【作品名】永遠の戦士シリーズ(永遠の戦士エルリック・ブラス城年代記)
【ジャンル】小説
【名前】アガック
【属性】妖魔 ・エネルギーを操る魔術師(通常は廃墟と化した都市に偽装)
【大きさ】古代都市程度(巨人形態に変形可能)
【攻撃力】
     ・多元宇宙からのエネルギー吸収
      100万の多元宇宙(多元世界)からエネルギーを際限なく吸収することができる。エネルギーを過剰に吸
      収された宇宙・世界は消滅する。100万の多元宇宙全てを消滅させるまエネルギーの吸収を行う事がで
      きる。
     ・形態変異
      吸収したエネルギーを使い、自己を形態変異させる事ができる。敵の攻撃手段に応じて最適な形態をとる。
      作中では都市から四つの顔と8本の手足を持つ巨人(触手あり)の姿へ形態を変えた。
      無数の触手を生成させることができる。触手の一撃に一つの宇宙が消滅するだけのエネルギーを込めて
      敵に叩きつけることができる。攻防に使えるよう身体に超高熱を帯びさせることができる。
    ・侵入者への迎撃システム
     都市に偽装した状態で睡眠をとる場合があるが、本体へ到る地下道内に様々な迎撃用の生命体を備えている。
     狭い通路内に無数の毒蛇型の生命が現れ、雪崩や洪水のように侵入者に襲い掛かる。他に人間大のヒヒのよ
     うな魔物を備えていた。迷路のような通路内でやはり物量戦で攻撃していた。          
【防御力】
     ・何万もの多元宇宙・世界からエネルギーを得た剣の一撃に耐える。
     ・上記の攻撃を受けても多元世界から吸収したエネルギーで自身を再生できる。
【素早さ】
     ・20丁の機関銃の一斉攻撃を回避できるレベルの戦士四人が一体となった巨人と戦い(相乗効果により速度は
      上がっている)これと互角に戦える素早さ。
【特殊能力】
     ・多元世界からエネルギーを吸収でき、攻防に回せる。
【長所】攻撃力・防御力ともある種の神と言えるレベルである。
【短所】通常の攻撃に対しては非常に強い。しかし、永遠の戦士の一人であるエルリックのストームブリンガーは敵の生命
     力と魂を吸い取り、敵を滅ぼすことができた。アガックが宇宙からエネルギーを吸収するよりも速い速度で、エネル
     ギーを奪い取り、アガックは滅ぼされた(アガックが宇宙一つのエネルギーを吸い取るまで1分程度か?それより
     早く多量のエネルギーが吸い取れればアガックを滅ぼせる)。また、都市の内部に存在する「八角系の部屋」が
     弱点である。
【戦法】都市に偽装して登場。敵の能力を迎撃システムで調べたあと、迎撃システムで倒せるレベルならそのまま攻撃。
     迎撃システムで対抗できないなら巨人形態に変化、触手で攻撃。

  • 多元宇宙からのエネルギー吸収
      100万の多元宇宙(多元世界)からエネルギーを際限なく吸収することができる。エネルギーを過剰に吸
      収された宇宙・世界は消滅する。100万の多元宇宙全てを消滅させるまでエネルギーの吸収を行う事がで
      きる。



10スレ目

186 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2008/05/11(日) 00:06:26
  • 何万もの多元宇宙・世界からエネルギーを得た剣の一撃
威力の詳細が不明

後テンプレの書き方にある↓ぐらいは網羅しておいて。

【攻撃力】技名(あれば):発動時間(動作の有無等も) 威力(作中での破壊規模)
             射程距離&効果範囲 (放出系の場合弾速や広がる速度なども)

【素早さ】反応速度(○mから~を回避・対応)、戦闘速度(一瞬で~m移動して攻撃した等)、、
      最大移動速度(○~△まで数秒で移動したのでマッハ○○)は分けて書く。

【備考】敵役スレなのでどんな敵役なのか
ラスボス、主人公のライバル、雑魚敵、四天王中でも最弱、敵の一族の末席など