鶏小屋で順と比呂美がセックスする話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「比呂美ー!ここを開けてくれー!」
眞一郎が金網に指を食い込ませて、泣き叫ぶ。
「あっ・・・だ、ダメ!見ないでぇ・・・!」
比呂美の柔らかい乳房が金網に押し潰され、ひんやりとした鉄の感触で乳首が起ってしまう。
「そこで見届けるんだな・・・俺たちの子ができる瞬間を」
既に純は彼女の穴という穴、菊座、喉、鼻、耳、全身の肌に溢れる体液を注いでいる。
「も、もう・・・許して・・・お、おねがい、あっああ!」
最初は必死で抵抗した比呂美だったが、鍛え上げた純の体躯による、猛獣のような責めを
何時間も受け続けた今、ドーバー海峡を横断したかのようにグッタリとされるがままになっている。

「お、おねがい・・・比呂美だけは・・・助けてあげてぇ」
彼の足に、黒部朋与が息も絶え絶えとすがりつく。
その横には朋与をはじめとしたバスケ部の女子が、鶏の羽にまみれて捨て置かれている。
彼女たちの膣口は、溜めきれないとばかりに、純の精液が溢れ出て、
果敢な責めによって腰も立てずにいる。
「おまえらはラマーズ呼吸の練習でもしているんだな。俺の子種で、将来は石動NBAを作ってやる」
比呂美の菊座から肉棒をドロリ、と音をたてて抜き取ると、
今まで唯一蹂躙されていない場所にその凶器をロックオンする。
「お、お願い・・・お願いします。そこだけは・・・許してぇ」

眞一郎が骨まで金網を食い込ませながら、激しく揺らす。
「やめろぉおお!!殺す!そこだけは!絶対に!コロシテヤルゥゥゥ!!」
涙と涎でぐちゃぐちゃになって吼える眞一郎を笑う純。
「俺が死んだら、愛する女の子の父親を奪うことになるなぁ?おーひどい、ひどい」
ミチミチと音を立てて、いまだ衰えぬ剛直が比呂美の中に分け入ってくる。
馬のように漲ったそれのサイズに耐え切れず、入り口が裂けてしまう。
「いたいっ・・・い、痛いよぉ・・・・助けてぇ」
「なんだ初めてだったのか。良かったなぁ、俺のに慣れると他じゃ物足りなくなるぞ・・・さて、そぉれ!」

ドリルを打ち込むように、純の変幻自在なピストンが始まる。
「あっ・・・・あぁあっ!・・・・んっんん・・・だ、ダメぇ!」
荒波にさらわれるように、比呂美の腰が跳ね、乳房がブルンブルンと弾む。
それを繰り返すうち、いつしか比呂美から動きだすようになってしまう。
「比呂美・・・比呂美ぃ~!」
「だ、ダメぇ・・・こんなのぉ、おかしいよぉ・・・。でも、・・・でもっ!」
とうとう純が寝転ぶように仰向けになって動かずとも、比呂美自ら快楽を貪ってしまう。
髪を振り乱し、弾粒の汗を散らせ、喘ぎ狂う様はデスメタルのロックバンドのボーカルより激しい。
「いいっ・・・・いいよぉ・・・オチンポ、キモチィイイイイイイイイ!!!」

カッと純が目を見開き、比呂美の腰をひっつかむと容赦ない突き上げを開始する。
「あ、あぁんっ!そ、そんなに、されたらぁ!絶対!絶対孕んじゃうぅ!妊娠しちゃうううぅぅぅぅ!!」
「いくぞおおおおおおっっ!!」
ドピュルビュププププビュウウウウウッッッ!!!
彼女の胎内で男根が爆発し、閃光のように白濁が注がれていく。
身も心も、未来さえ蹂躙された比呂美は雌としての喜びに打ち震えながら、ぐったりと純の胸板に倒れる。

「・・・ひ、ひろみ・・・・ひろ・・・みひ・・・ひひひ・・・」
愛するものの心も体も、思い出さえも奪われた眞一郎は、魂まで獲られてしまった。
涙も枯れ、悲しむことも忘れて放心する彼の顔に影が差す。
「大丈夫よ眞一郎。眞一郎ならまた飛べる・・・私とならきっと飛べるわ」
「・・・の、のえ・・・」
絶望の底でみた石動乃絵の姿はまさしく天使そのものだった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。