4b.相殺するラインその2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 左右の●(傾斜)を相殺して、どちらか残った場合。

 上の図では、
  • 黄色の区間
 の傾斜は相殺されていますが、
  • 赤の区間
 は、左の微傾斜(2マス)に対して、右の傾斜(1マス)と、相殺の判断が難しく
なっています。
 さらに、手前の右傾斜(3マス)が完全に残ります。

 赤の区間の『傾斜の量』を照らし合わせてみて、4マス目の 基準点 は、手前3マスの
傾斜の延長上にあるのでは?と予想してみました。
 結果。

 IS17Hで、山の右にある氷壁にバウンドさせて1ONすると、こういうラインに遭遇すると
思います。その時は多分、もう少し距離が長くなると思いますが、考え方は同じです。 ただし、
基準点の「合わせ」が難しく(見づらく)なります;

 余談ですが、IS17Hのグリーンは、ティー側(手前側)の淵(エッジ)が『急激な上り』
になっており、エッジ外側からPTで打つと、軽くジャンプして大幅に飛距離を落とすため、
グリーン外LPはオススメできません。…ヤル人いないと思いますけど;

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。