【扉の伝説】風のつばさ☆デバッグプロジェクト【補完計画】 その他ストレス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

移動、探索、戦闘以外の面で、ストレスを感じる点があればご指摘ください。
個別のシステムやイベントについて具体的な改善案がある場合は、「検討項目」 の各該当ページもご利用ください。


  •  
    どこに書くか迷ったのでここに。
    魔法書やメモリークレスト、説明を読んでもどんな魔法を覚えられるのか分からない。
    たとえば「Aクラッシュの書」の説明だったら、「魔法『Aクラッシュ』を習得できる呪文書」ではなく
    「敵1体防御半減効果の魔法を習得できる」というふうにしてほしい。

    魔法書や武器・防具は、誰が使えるか分かりにくいのもストレス。
    購入時もパーティーにいるメンバーについてしか分からない。
    -- 名無しさん (2009-02-02 02:09:06)

  • 前に2chの方でも少し話が出た気もするが、魔法習得もカスタマイズ方式にできないものか。
    コノハの虎の巻使用のように、その魔法書を持っていなければ習得できないようにした上で
    そのキャラが習得できる技をカスタマイズのように表記すれば、誰がどの魔法を覚えられる
    かはある程度分かりやすくなると思うが。 -- 名無しさん (2009-02-02 02:36:19)
  •  
    魔法書や武器防具購入時の装備可能者判定はツクールの初期設定で作られてるものだからね…。
    それを変えるのは難しいかも。
    というか、トビデン以外のツクール製RPGだってそうなのだから、そこを無理して変える必要はないのではないかと。 -- 名無しさん (2009-02-02 17:58:20)
  •  
    他のゲームには無い「カスタマイズ」という要素があるのだから、それを生かそうって話では?
    ただキャラによっては習得可能な汎用魔法がかなりの数になるため、画面が煩雑になる気がします。
    せっかく『○○』の書という名前であるので、説明文にわざわざ同じ旨の文章を載せるのではなく、
    効果・習得可能キャラ(の略称)を書いてはどうでしょう。 -- 名無しさん (2009-02-02 18:46:31)
  • 書によっては習得可能キャラの数がかなりの者になってしまうのもあるので、説明文に表記
    するのは難しいのでは。また、その場合仕様上その時点ではまだ加入していないキャラの名前
    まで表示されてしまうので、ネタバレになってしまうためそれは避けるべきかと思います。
    -- (名無しさん) 2009-02-02 21:20:13