フォルティッシモ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

負けるな比呂美たんっ! 応援SS第38弾

『フォルティッシモ』


◇朝

「おはよっ」

「おはよう」

「あ、シャンプー使ってくれたんだ?」

「あ、ああ、せっかくのお勧めだったからな… 何で分ったんだ?」

「いいの、どう? 大丈夫だった?」

「ああ、手触りかとかがいつものと違ってたな」

「別に女性用って訳じゃないから、よかったかな?」

「ああ、使わせてもらうよ」

「ありがとう」

「なんで比呂美が喜ぶんだ?」

「それは…、ほら、眞一郎くんにもおしゃれしてほしいから…」

「うーん、俺そういうの苦手だからな…」

「いーの、そのために私がいるんだから」

「…よろしくお願いします」

「はいっ、お力添えさえていただきます」

「行こうか?」

「うんっ」
(同じ香りを身にまとって登校することの意味が分かるくらい
 気がつくひとじゃなくてよかったかな)

「ん、なんだか嬉しそうだな?」

「ううん、なんでもない♪」



◇夕方

「なあ、今日、なんかクラスの雰囲気おかしくなかったか?」

「そお? 気がつかなかったけどな」

「うーん、なんか女子がこっちみてヒソヒソ言ってたような…」

「ふうん、おモテになるんですね、眞一郎坊ちゃんは」

「い、いや、そうじゃなくてだな…」

「しらないっ」

「なあ、ごめん、勘違いだった、許してくれ」

「反省してる?」

「してますっ」

「じゃあ、お部屋によって熱い紅茶を淹れてくれたら許してあげる」

「ふう…」

「ごめんね」

「ん?」

「ううん、なんでもない♪」







●あとがき
9話まで視聴済み

このテの事では女性の感覚はスゴイです。ついていけません
比呂美さんの虫除け作戦は成功した模様です
眞一郎くんが同じ香りの意味を理解できる日はくるのでしょうか?
#39とは逆の香りの使用法です
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。