微分積分


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

===== 目次 ======================================================================================================

================================================================================================================

1.微分法


関数の極限 (収束・発散)

xの関数f(x)が点aを含むある区間で定義されているものとする。ただしx=aでは定義されていてもいなくてもよい。
いま、xがその区間内を変化してaに限りなく近づくときf(x)が一定値Aに限りなく近づくならば、
xaに近づくときf(x)極限値A収束する』といって、

 \lim _(x \rightarrow a) f(X) =A , または , f(x) \rightarrow A (x \rightarrow a)

とかく。

また、