2b.曖昧PT②いい加減に抜粋


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 IC2Hでパンミ(以下略)…
 このような傾斜は、

傾斜の差はあれど右へ曲がっている

と言えます。右図では「曲がる量」を矢印イメージで表示してみましたが、
「曲がる量を変えながら」右へ右へと曲がって行くわけです。

 そこで、左図のように、「曲がる量が大きい(=傾斜が大きい)マス」に
着目して、変則的に「4点法」に当てはめて、ラインを合わせてみました。

 結果↓

(注)これはあくまでもやり方の目安と考えてください。
   ラインが毎回毎回同じとは限りませんので;;

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。