※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

闘劇'10


公式サイトアーカイブ
http://www.tougeki.com/final/100918.html

正確なタイトルは「闘劇'10 -SUPER BATTLE OPERA- THE 8th ARCADIA CUP TOURNAMENT」。
2010年9月18日(土)から19日(日)までの二日間に渡り幕張メッセを会場にして行われた。

採用されたのは以下の12タイトル。


一日目



二日目





備考

  • 東京ゲームショーの一部という形でスポンサーをつける形で開催された。飲食ブースと同じフロアのためにゲームショー目的の客も大会模様を見ることができた。
  • 第1回闘劇以来の幕張メッセでの開催となった。
  • 12タイトルでの開催、1日で6タイトルの消化は史上最多。
  • 会場はメインステージとサブステージが用意され同時進行するという形が取られた。メインステージは3画面分の大きなモニターが用意され正面には指定席が構える形だったが、サブステージは1画面分のモニターで周辺に席は用意されていなかった。メインステージではカテゴリーAのタイトル、サブステージではカテゴリーB・Cのタイトルが行われた。
  • どういった基準で各タイトルをカテゴリーのA・B・Cに振り分けたかの基準は発表されていないが、カテゴリーAは「比較的最近リリースされた人気も高めタイトル」、カテゴリーBは「人気タイトルではあるが古めのタイトル」・「大会開催経験が少ない新規タイトル」、カテゴリーCは「稼動開始時期が闘劇本選直前で急遽日程が組まれたタイトル」、といった分け方があるようだ。(これにすべてがあてはまるわけではないので注意。)ただ本選会場ではBとCの扱いに区別はなかった。
  • 動画サイト『ニコニコ動画』の一サービス「ニコニコ生放送」にて大会の模様は有料配信された。全タイトルの準決勝以上は配信され、それらが始まるまではメインステージの本選トーナメントの模様が映された。MCはルパン小島と椿姫彩菜。
  • 昨年は大会DVDの発売はされなかったが、この年のものは全12タイトル中5タイトルのみ単体商品での発売されることになった。04~08年と同様に決勝大会での全試合が収録。発売される5タイトルは以下


関連外部リンク