【作品名】仮面ライダーカブト
【ジャンル】特撮
【名前】カッシスワーム
【属性】幹部怪人。ワーム。
【大きさ】身長約230cm。体重130kg
【攻撃力】
     一撃で山をも切り崩し、あらゆる物質を切断する斬撃以上のダメージを、素手の連続攻撃で相手に与えた。
     それを行ったのは人間形態の時。人間形態よりワーム時の方が遥かに強いので、それ以上の格闘威力を誇る。
     また、右腕に毒針状の剣を装備しており、格闘以上のダメージを与えることができる。

     必殺技らしき攻撃は原子崩壊、消滅効果を持っている。等身大程度の大きさの場合全身にいきわたる。
     (本人の言によると、ライダーの必殺技を自らのものとしている)
【防御力】
     ライダー達と同程度。ライダーの防御力は
        50口径の機関銃の掃射、5000度の高温、絶対零度に耐えられる。
        一撃で山をも切り崩し、あらゆる物質を切断する斬撃を受けてギリギリ生存。変身解除に至らない。
     原子崩壊、消滅効果を持つキックを同時に三人に打ち込まれても、辛うじて生存。
     消滅を免れたため、かなり原子崩壊・消滅に耐性があると思われる。
     半径100km圏内のあらゆる物質を跡形も無く吹き飛ばす威力を持つエネルギー波で消滅。
【素早さ】
     開幕から数秒間は特殊能力により光速の30垓倍の反応、移動。
     素の能力は
     反応:5~7mほどの距離で、敵の亜光速ビームに反応して味方を庇える反応を持つライダーを圧倒。
     移動速度:亜光速ビームに近い移動速度を持つライダーと互角。
【特殊能力】
 フリーズ:タキオン粒子を利用して自分の時間を加速し、ほとんど時間が停止しているかのような速度で行動する。
      他のキャラの描写から比較すると素の3000垓倍の時間加速。光速の30垓倍の反応、移動が可能。
      物理的な加速ではなく時間加速なので、攻撃力が上がったりはしない。持続時間は絶対時間における数秒ほど。
【長所】究極のスピード
【短所】火力不足すぎる
【説明】ワームの首魁的存在。人間時の格闘が、すごい。二度も大将に敗れるが謎の復活を遂げ、さらに二体に増殖するなど謎が多い。
     結局、二体になった理由は不明のまま。第一形態の参戦になるが、これは第二、第三形態でのフリーズ使用を確認できないため。
     設定上は第二、第三形態でも使えるらしい。
     第二形態は頑丈さ&技コピーで、素の強さは凄まじい。第三形態は最も強いらしいが、悲しいかな噛ませの印象しかない。
【戦法】フリーズ状態で参戦。時間の許す限り必殺技で相手を削りまくる。
【備考】幹部怪人




9スレ目

415 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2008/02/26(火) 19:13:26
必殺技らしき攻撃は原子崩壊、消滅効果を持つものと思われる。範囲は人間サイズの相手一人分。
(原子崩壊、消滅効果を持つライダーの必殺技と同様のエフェクトや効果音があり、同じものと考えられることから)
いやさすがにこれはどうよ

416 名前:413[sage] 投稿日:2008/02/26(火) 19:20:08
正直俺もどうかと思ったけど一応元のテンプレに従っといた。
テンプレから読みとれるのはそういうことかなと。