RemapMethods


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[ 編集 ]

パソコンのキーボードをリマップする方法。

ここで、リマップとは、実際に押されたキーとは違う文字(または Ctrl, Shift 他、機能キー)を 入力するように設定するという意味に使うこととする。

Windows の場合

レジストリをいじる

Windows NT 以降には、キーボードの配列(というか、どのキーが押されたかの判定)を 変更するための仕組みが備わっている。この仕組みは、レジストリを変更することで 利用できる。

具体的には、レジストリの中の下のキーの Scancode Map というバイナリ値に よって設定できます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\KeyBoard Layout

詳しい、情報は、Scancode Map でインターネットを検索してほしい。

レジストリエディタでこの値を設定するのはかなり困難なので、下で紹介しているような リマップ用のソフトを使用するのが良いだろう。

リマップ用のソフトウエアを使う

レジストリを変更するソフト

Satoshi氏の Change Key は、Scancode Map を GUI で書き換えるソフトだ。類似のソフトに Travis Krumsick 氏の KeyTeak がある。

レジストリを変更しないソフト

AutoHotkey は、リマップ以外にもいろいろなことが できる多機能なソフトだ。 くわしくは、AutoHotkey を見てほしい。 日本語での解説が 「AutoHotkeyを流行らせるページ」 にある。

国産のソフト。設定は最小限。手間要らず。シェアウエア。

レジストリ、変更する?しない?どっちがいいの?

レジストリのScancode Mapを変更する方法の利点と欠点については、AutoHotkeyRemapping via the Registry's "Scancode Map"

の項目が参考になる。

Linux の場合

Macintosh の場合