【作品名】るろうに剣心~明治剣客浪漫譚~
【ジャンル】漫画
【名前】四乃森蒼紫
【属性】忍び・拳法家
【大きさ】180cmくらい
【攻撃力】剣術、拳法ともに使え小太刀の達人、大木切断可能。
小太刀二刀流による回転剣舞六連:一瞬で六連斬撃を放つ。鉄くらいなら切れる。
拳法:格闘専門の忍びを凌ぐ技のキレを見せる。白羽取り可能。大陸刀を握りつぶす握力。
【防御力】武道の達人並み
剣心の天翔龍閃を食らって倒されるが、意識はしっかり保ち、
かなりダメージを負った状態だがその後の戦闘に参加できた。
【素早さ】神速の剣心の攻撃を簡単に捌く。小太刀の防御と拳法の併用で剣心を苦しめた。
 流水の動きによって分身しているかのごとく動く。剣心が攻撃を当てることすら至難。
 (流水の動きから攻撃に転じる時の瞬間を狙って迎撃しなければならない)
  完全に防御に徹すればライフル弾を小太刀で止めることが可能。(自己申告)
【特殊能力】特になし
【軍団】御庭番衆
【長所】防御のスペシャリスト。
【短所】特に無い
【備考】下法にも通じていて、薬物、カラクリ、武器、暗器にも精通している。 主人公と敵対

【参考テンプレ】
【名前】緋村剣心
【属性】剣士
【大きさ】小柄、150くらい
【攻撃力】斬鉄ができる。 (逆刃の方では無理) 刃を返して木砲を真っ二つに切る。
天翔龍閃:超神速の抜刀術。神速の自分でも速すぎて視認出来ない移動をする相手にも当てられる。
  球状の真空を発生させるほど剣速が速く、 例え1撃目が外れても
  その真空に相手の体が引きこまれ2撃目の回避が困難になる。(射程2m前後)
  4m程度の人の入った戦闘機械人形が上空十数mに浮いている気球に届くまで吹き飛ぶ威力。
【防御力】鍛えた達人並み。鎖で縛られて何度も地面に叩きつけられまくっても平然としている。
【素早さ】神速:相手が銃を出したことに気が付いた状態で、
 4mほどの距離から撃たれた銃弾を刀の柄で受け止めた。
  一流の剣士でも目で追うことの出来ない移動と斬撃速度。十数人を数秒で切り伏せる。
  10数m先で十人の銃撃部隊が銃口を向けて構えた状態から、
  引き金を引く暇を与えない速度で加速して距離を詰め、瞬時に5人を倒す。
  また神速で突進しながら、一瞬で9つの斬撃を急所それぞれにほぼ同時に叩き込むことも可能。
  作中で神速より遅いキャラ(番神)の反応:
  4人の警官による4mぐらい先からの銃撃4発(右腰、左わき腹、右肩、左肩に向かって発射)
  に対して両手で手を動かしながら片手で二発ずつ弾いている。要するに同時に発射された
  二発の弾丸の一発目を弾いた後もう一発が体に到達する前(10センチ手前くらい)にまた弾くことが
  それぞれの手で同時に可能な反応。(拳銃は明治の物なので秒速200m程度の弾速と思われる)
  • 超々神速>超神速(不可視の壁)>神速>>上記の番神含むその他のキャラ
【特殊能力】常に相手の動きを先読みして行動できる。
【長所】神速の移動と反応。超神速の抜刀術。
【短所】刀が逆刃刀であること。防御力