※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

動作環境


最低動作環境

OS Microsoft Windows 2000 / XP
CPU Intel Pentium III プロセッサ及び同等の互換プロセッサ 1GHz以上
メモリ 256MB以上
HDD 500MB以上の空き容量
VGA 32MB以上のビデオメモリーを有するグラフィックスボード
通信環境 128kbps以上(ADSL、光ファイバー、CATV、LAN)以上

推奨動作環境

OS Microsoft Windows 2000 / XP
CPU Intel Pentium4 プロセッサ及び同等の互換プロセッサ 2GHz以上
メモリ 512MB以上
HDD 500MB以上の空き容量
VGA 64MB以上のビデオメモリーを有するグラフィックスボード
通信環境 1Mbps以上(ADSL、光ファイバー、CATV、LAN)以上

その他にホイール機能付きマウスが必要
ゲームパッド(8ボタン以上)に対応

SiS製チップセットは対応外です。

動かない!


ソフトを初めてダウンロードしたが動かない、という人のための手引き。

公式の情報は http://www.c21-online.jp/support/faq/setup/01.html にあります。

0.Macでは動きません。
http://www.c21-online.jp/support/faq/etc/03.html
多分このまま放置でしょう。

1.上の最低動作環境をクリアしているか、確認して下さい。

2.SiS製チップセットのグラフィックボードには対応していません。
(参照:公式FAQ ゲーム画面が正しく表示されません。)
自分のパソコンがこれに該当する場合は、ビデオカードを増設するなどの対応策しかありません。
簡単に言うと、SiSのドライバはDirectXの実装がいい加減なのが原因だそうです。

3.ビデオカードのドライバが古い場合があります。
Windows Update ではあまり更新が期待できません。
メーカー製PCの場合は、メーカーのサポートページに更新ドライバの情報があります。
自作やショップブランドの場合は、ビデオカードのメーカーのサポートページから
最新ドライバをダウンロードしてインストールしましょう。

それでもなおビデオカードのドライバが疑わしい場合、
「オメガドライバ」という最終手段があります。これは自己責任で。
参考ページ : ATiWiki / 1000%オメガドライバ

ビデオカードのドライバは、最新ならとにかくいいとは言えないようです。

4.メインメモリの増設
パソコンやマザーボードのマニュアルで確認して、対応しているメモリを購入、増設して下さい。

5.ビデオメモリの追加
チップセット内蔵ビデオでメインメモリの一部をビデオメモリに割り当てているものの場合、
BIOSの設定変更でビデオメモリを増やせます。マニュアルを参照して下さい。
VGAカードでVRAMが追加できるタイプは少ないので、内蔵でない場合は買い換えになります。

6.趣味に走ったシステム、ちょっと(かなり?)古いPCではありませんか?
公式に「他のOS、マルチプロセッサや仮想システムなどの動作については、サポート対象外とさせていただきます。」とあります。
Windows VistaやXP Professional x64 Editionでの動作はだれも保証してくれません。
Windows 95/98/Me は対象外です。

7.ネットワーク環境の確認
サーバが営業中であっても「ただいまサーバはメンテナンス中です」となってしまうときは、
モデム、ルータ、セキュリティソフト、Windowsファイアウォールの設定の問題で、
C21の動作に必要なポートでの通信ができていない可能性があります。
「UPnP対応」とある製品を使用していればたいてい大丈夫なのですが、
そうでないものが混じっているときは設定を確認して下さい。
参考: http://www.c21-online.jp/support/faq/setup/08.html

8.細かい項目の再確認
  • ソフトの再ダウンロード、再インストール
  • Memtest86でメモリのテスト
  • ルータ、モデムのリセット

9.ここまでしてもまだ動作しない場合は、公式に問い合わせをして下さい。
新したらば掲示板などで知恵を募るのも結構ですが、しょせんユーザはユーザです。
誰に聞くにせよ、自分のPCの構成や、どう動作しないのか(初めてインストールして動かないのか、昨日まで動いていたのが動かなくなったのか、また、どこでどんな異常が起きるのか)といった状況を正確に伝える必要があります。

なお、ここのコメント欄で質問しても返事は期待しないで下さい。
コメント欄は、他の手段で問題が解消した場合に、その情報を公開するために設けてあります。