人よりかなり上である
【長所】多彩な武装&トリッキーな運動性能。搭乗者が人の話をまったく聞かない
【短所】電磁攻撃に弱い。漢らしすぎる武装
【備考】属性欄に書いてある通り、ラスボス





5スレ目

392 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2007/08/20(月) 08:27:14
ブルータルウルフ考察
○ドラパパ;炎系に多少の耐性があるので耐えて遠距離攻撃で勝ち
○ハスター;相手の触手は効かない。攻撃しまくれば勝てる
×デビルプルトー;相手が大きすぎる 負け
×コト:相手が大きすぎて倒せそうにない 負け
○戦士~玄霧皐月:遠距離攻撃で勝てそう。
○T-1000:攻撃しまくれば勝てると思う。
○T-X:攻撃しまくれば勝てると思う。
×アナコンダ伯爵:相手が大きすぎる。いずれは潰される負け
○ルカ・ブライト;反応はこちらが上なので馬を倒したりして勝ち
×九条神:テレパシー負け
△雪代縁:相手が早すぎるが相手もこちらを倒せない 分け
○OT-3:相手の攻撃にはある程度耐えるだろうから遠距離攻撃勝ち
○グリード:幻想虎徹にはおそらく耐える。遠距離攻撃勝ち
×ナナシ:一方的に攻撃される。負け
×ガニシュカ;電撃負け
○クラウザー:いまいち攻防がよく分からないが攻撃しまくれば勝てそう
△朱鷺宮神依;相手の攻撃は効かないだろうが、当たらない 分け
これ以上はおそらく無理
朱鷺宮神依=クラウザー=ガニシュカ=ナナシ>ブルータルウルフ>グリード