さて、どこでしょう?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「えっ、こんなとこで?」
戸惑いの言葉が出てしまう比呂美。
「だって…、あんっ」
ちょっと強めに胸を揉んだのに、気持ちいいみたいだ。
「ちょ、ちょっと、んっ、んんっ!」
右手は胸を少し力を緩めて揉みながら、左手で頭を引き寄せてキスする。
いつもより大きく舌を動かして口の中を愛撫していく。
「ちゅっ…ちゅぱっ…ぴちゃっ」
比呂美は強く胸を揉まれたことでスイッチが入りかけていて、
加えてのキスの攻撃に翻弄されてしまい困っている。
その反応を感じて、眞一郎は少し大きくなりかけた股間を押し付ける為に、
左手を比呂美のお尻に持っていき、一気に引き寄せた。
「んっ!?んんんっ」
股間を押し付けられても、比呂美は抗議したくてもできない。
眞一郎は、くいくいと押し付けるのをやめない、ついでにお尻も揉む。
「んんっ、んんっ、んっ」
胸を揉まれ、キスされ、股間に大きくなりかけた眞一郎を感じると、スイッチが入ってしまう。
「んぁ、ちゅぱ」
比呂美の体から力が抜けてきた、どうやらOKらしい。
「今日はどうする?したい?」
「はぁ、はぁ、うん、したい」
それでは、と眞一郎が体を開放すると、息を整えながら比呂美が跪く。
「じゃあ、するね」
「うん」
ささっと取り出してキスを始める比呂美。
「ちゅ…ちゅっ、ちゅ…ちゅ…」
最初は抵抗していたのに、どうやら気に入ったみたいでうれしそうにしている。

あっという間に大きくなっていくペ○スに比呂美はさらなる愛撫を行う。
「ちゅぅ…くちゅぅ…ちゅぅ…」
ペ○スのあらゆる場所にちょっと吸い付きながら、舌を使う。
「おお、なんかいいかも」
「ん?そお?じゃあ、今度はずばっといくね」
「うん、お願い」
眞一郎が喜んでくれたことに気を良くして、ペ○スを口いっぱいに頬張っていく。
「じゅぶ…」
「おおおー」
比呂美の口の中は、暖かくてとても気持ちいい。
「じゅぶ…じゅぶ…じゅぶ…じゅぶ…じゅぶ…」
ゆっくりと頭を前後する比呂美、ペ○スの味と眞一郎の反応を楽しんでいるかのよう。
「じゅぶっ…じゅぶっ…じゅぶっ…じゅぶっ…じゅぶっ…」
少し速度を上げて、さらに愛撫を続けていくと、ペ○スがぴくっと反応する。
比呂美はフ○ラチオを続けながら、自分で服を脱ぎ始める。
「じゅぶっ…じゅぶっ…じゅぶっ…じゅぶっ…」
胸を出してから、スカートを捲り上げてパンツの中に手を入れる。
どうやら自分で触りたいらしい。
「じゅぶっ…んぐっ…んぐっ…」
既に愛液が染み出している性器は、ちょっと触っただけでかなりの気持ちよさのようだ。
ペ○スを咥えたまま、没頭してしまう比呂美。
「…」
比呂美はもう夢中になって、快感を得る動きになってしまっている。
「んぐぅ…んぐぅ…んぐぅ……ん」
クリ○リスを入念に擦ることに夢中な比呂美、眞一郎は面白そうに見ている。
「んぐっ?」
見られていたことに気付くと、比呂美の顔が赤く染まっていく。
「じゅぱっ」
ペ○スを口から出し、ちょっと抗議してみる。
「あー、見てたでしょう?」
「なんかイヤラシかった」
「もう」
「どお?」
「うん、準備おっけー♪」
すっと立ち上がった比呂美を壁際に連れて行って、手をつかせ、お尻を向けさせる。
スカートを落とし、パンツを剥ぎ取る。
「あっ、ちょっ。ああっ」
腰を捕まえられ、ペ○スをあてがわれたことで、期待する声が出てしまう。
「入れて、って言ってごらん?」
「イヤ」

その瞬間にペ○スを一気に奥まで、挿入する。
「ああああっ!」
ぐちゅっと音を立てて挿入された比呂美は声を抑えられなかった。
「はぁ、どお?」
「んんん、気持ちいい」
自分で刺激しておいたおかげで、スムーズに入ったペ○スを喰い締める比呂美。
「んっ、動かして?」
ちょっとおねだりする比呂美。
「どうしようかなー」
「じゃあ、自分でするもん」
比呂美は腰を動かし始めた。
「んっ…んっ…んっ…」
くいくいと腰が動くたびに、ペ○スに刺激が加わる。
「もっと気持ちよくする?」
「んっ、してぇ」
少し腰を左右に動かして、いつものおねだり。
「よし、動かすよ」
「うんっ、あっ…ああっ…」
いきなり大きく出し入れされて、快感があっという間に比呂美に広がっていく。
「あっ…あっ…あっ…ああっ…あくっ…ああっ…ああっ…あああっ…」
膣を締めて眞一郎の動きを何とか抑制させようとしたが、快感が大きくなってしまう。
「ああっっ…あっっ…あっ…あっあっ……ああっあっ…ああっ…あああっ…」
眞一郎は射精したくなってきた、今は時間がないので我慢しないことにする。
「出すよ」
「ああっ…」
比呂美の返答を待たずに、出してしまう。
どくっどくっ、と膣内に射精する。
「あっ…ああああっ」
びくっびくっと腰が動き、精液が注ぎ込まれて子宮を満たしていく。
「ふう」
「はぁ、はぁぁ、え?出しちゃったの?」
「え?うん、だって時間ないだろ?」
「そうじゃなくて、今日は大丈夫かわかんないんだけどな…」
「…」
「まだ、イッてないし」
「あ、いや、ごめん」
「もう、後でちゃんとしてね」
「もちろん」
服を整えてから、目を合わせる二人。
「でも、まあまあ気持ちよかったよ、イッってないけどね」
「だから謝るって、後でいっぱいするしさ」
「うーん、それはいいけど。大丈夫かなぁ、中で出しちゃって?」
「ううぅ」
「んふふふっ♪」
なぜか微妙にうれしような比呂美と、ちょっと元気のない眞一郎は、寄り添って出ていった。

さて、どこで二人はしていたのでしょう?
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。