あけるりネタ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺はトイレから教室に戻ると、俺の席で何かしていた比呂美が、慌てて自分の席に戻った。
「比呂美、どうした?」
「う、ううん、何でもない」
首筋をかすかに赤くしながら答える比呂美。
見るからに何かありそうな雰囲気だが……
「仲上君、ノート返してもらっていい?」
黒部さんが話しかけてきた。
「あ、借りてたんだっけ、ごめん」
「いーよ」
「それより、ちゃんと写せた?」
「ああ、バッチリだ」
「あははははっ、感謝してよ~」
始業のチャイムが鳴る
「じゃ、またねっ」
黒部さんは、比呂美の親友ということで、俺とも気軽に接するようになっていた。
それまでは知らなかったが、つき合うと案外良いヤツだ。

― ― ―

「では、ここの和訳を……」
うわ、当たるなよ当たるなよ……
俺は心の中で呟いた。
「今日は13日だから……黒部、やってみろ」
「はーいっ」
予習万全の黒部さんが、意気揚々と立ち上がった。
「サムはメアリに、最近の経済状態について一通り解説した」
「というわけで、僕もお先真っ暗ってワケさ」
ノートに書かれた訳を読み上げていく黒部さん。
さっき俺が写させてもらった箇所だ。
「今夜、部屋に来て……ぇぇええ?」
「……って、なんじゃこりゃーっ!」
教室に黒部さんの声がコダマした。
「……メアリがサムを好きだったなんて、新しい設定だな。黒部、廊下に立っとれ!」
……何やってんだ、アイツ……
俺のノートには正しい訳が書かれているのに。


昼休みになり、すぐ黒部さんが現れる。
「よく分からないけど、災難だったな」
「え、あ……そうだね……」
「あの……仲上、くん?」
もじもじしている。何だか胸が高鳴った。
「あの、その……今夜……OKだから」
きゃっと顔を伏せる黒部さん。
……
「何のこと?」
訳が分からん。
「何のことって、ノートの話よ」
瞳を輝かせ、にじり寄ってくる黒部さん。
「いや、あの……全く身に覚えがないんだけど……」
「……え?」
そこに比呂美が現れた。
「ごめん、あれ書いたの私」
「ぶふぅっ!」
黒部さんがこけた。
「あの……比呂美、何やったんだ?」
「え……と、眞一郎君のノートだと思って……「来て」って書いちゃったかも……」
「……」
よりにもよって、そんなメッセージを……
正直、眩暈がした。
「お……お……おのれらは、他人のノートで何しとるんじゃー!!」
黒部さんが噴火した。
「ごめん……」
比呂美がしゅんとなる。
「罰として、仲上君は没収です」
「あっ」
「おっ?」
黒部さんが、ぐいっと俺の左腕を引く。
「と、朋与?」
負けじと比呂美も俺の右腕を引っ張る。
「ぐあっ」
「いいじゃない、比呂美。減るものじゃないし」
「減ります」
「まぁまぁまぁまぁ!」
黒部さんの腕に力がこもる。
「眞一郎は私と付き合っているのっ!」
比呂美が教室中に響き渡る声で噴火した。
……
……
ざわざわ
そして歓声と冷やかしの声がわき起こる。
「うわあぁぁぁ……」
「ひ、比呂美?」
ふらふらと、比呂美が俺から離れる。
そして
「ひゃぁぁぁぁっ」
教室から飛び出していった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。