Step1 氷上PTの基礎知識


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 PTでやることは
  • 打つパワーの決定
  • 打つ方向の決定
 だけです。まずは下図で、PTの距離定規が届く程度(40Y以内)で、
どのようにLPを行うか説明します。

  • 打つパワーの決定
 パワーは①グリーンの距離、②グリーンの淵(以下エッジ)、③氷の距離
を個別に計算します。

①グリーンの距離
 PTで表示されるマスは、正方形の一辺2Yですので、とりあえず数えます。
 この距離は、エッジを含みます。
 ここでは14Yと予想。
②エッジ通過
 エッジを越えるために必要なパワーは、+3Yです(断言した!)
 ここではエッジをまるまる通過するので、+3Y
 エッジの上から打つ場合は、残距離と気分で調整しましょう;
③氷の距離
 Ice」通過時のパワーロスはかなり少ないです。今のところ

パワー1YでIce3Y進む

 と推測しています。
▼50Y超級LPのデータからは、Ice1Yに必要なパワー=0.34Y
 という予想が出ました(必要なら詳細データもUPしようかと考えてます)。
 ただし、氷の距離は、短ければ短いほど無視できるように思えます。
 今回は「(残距離8Y)÷3」=2.7Yと計算できますが、
 距離が短いため2Yと見積もっています。

 以上の合計19Yが、打つパワーになります。

  • 打つ方向の決定
 上図のエッジ付近を見ると、●が左にズレている部分があります。
 これに対して当てるカウンターは、ピン約1個分程度(図左上の〇内参照)

 これで、打ってみることにします。
 ↓
 入りました。

 慣れてしまえば、この距離のPTはかなり、簡単にできます。
 これで思う存分、グリーンON気にせずぶっ飛ばして、OD&LP稼いでみませんか?


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。