※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1000系


●井の頭線に登場した2代目「1000系」

 京王電鉄井の頭線では初の大型20m級、両開き4扉車両。3000系の後継車両として誕生し、イメージは同車から受け継いでいる。車体はオールステンレス製だが、前面は普通鋼とし、非常用の貫通扉を設置。前面の塗色は3000系同様、編成別に7色のレインボーカラーを、側面には前面塗色の濃淡2本の帯が施されている。
 なお、1000系としては初代として1957年に登場した井の頭線用の車両が、かつて在籍していた。これは、京王線で活躍した2000系の井の頭線バージョンであり(車体色はライトグリーン)、1984年に全車が引退している。

3000系


●長らく量産された井の頭線の代表車両

 京王電鉄初のオールステンレスカー。1988年まで量産が続けられた。製造期間の非常に長い車両である。
 外観は従来車両の前面2枚窓の湘南スタイルを継承する一方、ステンレスの単調さをカバーするために正面を強化プラスチック(FRP)製とし、編成別に7色(レインボーカラー)に着色されているのが大きな特徴。
 1000系登場に伴い、一部が上毛電鉄、松本電鉄、岳南鉄道、北陸鉄道へ移籍したほか、継続使用される車両はリニューアル改造が施されている。