※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「女子大生2人!?」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

女子大生2人!?」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+「さて、比呂美ちゃん、そろそろ」
+「はい、おばさん」
+ 理恵子に促され、比呂美は手にしていたポーチを戻し、店を出た。これから、ひろし、
+眞一郎と合流して外で夕食をとる予定である。
+ 実は、四人揃っての外食はこれが初めてだった。
+ 所用で新潟に来たという出版者の担当に、眞一郎は会いに行っていた。ひろしは組合の
+集会に出かけ、二人とも帰りは夜になるとの事だった。
+ そこで、理恵子が「たまには家族で外食を」と提案し、比呂美と二人で事務を一通り片
+付けた後、少し早めに街に出かけ、店を覗いて時間潰しをしているところだった。
+「でも、いいんですか?私もご一緒して」
+ 比呂美の言葉はそれほど深い意味があったわけではない。それでも理恵子は一瞬驚いた
+ような、傷ついたような表情を浮かべると、笑いを作って
+「当然でしょう?あなたはうちの子なんだから」
+ と答えた。
+ 比呂美は自分の失言に気付き、謝ろうと思ったが、謝ればまた理恵子が悲しむだろうと
+考え直し、
+「ありがとうございます」
+ とだけ答えた。
 
+
+
+ 待ち合わせた場所は中心からは外れた所にある、小さなフレンチレストランだった。海
+の幸を使った料理が評判の店である。
+「珍しいですね、おじさんが自分から洋食を食べたいなんて」
+「実はね、オーナーの奥さんって、私の同級生なのよ」
+「そうなんですか?」
+ 初耳だった。
+「まあ、そんな縁で、開店以来たまに来るのよ。変な話、仲上が使う店となれば信用も得
+やすいから、それだけでも力になれるし」
+ 言い換えればそれは、あらゆる付き合いで仲上家としての責任を自覚しておかなければ
+ならない、という事でもある。名家の人間というのも、中々に大変なのだ。
+ と、その時、二人を後ろから追い越してきた若い男二人組が、声をかけてきた。
+「ね、これからどこ行くの?」
+ 二人、完全無視で歩き続ける。
+「二人で飯?俺達も一緒させてくれない?」
+ 二人、足を止めず。
+「無視しないでくれよ。お二人さん、姉妹?」
+ 比呂美、無視。
+ 理恵子、停止。
+「え、あ、あれ?」
+「・・・・姉妹?」
+「違うの?よく似てるからそうだと思った」
+「じゃ、大学の先輩後輩とか?」
+ 似ている、と言われた事に対しては、理恵子にとっても比呂美にとっても異議を唱えた
+い部分であったが、そのもう一人の言葉は両者に決定的な温度差をもたらした。
+「大学生・・・・・・・・!?」
+「・・・・・・・・大学生?」
+ 年上に間違えられた側は絶句し、二十近く若く見られた側は僅かながら眉を上げた。
+「ね、俺らも男ばっかりでつまんねーからさー。これから一緒にどっか行こうぜ」
+「えっと、私達、これから約束が・・・・」
+ 比呂美がこの場を脱出しようと試みるも、この軽薄な二人組は引き下がらない。
+「何、友達と待ち合わせ?向こうも女の子なの?そしたら俺達も友達呼ぶからさあ、みん
+なで盛り上がろうよ」
+「ね、どこの大学?学部は?俺達ね・・・・」
+ 自慢げに名乗るほどの大学でもない。
+「・・・・悪いけど、急いでるの。通して下さらない?」
+ 大学生に見られて多少気分をよくしていた理恵子も、もう相手をするのに飽きてきたら
+しい。比呂美に追いつき、そのまま歩き去ろうとする。
+「行きましょう」
+「あ、はい」
+「ねえちょっと待ってよ――」
+ 男の一人がなおも理恵子の前に回りこむ。
+「しつこいわね。どきなさい」
+「おばさん、あまり――」
+ 事を荒立てない方が、と比呂美は言おうとしたのだが、その代名詞に男が反応した。
+「おばさん!?」
+ 理恵子の顔を改めて見る。
+「なんだよ、よく見りゃオバサンじゃねえかよ」
+「ゲ、マジかよ。ただの若作りかよ」
+ 比呂美は間違いなく、理恵子のこめかみがピクッと動くのを見た。
+「なんだよ、がっかりだよ」
+「ん、もしかしてあんたも三十越えてるとか言わねえよな」
+ 比呂美の目が一瞬で危険な光を帯びた。
+「たく、行こうぜ。時間の無駄だ」
+「暗いから危うくだまされる所だったぜ」
+ 言いたい放題で立ち去ろうとする若者に向かって、比呂美と理恵子の声が飛んだ。
+「待ちなさいよ」
+
+
+
+「お、おい、母さん・・・・?」
+ ひろしが心配する
+「比呂美・・・・さん。なんかありましたか?」
+ 眞一郎が敬語になっている。
+「別に、なーんにもありませんよ。ですよね、おばさん」
+「ええ、なんにも。比呂美ちゃん、おかわりしましょうか」
+ 女性陣に遅れて店に入ったひろしと眞一郎が見たものは、二人でマグナムボトルのワイ
+ンを空にする勢いで呷り続ける、それは恐ろしい光景だった。
+
+             了
+
+
+ノート
+・・・・駄目だ、ママンが動じてくれない・・・・
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。