天使のような


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「わたし、眞一郎のこともっと知りたいの」
乃絵はそう言っておもむろに眞一郎のズボンのベルトを外し、チャックを下げて性器を露出させた。
「すごい…これが眞一郎のなのね…」
乃絵は眞一郎の性器を見て、大きな眼を輝かせる
「ば、ばか!なにするんだよ」
「なにって、眞一郎の全部を知るにはここも知っておく必要があるでしょ?」乃絵が触れると眞一郎の性器はビクっと反応した
「わ、おっきくなるのね…」
「やめ…っ」
眞一郎は制止しようとするが、柔らかい感触。
乃絵の唇で塞がれた。
「んっ…ちゅ…」
キスをしながらも眼は開いていて、まるで乃絵は眞一郎の瞳に映る自分をみているようだ。
「眞一郎のこと、わかりたいの」

乃絵は小さな舌を出して、性器をペロペロと舐めはじめた。
「れろっ…んちゅっ…また大きくなった…アイスを舐めるのとは、全然ちがうのね。熱いし、ビクビクするし」
「あたりまえ…んっ」
「食べちゃったらどうなるのかしら…はむっ」
性器を口に含んで、上下にゆっくり顔を動かす。ほんの少しだけ当たる前歯が眞一郎を刺激する。
「んっ…はぁ…」
思わず吐息が漏れる
「眞一郎、気持ちいい?」乃絵は口に含んだまま
眞一郎の顔をみる
あどけない少女が、自分のものを口でしているという事が眞一郎を興奮させた
ぬるぬるとした温かい粘膜に包まれて、性器はさらに膨張する
「じゅぷっ…ちゅ…ん…なんかでてきた」
乃絵が口を離すと、つうっと乃絵の唾液と我慢汁が混ざり、糸を引く。
「眞一郎、感じてるのね」乃絵はぺろっと舌なめずりをして、ふたたび性器をほおばる。
「んっ…はぅ…」
性器に乃絵の舌が絡みつく。ゆっくりとした口の動きながらも眞一郎は徐々に高められていく。
「乃絵…もうっ」
「はやいわ、眞一郎。でも大丈夫。あなたは飛べるわ、わたしが飛ばしてあげる」
れろれろと裏筋を舌で何度も舐めあげる。鮮やかな赤い舌は淫靡で、乃絵の愛らしい容貌とのギャップにゾクゾクさせられる。
びゅるびゅる…っ
「んッ……!!」
口内に大量の精液が放出される。
乃絵が驚いて口を離しても射精は止まらない。
乃絵の髪に顔にと、粘りの強い白濁がかかる。
「悪いっ乃絵…」
「すごい…真っ白」
乃絵は呆然とした様子で射精をみていたが、ふと顔にかかった精液を口に運び味わう。
「やめろっそんなもの…」
「おいしいわ。眞一郎からでたものだもの…」
「乃絵…」
そうして2人は再び唇を重ねる。瞳は開いたままで。
乃絵の瞳は澄んでいて、そのまま沈んでいけるような深い色だった。

「やっぱりわたしの見込んだ通りね。眞一郎、あなたちゃんと飛べたじゃない」
そういって笑う乃絵の
笑顔を、天使のような笑顔を、この先ずっと眺めていたいと思った。

糸冬
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。