※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

6000系



↑新宿駅に止まっている6000系                                             ↑アイコン6000系    



概要

京王6000系電車は、1972年(昭和47年)から1991年(平成3年)にかけて300両あまり製造された京王電鉄の通勤形電車
で京王6000系は京王で初めての20m級の車両の4扉車である。現在使用されている車両のは日本車輌製造と東急車輛製造の2社である。

使用の歴史など

6000系は8000系が登場するまで、京王線新宿駅発の京王八王子・高尾山口系統の特急や急行は6000系が主体だった。
しかし、8000系の運用により本線の優等運用からほぼ退いた。しかし相模原線特には主に6000系と8000系8両編成(20番台)
が運用された。


7000系

↑写真7000系                                                       ↑アイコン7000系

基本データ・運用区間

デビュー年:1984(昭和57)年
運行区間:京王電鉄京王線、高尾線、相模原線など

京王線系統、初のステンレス車両

外観は基本的には6000系のスタイルを継承しているが、ステンレス車体、車両前面窓が左右対称となった。前面は一部強化プラスチック(FRP)を使用し、同部分については、初期タイプはステンレスの色に合わせグレーに塗られていたが、87年以降製造の車両は、前面にアイボリー塗装と赤帯を追加し、外板もスッキリした形状へ変更されている。なお、2002年ごろに塗装変更され、全車両が前面、側面共に8000系と同様の帯色となっている。


8000系

↑写真8000系                                                                             ↑アイコン8000系

基本データ・運用区間

デビュー年:1992(平成4)年
運行区間:京王電鉄京王線、高尾線、相模原線など

京王線の主力車両


京王電鉄のイメージを一新した車両で、塗装が5000系からの塗装から、青とピンク(京王ブルー及び京王レッド)のラインを配したものへ変更された。この塗装は、バスでも採用されるなど現在の京王電鉄のコーポレートカラー的な配色となっている。また、車体はステンレスだが前面部はアイボリーホワイトに塗装された普通鋼製である。

 ご覧の通り、前面の窓ガラスを大型ワイドガラスにすることでワイド感を強調。制御方式は最新型のVVVFインバータを採用し省エネルギー化。現在の京王線系統で最も運用両数が多く、特急から各駅停車まで幅広い運用をこなしている。

9000系

↑写真9000系                                                 ↑アイコン9000系

基本データ・運用区間

デビュー年:2001(平成13)年
運行区間:京王電鉄京王線、高尾線、相模原線など

5000系をイメージした最新鋭車両

 京王電鉄の通勤型電車として最新鋭の車両で、現在も増備が続いている。座席幅の拡大や車内案内表示器の設置など、バリアフリー設備の充実が主な特徴。また、京王電鉄で初めて車内(ドア上)に次駅案内表示器を設置した。
 従来投入されていた編成は8両編成だったが、2006年1月より都営新宿線直通を考慮したの10両固定編成が登場。こちらは行先・種別表示が京王電鉄初のフルカラーLED方式となったほか、貫通幌取り付け台座が廃止されたことから、前面の帯が完全につながっている