※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【作品名】ウルトラマン超闘士激伝
【ジャンル】漫画+OVA

【共通設定・世界観】
「ウルトラ人(ウルトラ戦士)」
もともと地球人に近い種族が巨大人工太陽プラズマスパークの光を浴びることで
いわゆる超生命体に進化した姿と言われている。
超生命体なので基本的に死ぬことは無い。二十万年生きているキャラもいるし、
例えばウルトラマン(超闘士ウルトラマン)は食事も水も無いような超高温&超重力の空間に
3ヶ月間、閉じ篭りひたすら修行をしていたらしい。
ただし例外として、肉体があまりに激しく傷ついた場合には
魂がかえるべき肉体を失うということなので、それは死と呼ぶほかない。

「光線」
この世界の光線とは基本的にはウルトラ戦士や宇宙人が
手から発する光る攻撃(他の漫画ではビームやレーザー、気などとも呼ばれるもの)のことをさす。
しかし光線を無効する特性を持った怪獣が光学兵器などをはね返していることから
機械的なレーザーやビームも同様に光線と呼ぶようだ。

「OVAについて」
漫画は「メフィラス編」、「ヤプール編」、「伝説の破壊神編(シーダ編)」、「エンペラ星人編」の
四部に分かれていて、OVAにて発表された通称「ツイフォン編」は
「伝説の破壊神編(シーダ編)」と「エンペラ星人編」の間に入るエピソードである。
漫画とOVAのストーリーはほぼ完全に繋がっていて、
OVAに「伝説の破壊神編(シーダ編)」にて初登場したアイテムが登場していたり、
「エンペラ星人編」でOVAで起こった出来事が語られたりしている。

「ウルトラキー」
ウルトラ星三大秘宝の一つ 鍵の形をしたエネルギー砲
本来もってるエネルギーは惑星破壊級程度だが使用者の攻撃力を倍増しその上に上乗せする
使い手によるがあまりの威力に時空が歪む
それほど強くない21が使用して水星から太陽まで届き太陽を爆発させる(とみられていたつまり未遂)
メフィラスとセブンが協力した時は時空が歪んでいたのでこれ以上の威力だと思われる

【参考用テンプレ】
【名前】超闘士ウルトラマン
【属性】ウルトラ戦士
【大きさ】約40mの人間型
【攻撃力】最低でも拳で惑星が砕け 自分と同じ大きさの相手の頭を掴んで投げ飛ばし、
惑星を五つ貫通させ(その五つの惑星はその時の衝撃で破壊された)六つ目の惑星に突き刺す。
21が使用したウルトラキーでもほんの一部しか壊れない数Km級の巨大空母を突進パンチで破壊する
     スペシウム超光波 最強光線技 掌から発射し惑星の直径20~30個ぶんは軽く進む
とりあえず通常攻撃よりは上の威力だと思う タメはあったりなかったり
【防御力】最低でも惑星破壊級でほとんどダメージが受けない
シーダ(こっちの攻撃力より上)の攻撃になんとか耐えられる
シラリーの攻撃でふっとばされた後コダラーのパンチの直撃をくらって動ける(が戦闘不能)
ツイフォンの攻撃で意識不明になったり一度ころされたりした
21が使用したウルトラキーを全身で受け止めた(周りに被害が及ばないように)時は一時意識を失った
1兆℃の火球を素手でぶち破ってるので相当な熱耐性がある。
【素早さ】長距離移動速度は超光速以上と推測。
短距離移動速度(戦闘速度)は一瞬で惑星5~6個分ほど飛行して移動できる程度。
直線的に移動ではないし、飛びながら戦ったりすることも多いので
この速度で戦闘できると考えて問題ないと思われる。
反応速度は自分の短距離移動速度(戦闘速度)と互角の速度の近距離からのパンチに
対応してパンチを出せる奴と同じぐらい。
【特殊能力】宇宙空間でも戦闘可能。
      エネルギー感知:惑星何十個分も離れていても、
              強いエネルギーを感知することで相手の位置が分かる。
              ただしあくまでなんとなく位置が分かるだけで
              正確な位置や強さまでが分かるわけではない。
      超闘士のオーラ:全身の表面に常時張り巡らせてあるオーラ。
              設定では、肉体を侵す全ての攻撃を無効化する。
              相手のエネルギーを吸収する細菌?(ゴーデス細胞)攻撃を防げる。
              洗脳攻撃も防げる。
              また敵に接触して洗脳する洗脳攻撃なら超闘士のオーラを
              相手に流し込むことで逆に相手を洗脳可能。
              シーダの絶命光線も無効化。
              相手のやる気や意欲を無くさせる放射能も無効。
【長所】太陽爆発級攻防 超光速戦闘速度
【短所】この強さで基本かませ

【名前】ツイフォン
【属性】彗星戦神
【大きさ】60m程度の人間型
【攻撃力】通常の格闘でマンを戦闘不能にできる程度
突進攻撃でマンを一度殺した
    翼から発する真空波:攻撃範囲は直径約1㎞の闘技場の中心で使用して闘技場を全壊、
更に周囲数kmの範囲、街を破壊して荒地にするほど。宇宙でも使用可。
威力は惑星破壊越え程度
    手から発する真空波:タメなしで手から発する。宇宙空間でも使える。
自分の前方に月の半径と同じ(約1738㎞)の爆発を起こし月を約1/10破壊。
    金縛り:手から光線を発射。射程100m程度。
光線に当たった超闘士ウルトラマン(テンプレ時)の動きを封じた。
また相手の動きを封じたままでも自分は動ける。
メフィラス(超エネルギー増幅装置装備)の光線と撃ち合いして互角
【防御力】惑星破壊級の光線を食らい無傷で逆にエネルギーを吸収。
またマンのスペシウム超光波を背後からくらっても無傷でやっぱりエネルギー吸収する
マンの攻撃がまったくといっていいほど通用してない
溶岩の池の中でも全然平気。
メフィラス(超エネルギー増幅装置)装備時攻撃(月よりもでかい爆発。射程も数千KM 普通の光線技より強い。)をくらいまくってもそれほどのダメージ無し(マンよりはあきらかに効いてるが)
【素早さ】移動速度、戦闘速度、反応速度の全てがマンと互角以上。
【特殊能力】宇宙空間生存可能。
分解:自分の全身を何十個もの数mの岩の塊に分解することが出来る。
バラバラになった状態でも普通に移動可能。
惑星の中心に突進で突入し、そこからエネルギーを発することで
惑星全土に異常気象を起こすことが出来る。(火山の噴火や津波など)
また時間をかければ惑星を彗星として自由に操れるようになるようだが詳細は不明。
【長所】反則のような強さ。超闘士ウルトラマンに2回も勝ってる。ウルトラマン超闘士激伝における最強敵キャラ
【短所】OVAは基本的に月が戦場なのでツイフォン本人の破壊描写自体は月を半壊させた程度。
【戦法】初手は近ければ金縛りか翼から発する真空波。
    どちらも届かない、もしくは通用しなかった場合は超光速飛行で接近し突進。
【備考】何万年もの間全宇宙を駆け巡り続け、行く先々にあるもの全てを破壊してきた生きた流れ星。

232 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2008/12/13(土) 11:28:35
ツイフォン

×コーウェン&スティンガー :接近中にビーム食らいまくって負け
△冥:物理無効分け
○白色彗星:突撃勝ち
○サイバーデスドラゴン:突撃勝ち
△グランディーヌ :物理無効分け
×カグヤ:不可視からの凍結負け
○ユティ・ラー:突撃勝ち
○ティア=マトゥ:突撃勝ち
×ブラックホール:吸い込み負け
×エンペラ星人:レゾリューム光線負け

ブラックホール>ツイフォン >ティア・マトゥ