カップ割っちゃったてのは故意に


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

706 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2008/03/31(月) 15:40:21 ID:kVNP1K4D
カップ割っちゃったてのは故意に


711 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2008/03/31(月) 15:59:18 ID:D/n3u/Px
706>>
これからは二人であのコップ使うのかよ


712 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2008/03/31(月) 16:00:49 ID:+xsfmuoK
711>>
飲ませ合いっこするわけだな


713 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2008/03/31(月) 16:01:43 ID:zZnWSd0p
711>>
口移しじゃないかと


714 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2008/03/31(月) 16:01:59 ID:eQD7Fite
711-712>>
このシチュで誰かSS書いてくれよう


715 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2008/03/31(月) 16:03:29 ID:kVNP1K4D
空気読まずに新しいカップを買ってくる眞一郎


716 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2008/03/31(月) 16:04:20 ID:jfhangl6
714>>
昨日みたいなので良ければ、夜まで待ってくれれば書くぜ。



720 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2008/03/31(月) 16:05:53 ID:eQD7Fite
716>>
よし、やっちまえ


721 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2008/03/31(月) 16:10:34 ID:EXIc4phc
716>>
うむ、そなたの武勇を期待する。


813 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2008/03/31(月) 17:56:26 ID:jfhangl6
711-712>>
あの日から三日後。アパートで眞一郎を待つ比呂美。
心なしか浮かれた表情だ。

 コンコン

「はーい」

 返事と同時に、玄関まで僅か数歩の距離を、小走りに近寄る。

 カチャ

「お待たせ。これ、母さんからのお土産」

 眞一郎は、そう言って紙袋をかざす。

「ありがとう。さ、入って」
「うん。そうそう。あと、これは俺から」
「?」

 テーブルの前まで来た眞一郎。
 袋から、さほど大きくない箱を、取り出す。

「カップ。割っちゃったって言ってたろ? お揃いなんだぜ」

 照れくさそうに言うと、箱を開け、カップを取り出す。

「あ…」
「?」
「…あれね、嘘なの。ごめんなさい」
「ぁ…うん…そっか、うん…いいよ。でも折角だから、偶には使ってくれな」
「…うん。ありがとう」

 以前なら、これを切欠に、すれ違っていたかも知れない。
 そして、少しづつ、距離が出来てしまったかも知れない。

(言葉にしたい事程、言葉って浮かんでこないもんだな)

 残念な気持ちと、どこか嬉しい気持ち。そして、優しい気持ち。

(伝えたい気持ち程、なかなか気付いてあげられないもんだな)

 眞一郎の想いは、どこまでも比呂美に向けられる。
 比呂美もそうであるように。




814 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2008/03/31(月) 17:56:49 ID:jfhangl6
続き

「ふぅ…食った食った。美味しかった。御馳走様」
「お粗末様でした。今、お茶のおかわり煎れるね」
「たの…いや、俺がコーヒー煎れるよ」
「え?どうしたの急に」
「いいだろ。たまには」
「うん。いいけど…?」

 少し悪戯っぽい笑顔でウインクすると、眞一郎は腰を上げた。



「さ、飲もうぜ」
「あの…?」
「どうかしたか?」
「眞一郎君の分は?」
「いいんだよ、これで」

 そう言うと眞一郎は、比呂美の手を取り、カップを持つ自分の手に重ねる。

「たまにはこういうのも、悪くないんじゃないかって…思ってさ」
「………」
「おいおい、泣くなよ。泣くなって…」
「バカ…」
「ひどいな」
「バカ…」

 流させてもいい涙もある。
 流させて欲しい涙もある。
 大切な人になら。

「ありがとう…」


おしまい
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。