【ヨグ=ソトース】

【作品名】ラヴクラフト全集6<ランドルフ・カーター連作(銀の鍵の門を越えて)>から設定引用、敵としての登場は全集5のダニッチの怪
【ジャンル】小説

【名前】<存在>ヨグ=ソトース
【属性】〈一にして全、全にして一〉〈彼方なるもの〉全ての物の原型
【大きさ】不明(三次元で表す事が不可能)、強いて言えば一連次多元時間軸そのもの
【攻撃力】不明
【防御力】ヨグ=ソトースにとって「現実」や「変化」という事は幻にすぎない。
【素早さ】過去・現在・未来ということも同様に幻、時間という概念の外にいる存在である。
【特殊能力】
全ての宇宙的角度を支配する。これによりヨグ=ソトースは全能であり、(作中でちゃんと全能の<実体>と言われている)
低次元の存在達が変化と呼ぶのはヨグ=ソトースの意識の働きにすぎず、世界観は一連次多元。(説明参照)
ヨグ=ソトースは一連次多元時間軸内包+遍在(説明参照)だが、
同時に<窮極の門>の外に存在する<窮極の深淵>にも存在し、そこにいる原型達の一体でもある。
<窮極の門>の外にいるこの原型達は別の場面において、上記「全ての宇宙的角度を支配する」とされる、
<門>の外にいる外宇宙の実体(要は全能の神族)だと説明されている。
以上の事から同じ外宇宙の実体であるナイアルラトホテップとも対等だと思われる。
【長所】一つの次元に無数の宇宙がある世界観で無限次元以上の世界で全能(一連次多元全能)、
進んで他者に危害を加えるようなキャラではない
【短所】戦闘してないし他の二神のようなかっこいい二つ名を名前の前につけているシーンがない
【備考】ダニッチの怪では、敵が地球を旧支配者の支配する世界に変えるために呼び出そうとした存在。
連作では主人公ランドルフ・カーターを導き、彼の時空を超越する旅を手助けした存在。
ダニッチの怪と連作には同じ登場人物がおり(ヨグ=ソトースなど)、特に設定の矛盾もないので繋がった作品だと見なしている。
【説明】
ヨグ=ソトースは、人間であり非人間であり、脊椎動物であり無脊椎動物であり、植物であり動物であり
この宇宙にもいるし、別の宇宙にもいる。宇宙から宇宙へ漂う存在でもある。
また意識を持つとも持たないと言える。まさしく〈一にして全、全にして一〉である。
四角が立方体の断面であるように、あらゆる形態は四次元の類似する形態の断面である。
また、四次元の形態も、五次元の類似する形態の断面であり、また五次元の形態も~とこれを
無限回繰り返して到達不可能な高みの次元、存在の全的な無限の領域、数学も空想も凌駕する最果ての
絶対領域それそのものが、あらゆる世界と宇宙と物質を超越した至高存在たるヨグ=ソトースの本質である。
人間の世界(最初の世界)は四次元世界の無数の局面の一つに過ぎず、四次元も五次元世界の無数の…を繰り返す(一連次多元)。
ヨグ=ソトースからみて、時間を含め全てのものに変化などなく、全てが同一のものであり、外宇宙的な見方の
角度が違うだけである。よってヨグ=ソトースが見方の角度を変えただけで
低次元の存在が変化と呼ぶ現象が起きる。
ようするに物をまったく別の物にする。当然だがヨグ=ソトースは無数の宇宙の角度を同時に見ている。
ヨグ=ソトースに到達するのは困難だが、到達さえすればちゃんと会話してくれる(知識の神と見られる所以か)。
銀鍵作中ではヨグ=ソトースという名さえも、この神聖な<存在>を指す呼び名の一つに過ぎないとされ、
ヨグ=ソトースと呼ばれたのは一回だけで、カーターは彼を主に<存在>と呼んでいた。


まとめ
【名前】ヨグ=ソトース
【属性】〈一にして全、全にして一〉〈彼方なるもの〉全ての物の原型
【大きさ】不明(三次元で表す事が不可能)強いて言えば一連次多元規模
【攻撃力】全ての宇宙的角度を支配する
【防御力】ヨグ=ソトースにとって「現実」や「変化」は幻にすぎない。
【素早さ】過去、現在、未来ということも同様に幻であり時間の概念が存在しないので時間無視
【特殊能力】一連次多元全能
     ヨグ=ソトースは全能であり
     低次元の存在達が変化と呼ぶのは、ヨグ=ソトースの意識の働きにすぎない。
【長所】存在の全的な無限の領域、数学も空想も凌駕する最果ての絶対領域それそのもの
【短所】戦闘してない

30スレ目
94スレ目修正