私眞一郎君から好きって言ってもらった事ない


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

915 名無しさん@お腹いっぱい。 sage New! 2008/03/30(日) 16:30:34 ID:YbexFfQG
あれ・・・?眞一郎ってもしかして比呂美に好きとはいってないのか・・・それがなくて一足飛びでプロポーズみたいな
セリフいったのか。


921 名無しさん@お腹いっぱい。 sage New! 2008/03/30(日) 16:32:39 ID:2zj54QFW
915>>
そのうち
「私眞一郎君から好きって言ってもらった事ない」とか言いそうだなw
気持ちは伝わっても、言葉でも聞きたいみたいな。女の子によくありがちだが

924 名無しさん@お腹いっぱい。 sage New! 2008/03/30(日) 16:34:50 ID:Mcka0DYH
921>>
この後最初に眞一郎「が」キスしようとしたら言うねw言うよw

926 名無しさん@お腹いっぱい。 sage New! 2008/03/30(日) 16:35:52 ID:ZbjsEui5
924>>
やべぇ・・・それ想像してたらぞくぞくしてきたw

961 名無しさん@お腹いっぱい。 sage New! 2008/03/30(日) 16:58:35 ID:Mcka0DYH
926>>
「比呂美…」

唇がまさに重なろうというその瞬間だった。

「私…」
「ぇ…?」
「私まだ、眞一郎君に好きって言って貰った事無い」

比呂美が拗ねたように、口を尖らせるように言う。
頬を染め、眞一郎の目を真っ直ぐ見据えながら。

「ぁ…うん…」
「………」

少し驚いたような顔をしながら、曖昧な返事をする眞一郎。
比呂美は待つ。眞一郎の心が、言葉を紡ぎ出すのを。

「比呂美が好きだ。仲上眞一郎は湯浅比呂美が好きだ」
「………」
「比呂美が好きだ。仲上眞一郎は、湯浅比呂美が好きだ。仲上し…」
「好き。私も眞一郎君の事が好き…ずっと好き」
「比呂美」

二人は、唇と、心震わせる瞬間とを、静かに重ね合わせていく。
春間近、夕暮れの海岸。夕日に照らされながら。




オチはないw
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。