【扉の伝説】風のつばさ☆デバッグプロジェクト【補完計画】 FE2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

FE2について、以下の点で難点があれば指摘してください。
  1. フラグ立て  : イベント開始や進行のだためのヒントは適切かつ充分か。
  2. 戦闘  : ザコ戦の配分、戦闘バランス、ドロップアイテム等は適当か。ボス戦の戦闘バランス、演出は適当か。
  3. マップ  : 複雑すぎたり単調すぎたりしないか。
  4. シナリオ展開  : 展開や設定に無理がないか。
  5. その他  : その他、ストレスになったり分かりにくかったり、逆に良かったりする点があれば何でも



  •  
    1. フラグ立て
    以下の五つのイベントをクリアする必要がある。中三つは、以下 TTJ と略する。
    ・アリスの曲芸
    ・テュリラの孤児院救済
    ・ティナと劣悪孤児院
    ・ジャックの小悪事
    ・イルラヤと会話

    問題は四点。
    a. 必須イベントが多く、とりこぼしがおこりやすい。
    b. 精神がないと選択肢すら出ない、FE自体も始まらない。
    c. フラグ折れポイントてんこ盛り。
    d. このFEのみ、ドリームホールへ行くための寝る場所を指定。
    a.について
    すべてウカネッツ内で起こるので、誘導は比較的容易だと思う。
    アリスは問題ない。TTJについては「ウカネッツ到着後イベント」で。
    イルラヤ出現は、「娼婦街への配達」依頼と連動させたらどうか。
    b.について
    精神がかかわるのは、TTJと FE2の扉。
    TTJについては「ウカネッツ到着後イベント」で。
    FE2扉は、条件から《博愛》をはずす。FE開始後のジャックとの会話は、
    《博愛》がないまま「助ける」を選んだ場合、
    「精神が足りません」のメッセージと共に会話終了(返事が一時保留された形)。再挑戦可能に。
    c.について
    フラグ折れがあるのは、TTJと FE開始時のジャックとの会話。
    TTJについては「ウカネッツ到着後イベント」で。
    ジャックとの会話は、「自分で解決させる」を選択した場合、強制ノーマルエンド発動。cf.「フラグ立て失敗の表示
    d.について
    「おきらく亭で寝る」という条件は外す。
    FE2のみ、精神要求、寝る場所指定なのは、隠しイベントとして計画された名残だろうが、
    今や第二章開始のための必須イベントなのだから、この二つの条件ははずすべきだと思う。

    4. シナリオ展開
    あえて言えば、アリス救助後、森に出るまでが、どうすればいいか分かりにくい。
    あと、細かい疑問。
    ルシアが、人食い島の話や「表向きは不動産商人だが実は奴隷商」というアンバー家の正体をきいて、
    「今の話、何か引っかかる」というのだが、何に引っかかったのか。
    「人食い」の意味にか、それともマーカスと設定が似ていることにか。

    5. その他
    マーカスイベント+夜のものイベント。
    作品を通じて重要な意味を持つ「子供」イベントでもある。
    未来の記憶とリンクするラストも良い。

    疑問と突っ込み。
    アンバー家。去年はライに邪魔されたというが、何があったのか。
    ピーター。ここでは、奴隷商人に捕まったとされているが、
    ネバーランドイベントでは親に売り飛ばされたことになっている。
    FE2内のセリフを後者に合わせるか。

    ラディアス号事件。実はマーカスによるものだったことが判明したが、
    マーカスは何を目的としてこれを起こしたのか。
    即労働力となる奴隷がほしかったのかと思ったが、
    マイアや事件解決後のジャックの話では、多くの者は即殺されたという。
    犠牲になったのは、セルレウネの臨時労働力として招致された旧ターナ王国の難民で、
    マイアによれば「騙されて」連れてこられたそうだ。そこまでして集めて、なぜ殺すのか。
    “多くの者は各地の鉱山や工場に飛ばされて使い捨てされたようだ”
    “マイアの夫やジャックの両親は、はむかうとか仲間をかばうとかしたためにその場で殺された”
    としたらどうか。

    ところで、ウォルソンの平和使節事件と経緯が似ているが、戦略上の関連でもあるのか。
    セルレウネもグルなのか。
    また、「時系列上の矛盾」で、百年前に滅んだ国の難民が
    なぜ今ウカネッツにあふれているのかとの突っ込みもあった。
    難民問題が何代にもわたってくすぶること自体はありうるが、
    ターナ王国に関しては、そんなごく最近に滅んだ国なのに瓦礫すら残っていない、
    旧貴族のシュタイナー家の血筋ははっきりしているのに、
    王家だったとされるレキオン家の素性は噂の域を出ない、など
    時間と記憶のあり方がちょっと変なので、じわじわ気になってくる。 -- (こほ) 2009-05-17 20:29:31
  •  
    こほさんの指摘について
    >FE2扉は、条件から《博愛》をはずす。
    正直これはどうかと。あのストーリー展開で再挑戦可能にすると逆に不自然。あれだけせっぱつまった
    状況なのに数日経過してもOKなのは・・・。ジャックの置かれた状況ならルシアに頼むのを待たずに
    助けに乗り込んじゃう展開の方がしっくりきてしまう(ジャックからすれば断られたのと同じ印象でしょうし)

    >「おきらく亭で寝る」という条件ははずす。
    これもストーリー展開上不自然になりかねない。『猫』がジャックをおきらく亭に導くのはそこにルシアが
    いるから(宿に泊まっているから)でしょう。ルシアがいないのに宿に連れていくのはちょっと無駄な行為に
    見える(宿でルシアとあったからルシアを思い出す、ともとれなくはないが、初対面の場所ではないし・・・)
    -- (名無しさん) 2009-05-17 22:00:08
  •  
    >名無しさん 2009-05-17 22:00:08
    >>あれだけせっぱつまった状況なのに数日経過してもOKなのは・・・。
    すでに、「せっぱつまった状況の筈なのに、イルラヤに話しかけてゲームを
    最スタートさせるまで何日経過してもok」という例がありますから。

    >>『猫』がジャックをおきらく亭に導くのはそこにルシアがいるから(宿に泊まっているから)でしょう。
    ルシアがよく立ち寄る場所だから、でいいでしょう。
    なお、FE2だけ猫が導くのも不自然だと思っています。
    あの猫は何なのか。役割的にはザードですが、
    彼はルシアしか導けない筈という例の縛りと抵触します。
    三猫の設定自体、整理しなおしているところなので、
    そっち方面から調整することになるかもしれません。

    正直、どうやって《博愛》とおきらく亭宿泊をFE2扉条件から外すかは悩んだところで、
    拙案は「他の例と見比べた結果、ぎりぎり許容範囲だと判断したご都合主義」です。
    より良い案があれば是非。
    とにかく、FE2だけ他にない条件を要求するというアンバランスは解消したいところです。
    -- (こほ) 2009-05-17 22:50:07
  •  
    FE2開始後のジャックとの会話における《博愛》について、もう一案。
    ウカネッツ到着後イベント」で書いたティナイベントでの拙案と同様に処理。
    FE2開始後、ジャックと会った時点で「無視する」「話しかける」の選択肢を出し、後者で《博愛》要求
    (「無視する」を選んだ場合の再挑戦は可能とする)。
    この時点では《博愛》消費せず、バーカウンターでの会話で「助ける」を選んで初めて消費されるという形。
    次善の策にすぎないが、少なくとも、せっぱ詰まった会話が中断されるという不自然は緩和される。
    ゲームの造り上、一続きになっているイベントをぶったぎって作り直す必要もなくなる。
    -- (こほ) 2009-05-17 23:13:41
  • すでに不自然でもOKな例があるから他の不自然もスルーでいい、というような方向はどうかと・・・。
    だったら自分はむしろイルラヤの方を強制移動にすべきだと思いますし。 -- (名無しさん) 2009-05-18 21:03:42