【作品名】天使禁猟区
【ジャンル】漫画
【名前】創世神
【属性】宇宙にはじめから存在したエネルギーの集合体
【大きさ】不明、イメージ映像では手が星よりでかかった。
【攻撃力】天変地異を起こして何度もいろいろな種を全滅させて実験を行っていた。
【防御力】意思とエネルギーのみの存在で霊体も精神体もない。
【素早さ】宇宙から地球を選んで自分の王国を作ろうとしたらしいので
宇宙の星を見て回るぐらいはできるはず。
【特殊能力】体を持たない創世神は他人の意識をのっとって行動する。
      神を取り込もうとしたセラフィタの精神体は逆にのっとられた。
      コンピューターなども乗っ取って自分の体にできる。
      乗っ取った体がどうなろうが神には何の影響もない。
      元素を自在に操ることができあらゆるものを作れる。地上の世界と天使を作った。
      ただし、完璧に理想道理のものができるわけではない。
      作中の最高傑作がセラフィタ
【長所】いやまあ神だし
【短所】この世界は失敗だからリセット!といったところセラフィタに反逆された。
【戦法】とりあえず意思を乗っ取る。できなかったらセラフィタか
ロシエルと同じようなものを作ってその体で攻撃。

【備考】世界をリセットしようとするベタな神

参考

【名前】無機天使ロシエル
【属性】破壊の天使 
【大きさ】青年~無限 翼三枚
【攻撃力】ゲノム 周りの物を全て自分の中に取り込み、増殖していく無限物質。ロシエルの全身はこれでできている。
     世界を無にするまで止まらない。
【防御力】攻撃してもほとんど取り込まれてしまう。
     ルシファー、アレクシエル、四大元素(火、水、地、風)をつかさどる四大天使が手が出なかった。
     上半身消滅などまったく意に介さず再生。
     ロシエルに触れたものは瞬時に数百年がたち、爆発物をこめた弾頭が当たっても一瞬で風化してしまって爆発しない。
         時間がたっても変わらないものはそのままあたるんじゃないだろうか。
【素早さ】5メートルぐらい離れた、ところから銃を人質のこめかみにつけている奴を引き金を引く暇も与えず、触手を伸ばして殺した。
     飛行可能。次元移動可能(戦闘中には使ってない)
【特殊能力】ロシエルの体の一部や血の一滴でも飲み込んだものは不死の怪物と成り、ロシエルに絶対服従する。
      コンピューターの画面を通して洗脳ができる。
      自分か自分細胞がのっとったからだの回りをを自分の作った空間に閉じ込めることができる。
      作中で閉じ込めたのは船ぐらいの大きさ。
【長所】それでも…!貴方は美しいんです…ロシエル様
【短所】シスコン 逆成長するため、作中どんどんキチガイになっていった。


【名前】セラフィタ
【属性】聖隠者(アダム=カダモン) 雌雄同体の完全体の天使
【大きさ】20mぐらいか 翼六枚
【攻撃力】セラフィタの精神体の周囲の光の空間(50mぐらい)に入った物は力を無効化され消滅する。
     逃げる力も消されるので逃げられない。
【防御力】数十メートルの爆発で無傷
     五体をばらばらにされても生存。
     このテンプレの強さは頭だけになって左目がえぐられてる状態での強さ。
     四大元素(火、水、地、風)+5つ目の元素(たぶんほかの漫画にはないから考えないでいいや)
     が無限に流れ出してくる体。五大元素を操れるものがそろえば封印できる。
     自分のいる次元を周りから完全に隠してしまうことができる。
【素早さ】精神体は神性界(天界の最上階)から物質界(地球)まで一瞬で移動。
     この間には次元の壁が七つあり、距離的に見ても地球の直径の三つ分ぐらい離れてる。
     本体はずっと神の塔(エテメナンキ)につかまっていたので動いた描写がない。
【特殊能力】宇宙魔法 時間を自在に止める、戻す、進めることができる。
      アレクシエルが東京を壊滅させたとき神性界から地球全体の時間を壊れる前まで戻したあと止めた。
      最低数ヶ月は止めていた、神に見つかったら解除されるという話だったので見つからなければまだまだ止められたはず。
【長所】宇宙魔法
【短所】本体が動いたことがない、ずっと世界の栄養にされていた。グロイ





3スレ目