もう一つのカンツォーネ?(SC6H煙突)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 シルビアキャノン(SC)6HのBDとりに欠かせない(?)、煙突ショット。
 飛距離250Yの場合、手前から2番目の煙突を以下のようにして打ちます。


(緑のライン)
 線上の風向きのとき(左方向へ約1.2m?)に、微TSをかけて打ち、成功しました。

(黄色のライン)
 わたしが初めて、狙って成功したときのラインです。左側の角のやや左。以後はこれを
参考に、ラインを決めています。

(白のライン)
 左方向へ吹く風の場合、斜線を左にとる=ヘリの下降気流の影響を受けやすいので、
少し強めをココロがけた方がいいように思います。


<追い風の場合>
 弱めに打つ。
 追い風・向かい風が無い状態(ほとんど真横)の場合でも、98%程度で届くようです。
 前述の通り←方向の場合はヘリの近くを通過するので気持ち強めに。

<向かい風の場合>
 打点↑(TS)の量を少なめにします。それだけでもキャリー(第一バウンドまでの飛距離)
が違いますので、成功しやすいです。
 どの程度の向かい風に対処できるかは、今後検証していきたいと思います。

…なにぶんIS、ICとかと比べると試行回数・成功回数が少ないですので
参考程度に流してもらえたらと;

(written by とー)

  • つか、6Hは右~左への横風が強いと打点↑TSショット
    だけじゃ向こうの船に乗りません(w
    あと、カメラでズームして見るとわかりますけど、
    煙突は右へ向けて傾いてます。
    また、縦長なんでパワーの調整よりも横幅の当て方の
    調整の方をうま~くやってみてくださいな。
    自分まだ極めてないんですけど、真上のTSでなく、
    多少カーブをかけるのもいいと思いますw -- (ムジロ) 2008-03-27 15:54:13
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。