ジョブ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ジョブの種類は予告無く変更する場合があります。

戦士
 攻撃と体力にバランスがある標準的なジョブ。
 一番戦闘で倒されやすいので、サポートとなるカードが必須である。

魔法使い
 攻撃面と体力が衰えているが、支援能力値がきわめて高い。

弓使い
 魔法使いよりか支援能力値が低いが、その他特殊能力を持っている(予定)。

槍使い
 きわめて攻撃力が高いが、打たれ弱い。

僧侶
 回復能力を持つ。主に後方支援にいることが多い。

パラディン
 戦士と魔法使い(僧侶)を兼ね備えた上級戦士。
 装備可能カードが幅広く戦闘能力も高いが、その分コストランクは高い。

エルフ
 攻撃力は無いが、支援攻撃力が高い種族。配備するためには、手札から配備したいエルフ以上のランクを持つ魔法使いを捨て山に送らなければならないというデメリットを持つ。

アマゾネス
 攻撃力と体力が群を抜いて高い種族。配備するためには、手札から配備したいアマゾネス以上のランクを持つ槍使いを捨て山に送らなければならないというデメリットを持つ。

妖精
 支援能力値以外が低く、かなり打たれ弱い。
 そのかわり、特殊効果は優秀。

獣族
 攻撃力が高い奴が多いが支援力は無い。
 コボルトなどがそれに分類される。

魔族
 パラディンに近い感じだが、僧侶の能力は無く、戦闘関係のジョブ。
 ゴブリン、オーガー、ガーゴイル、コボルトなどが悪魔として分類される。

物質族
 防御力が全体的に高い。また、スライムもそれに分類される。

アンデッド族
特にスケルトンやウィスプなどが分類される。

魔王族
総合的にとても強く、弱点も少なめ
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|