とー(こーひー)式PTスキル養成術


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 PTの基本、4点法はご存知でしょうが、対応できないラインをどのように詰めていくか…
 PT率88.3%(12/9現在)のプレイヤーの言がどこまで信憑性があるかわかりませんが、
とりあえず、わたしが練習してきた方法を書いてみたいと思います。

①グリーンマスの点(●)を手前から数え、4番目の●( 基準点 )を
 ピンから真下に引いた線上( )に合わせて打ち、その結果を覚えておく。
②似たようなラインのとき、以前の結果を踏まえて修正を加える。
 (以上、繰り返し)




詐欺だっっ!!!


…でもぶっちゃけ、そうやって「勘」を高めていくしか方法がないと思うわけですよ。
 それだけじゃあアレですから、

「いろいろなPTラインを、どういうイメージで攻めてみるか」

 あくまでイメージ優先で、PT例を上げて行きたいと思います。
…いつかどこかで、ヒントになれば幸いです。


▼(12/16追記)
 今更感じたことなんですが、グリーン上のビームは、必ずしも地面(画面水平方向)
に対して垂直になっていないみたいですね。
(特にDIでは、異様にグリーンが波打っているところでは、あからさまにビームが傾いている…)
 これまで表現・見易さから、「ビームの延長線上」という表現をしていましたが、
不適切と感じられたため、上記改変したとおり、 基準点 、と改めたいと思います。
 各ページは随時訂正して行きます。     (とー(こーひー))

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。