【扉の伝説】風のつばさ☆デバッグプロジェクト【補完計画】 イベントの配分


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イベントの配分

全体方針検討項目イベント序・本・最終章 > イベントの配分


旧「提案・要望」ページより
各種イベントが、レベル的にもフラグ的にもやたらFE2~FE5前後に集中していたのが気になります。
自分は、「ドリームホールにいかずに立てられる範囲のフラグは前倒しに全部立てる」を方針にゲームを進めた結果、
本章開始後はレベルの問題上極端にやれることが少なく、
しかし、レベルを上げまくったらほとんどのイベントを前倒しにこなしてしまえて、
後半、メインストーリー以外やることがなくなった、という思い出を持っています。
これらイベントを再配分することで、懸案のレベリングやフラグ立てを誘導できないでしょうか。

cf. 「 本章イベント1 」、「 本章イベント2 」、「 サイドイベント 」 (攻略wiki)

名前:
コメント:
  •  
    閑話休題
    FEも込みで見ると、ますます第一章(本章開始~FE2)にイベントが集中している。
    レベルさえ上げれば、FE3、FE4、FE5、FE6も第一章中にできてしまうので、それはもう。

    とりあえず思いついたところでは、ハンガーランク昇進をさらに後ろに持っていったらどうか。
    Bランク、Aランクに必要なハンガーポイントをめちゃくちゃ釣り上げ、
    一方、黒い剣団壊滅と美術館開館にめちゃくちゃ高いポイントを割り振って、
    事実上、B昇進には剣団壊滅+依頼いくつかが必要、A昇進には美術館開館+依頼いくつかが必要という
    バランスに持っていければ、だいぶイベントがばらける。

    なお、「ハンガーポイント」を律儀に考えれば、剣団も美術館もハンガーズギルドの関知するところではないのだが
    受付嬢の「昇進に必要なのは知名度」という説明を考えれば、
    これらの重大問題を解決した少女ハンガーの“ポイント”が半端なく上昇するのは、むしろ自然。
    厳戒態勢下の国にまで入れてしまうAランク昇進が、一国の王女の悲願を叶えた後というのも説得的だろう
    (プライベートな任務ではあるが、ルシアがエスタシアのためにハンガーになったことは知られている cf. カスト村のシーノ談)。

    で、さらに派生。「パラメータ関連」にも書くが、
    この際、「ハンガーポイント」パラメータと「評判」パラメータを統合してしまったらどうか。 -- こほ (2009-02-15 06:42:40)
  •  
    前置き
    先週、攻略wikiで「サブイベント」としていたものを「本章イベント」と改題し、
    フォーチュンイベントを他のイベントと同列において整理し直しました。
    ルシアにとってはいずれも等しく旅の過程で遭遇した事件であるからです。

    この視点を維持することは、おそらく、懸案のシナリオ誘導のためにも重要です。
    現在、少なからぬプレーヤーがFEをこなすことを至上の目的としていますが、
    それだとどうしてもルシアの視点を超えた点からの情報が必要になって、
    攻略情報に頼らざるを得なくなります。
    そうではなく、ルシアと共に目の前の仕事(美術品収集、ハンガー活動、交易振興)をこなすうちに
    自然とヒントに接しフラグが立って物語が開けていくという形に持っていければ、
    必ずしも攻略に頼る必要はなくなるはずなのです。

    現実問題、どこまで実現できるか分かりませんが、
    一応、以上の理想を根っことしてコメントしていきます。
    -- こほ (2009-02-15 06:41:15)
  •  
    上記に対する、天ノ原氏、伝次郎Jr.氏のコメントを貼っておきます。
    天ノ原:
    確かに、イベントの出現タイミングにしても、敵の強さにしても、まだ調整は甘いですね。
    具体的な整理方針に関しては、一度チャットで直に意見を交換したいところです。
    ミッション依頼などは「最初から全部選択可能なのは不自然なので、シナリオの進行度で増えるようにしてはどうか」
    というご意見がWikiでありましたが、そうするのが良いでしょうね。

    伝次郎Jr.:
    ↑実は私も当初は条件を満たせば増えるようにする予定だったのですが・・・すっかり忘れてまして・・・ごめんなさい。
    -- こほ (2008-08-02 06:38:27)