RVS


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

曲の途中でヴォーカル担当が順番に交代していくという、三本柱マン 独自の演奏方法 、リレー・ヴォーカル・システムの略

三本柱マンの結成当初は、ヴォーカルと楽器の各パートが固定されていたことから、即興で歌うことが、ヴォーカル担当の相当な負担となり、約1分程度でネタギレに陥いっていた。
RVSの導入以後、ヴォーカル担当は苦しくなったら交代できるようになったので、演奏時間が約3倍まで延びた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。