憧れのひと


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

負けるな比呂美たんっ! 応援SS第40弾

『憧れのひと』


もうお昼休み半ば
クラスの当番のせいで遅れてる
体育館へ急ぐ
高校からバスケをはじめた子達のために自主練習が行われてる
参加は自由、正式な部活じゃない
指導してくれる2年生の先輩達も部活の時より優しい
でも それより なんといっても
今日も逢えるかもしれない
その想いが私を急がせる
私がバスケなんてコトをはじめてみようと思ったのは
そのひとのせい

忘れもしない
入学式の日
中高一貫校のこの高校に別の中学から転入してきた私
慣れない校舎で迷子になって困ってた
通りかかった上級生らしきひとに声を掛けた
『新入生? ひょっとして場所、分からないの?』
そう声を掛けてくれた上級生さんは
長い栗色の髪をして綺麗な眼をしたひとだった
遠慮する私を
『いいから』
と教室まで連れてってくれた
『がんばってね』
にっこり笑って その上級生さんは去っていった
落ち着いた物腰と途中いくつか交わした会話
緊張してたんで思い出せない
優しく言葉を掛けてくれた事と
最後に
『ありがとうございましたっ』
やっとそう言えたコトだけ覚えてる
制服の襟、赤い線が3年生だと知ったのは後のこと
私もあと2年したらあんな上級生さんみたいになれるのだろうか?

そんな上級生さんと再会したのは
新入生へのクラブ紹介のとき
体育館で開かれたオリエンテーションで
各部の代表の人たちが勧誘メッセージを読み上げる
その中にあの上級生さんがいた
『女子バスケ部』
最初何かの間違いだと思った
あの優しそうな上級生さんが運動部に所属してるなんて…
運動部ってもっと厳しい人たちの集まりだと思ってた
でも
立ち上がってメモも見ずに勧誘メッセージを
告げるそのひとは間違いなくあの上級生さんだった
ピンと背筋を伸ばしたその上級生さんは凛とした声で
こう締めくくった
『よかったら 一緒に頑張りましょう』
そういって微笑んで
最後に礼儀正しくお辞儀をした
遠くからでも分かった
ホントに楽しそうな笑顔
実績を誇示するでなく
皆に迎合すわけでもなく
私みたいなシロウトでも
一緒に頑張れそうな
そんな気になった
そして私は
受付開始と同時に入部届けを出した

あれから1ヶ月
今はゴールデンウイークも明けた5月
校内の緑の木々を抜け体育館へ急ぐ
湯浅キャプテン、今日も会えるかな?
毎日じゃないけれど
よく顔をだしていただける
部活の時間はすこし厳しい表情
だけどこの自主練習の時間だけは
とても優しい表情になる
私も含んでバスケの基本もできてない子達の
面倒もよくみてくれる
この時間、無駄にはしたくない

体育館の入り口にたどり着いた
出入り口のところ男子生徒がいる
なんだろう
と思いながら靴を履き替えていると

「女子バスケの方ですか?」

その男子生徒に声を掛けられた

「…はい」

ホッとしたような笑みを浮かべながら
その男子生徒は近づいてきた
襟元をみると 3年生…?
なんだろう?

「比呂… 湯浅… 3年の湯浅に渡して欲しいんだけど… いいかな?」

そう言いながらあるものを差し出してきた
なんだろうと思いながら受け取る
えーと これは 箸箱?
なんでまたこんなものを…?

「はい… あの、お呼びしましょうか?」

「いや、部活の邪魔しちゃ悪いんでな、『俺のほうに入ってた』って言ってくれれば分かるから…」

「あ… はい、じゃ、お渡しします」

「お願いします、ああ、なるべく早めに…」

「はい…」

その人は最後ににっこり笑うと校舎の方へ歩き出した
物腰の柔らかい感じのひと
湯浅キャプテンの知り合いだろうか?

大切な湯浅キャプテンへのお使いだ
急いで館内に入り湯浅キャプテンの姿を探す
あ、いた
黒部先輩と並んで何か話してる
急いで駆け寄る

「あら、どうしたの あわてて?」

「あのっ 湯浅キャプテン、」

「なあに?」

「これ、あ…、えーと3年の男子の人が…」

言いながらドジっぷりを思い知る
名前聞いてない
大切な湯浅キャプテンへのお使いなのに…
気の効かない子だとあきれられる事を覚悟しながら箸箱を差し出す

「あれ、なんで?」

湯浅キャプテンポカンとしてる
これ何かの間違いだろうか?
あ、伝言言わなきゃ

「あの、『俺のほうに入ってた』って伝えてくれっておっしゃってました」

「え? あっ、そ、そう、やだ…」

湯浅キャプテン顔がころころ変わってる
なにが起きてるんだろう?

「持ってきてくれたんだ、あ、…どこで?」

「さっき出入り口の所で… 」

湯浅キャプテン、出入り口の辺りに顔をむける
私も見たけどやっぱりもう誰もいない

「お礼、言ってきたら」

黒部先輩がニヤニヤしながら湯浅キャプテンの耳元で囁いてる

「でも…」

湯浅キャプテン、練習中の部員達を見たり
私達を見たり、視線があちこち泳いでる
こんな湯浅キャプテン見たこと無い

「ほーら、まだ間に合うよ」

黒部先輩の諭すような声

「あ、あの、すぐ戻るから…」

顔を少し伏せながら湯浅キャプテン歩き出した
見てるとだんだん早足になって行く
出入り口で靴を履き替えると
駆け出す湯浅キャプテンの背中が小さくなっていくのが見えた

なんだか呆然…
あの、いつも凛としている湯浅キャプテンが…

「どうしたぁ?」

黒部先輩に声を掛けられて我に返る

「あ、あの、ひょっとしてさっきの方が湯浅キャプテンの…」

1年部員の間で伝説になっている湯浅キャプテンの彼氏さん?

「そうだよ」

さも当然の事の様に肯定なさる
いい機会なので勇気を出して訊いてみることにした

「じゃ、あの、暴走族に誘拐された湯浅キャプテンを彼氏さんが
 追いかけてバイクごと暴走族を火だるまにしたとか、
 そのせいで彼氏さんが停学処分になったとかって言う…」

信じられない、もっとゴツイ人だと思ってたのに…

「プッ、なに、1年生の子達の間ではそんな話になってんだ?」

黒部先輩、ふき出しちゃった
あれ、違うの?

「え、違うんですか?」

「さあ、どうだろ、私もよくは知らないんだよねー」

「そうなんですか」

「気になる?」

「あ、いえ、そんな…」

「ふふん、あんた、比呂美のファンでしょ?」

「え? それは… その…」

「見てりゃ分かるわよ」

「はあ」

「比呂美に憧れてる?」

「あ、あの、…はい」

「そ、…比呂美はね、天才じゃないんだよ」

「え?」

「比呂美はね、努力のひとなの」

「そうなんですか?」

「そ、成績がトップクラスなのも… バスケも… それとあなたが会った彼も… 全部努力して勝ち取ったの」

「はあ…」

「だからね、あんたも、努力してれば比呂美みたいになれるかもよ?」

「そうでしょうか?」

「ま、近づけることだけは確かじゃないかな…」

「はあ」

「あ、そーだ」

「なんでしょう」

「後で比呂美に、『お似合いですね』って言ってごらん、真っ赤になってすっごく可愛くなるから」

「そ、そうなんですか?」

「うん、あ、でも気をつけて、」

「はい?」

「間違ってもね『素敵な人ですね』なんて言っちゃダメ」

「はあ」

「嫉妬に狂うと手がつけらんなくなるから」

「そ、そうなんですか?」

「そうよー、怒ったら怖いんだからー」

黒部先輩、そんな楽しそうに言ってもリアリティないですよぅ

「こほん」

「え?」「あ!」

振り返ると湯浅キャプテンが居た
いつの間に…

「ちょっと、指導してきまーす」

黒部先輩は危険を察知したネズミのように去っていった
ずるいです
ひとり取り残された私
にっこりほほえんでる湯浅キャプテン、
ちょっぴり怖いかも…

「ありがとう」

そう言いながら手を差し出してきた
あ、私、箸箱持ったまま

「ど、どうぞ」

箸箱を渡す
さっきの黒部先輩の言葉が頭をよぎる
『お似合いですね』
言おうかとも思ったけど貫禄負けだ
憧れのひとにそんな口なかなかきけない

「練習、頑張ってね、悪いけどお昼にさせていただくから」

湯浅キャプテン私にそう告げると隅においてあった手提げの中から
お弁当を取り出して体育館の外、縁石のところでお弁当を広げだした
『いけない』と私も我に返る
湯浅キャプテンお弁当も食べずに私達に付き合ってくれてるのに…
まじめに頑張ろう

練習中こっそり湯浅キャプテンを見てみると
ニコニコしながらとても幸せそうにお弁当を食べている

私の大切な湯浅キャプテン
あんなに幸せそう
嫉妬してるのは私のほうだ…

でも彼氏さんには悪いけど
部活の時間だけは湯浅キャプテンは
私のものなんだから…

そうですよね
比呂美おねえさま…

 

 

 

 

●あとがき

true tears 第2章 第1話『憧れのおねえさま』ってタイトルつけちゃダメですか?
運動部の雰囲気とかよく分からないんで不自然な点はご容赦を…

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。