※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 放電元となるのはスパークロッドと電気イスの二つのみ
    • 他の帯電トラップ・仕掛けは、これらが設置・起動中の時のみ放電できる
    • 二つのトラップを同時に起動した場合は、先に起動した方と放電する
  • 両者が存在している場合、 スパークロッド⇔電気イス⇔他のトラップ となる
    • ただし、電気イスが他のトラップと放電中の時スパークロッドを起動しても放電はしない
  • 電気イスが放電元になった場合、必ず壊れてしまう
    • スパークロッドとの放電だけなら、スパークロッドが放電元となるため壊れない
  • 放電中の放電元に攻撃判定はない
    • 電気イスとスパークロッドの場合は電気イスに攻撃判定があるが、放電は打ち切られる
  • スパークロッドの場合、ダメージとヒット位置は放電元依存、ヒット判定は放電先依存
    • 放電→トラップとつながると重複になってしまう。電気イスと放電した場合も同様
  • 電気イスの場合は、全て放電元依存
    • 放電先を遠ざければロングレンジヒットも狙える
  • スパークフロア、サンダークローと放電しても攻撃判定はなく、一瞬で切れてしまう
  • 影牢の床トラップのように、トラップと放電が同時に当たることはない
    • サンダーウォール・ジャベリンやスパークマグネット・バキュームなら、時間差で当たることがある
  • 放電時間は組み合わせによって異なる
    • 特に長いのは電気イスとスパークマグネット・バキュームで、2度当たるほど(当然重複)