true MAMAN 外伝 やっぱりあんこよね


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ん~おいしい、やっぱり運動の後はあんこよね~」
「朋与、この前は運動の後はアイスに限るって言ってたよ」
「揚げ足取るなっ。要は甘いものが一番って事よ」
 今川焼き屋「あいちゃん」店内である。部活も終り、比呂美と朋与は、たまにはとこの店に寄道して、今川焼きを
食べていた。
 当然、焼いているのは愛子である。
 他に客もなく、店内は目下、女子高生3人の独占だった。
「愛ちゃんごめんね。騒がしくて他のお客さん逃げちゃったみたい」
「今の時間はいつも誰もいないんだから、気にしないの」
「そうそう、あたし達でその分たくさん食べればいいんだから」
 太るよ、と比呂美が茶々を入れると、高音域の笑い声に包まれた。大声で騒いでも迷惑にならないのは、やはり
気楽だ。
「ところで比呂美、最近どうよ?」
「え?どうって?」
「とぼけなさんな。仲上眞一郎の事ですよ」
 愛子の心の中で、愛子の耳が二回り巨大化した。
「え?え?し、眞一郎くんが何?」
「いやあいいわよねえ一人暮らし。想い人に手料理を振舞って、食後のコーヒー飲んでるうちに、すっかりいいムード
になって、最後にデザートはあ・た・し――」
「ストーップ!ストップ!ストップ!妄想終り!」
「照れなくたっていいじゃない。今は3人しかいないんだし。ね、愛子さんも仲上君の事は知ってるんですよね?」
「え、ええ、まあ・・・・」
「やっぱり気になりますよねえ?」
「あ、あはは・・・・」
 曖昧に笑ってごまかし、愛子は今川焼きを焼く作業に戻った。勿論耳はダンボのままだ。
「でも、実際のところ、比呂美の部屋で夕食食べる事もあるんでしょ?」
「まあ、たまには・・・・」
「で、それだけでおとなしく帰っちゃうの?仲上君?あ、嘘、もしかして、仲上君て・・・・それでいつも野伏三代吉と――」
「眞一郎くんはノーマルです!」
「三代吉は変態じゃない!」
 予想外の十字砲火に朋与は目をパチクリさせ、死角からの砲撃手は真っ赤になって俯いた。

「・・・・・それは、その、本当にたまには、だけど・・・・眞一郎くんも無理は言わないし・・・・・」
 結局比呂美は白状させられていた。普段は比呂美の無意識の惚気に付き合わされる朋与にも、「人生の先輩」を自称
しながら、三代吉との交際が中学生レベルで止まっている愛子にも、奇妙な敗北感を与えた。
 悔しいので朋与は煽ってみる事にした。
「そんなこと言って、比呂美が無意識に予防線張ってるんじゃないの?」
「そんなこと、ない・・・と思う」
「だって、比呂美よ?正常な男が、あんたみたいな娘と両想いで、誰も邪魔の入らないところで2人きりで、何もしようとしな
いなんてそれしかないわよ。じゃなきゃ男が」
「違うってば!」
 二度目の十字砲火。
「とにかく、比呂美の方でもそれらしいムード作ってあげなきゃ。おあずけ喰った犬みたいで仲上君がかわいそうだわ」
「犬って・・・・」
「具体的にどうすればいいの?」
 いつの間にか愛子は包囲する側に回っていた。愛子にとって眞一郎は過去の思い出である。
「ちょっと、愛ちゃん・・・・」
「そーねー。例えば・・・・・・」


「ご馳走様でした」
「お粗末さまでした」
 夕食を食べ終えて、比呂美は眞一郎にコーヒーを用意していた。
 あれから1週間過ぎている。
 理恵子が町内会の集会に出るため、夕食を比呂美のところで食べるように言われたのだ。
 その話が出た際、最後にそれまで黙って新聞を読んでいたひろしが、
「眞一郎、気遣い」
 とぼそりと呟いた事は勿論比呂美は知らない。
 比呂美はここに来て、不思議と「その気」になっていた。
 一つには、あまりにも当たり前にくつろぎムードに入った眞一郎に腹を立てたからでもある。「その気」になって欲しいわけで
はないが、もう少し甘いムードに浸らせてくれてもいいではないか。
 比呂美はコーヒーメーカーの電源を入れ、眞一郎に気付かれないように脱衣所からドライヤーを持ってきて作動させた。
 そして眞一郎に向かって、
「暑かったらエアコン入れて」
 と声をかけた。
「うん、わかった」
 眞一郎がエアコンのリモコンを手に取る。
 プツン
 ブレーカーが落ちる。
「な、なんだ!?」
「ごめんなさい。ブレーカー落ちちゃったみたい。眞一郎くん、お願いできる?」
「わかった。え・・・・と、どこだ?・・・・・あ、これか?」
 パチン
 灯りが点く。比呂美は――姿が見えない。
「あれ?比呂美?どこ行ったぁ?」
「――ここ」
「どこ?――うわ!?」
 比呂美はロフトの上に登っていた。
 薄暗いロフトの上では、Tシャツを着ていても妙に色っぽい。
「登ってきて、眞一郎くん・・・・・」
 ごくり。と眞一郎は生唾を飲み込んだ。
 まるっきりそういうつもりがなかったわけではない。ポケットの中には「気遣い」も忍ばせてある。
 なによりも比呂美にここまでさせて、怖気づくのがかなり恰好悪いという自覚もある。
「比呂美・・・・・」
 眞一郎はロフトを登っていった。自分の心臓が耳元まで上がってきているようだ。
(落ち着け、俺!べ、別に、これが初めてじゃないだろ!)
 上りきった。
 比呂美の肩に手を置く。比呂美が緊張するのがわかった。
「いいの・・・・か?」
「うん・・・・」
 無粋極まりない言葉のキャッチボール。眞一郎は比呂美を抱き寄せ、唇を重ね・・・・・
 ピンポーン。
 コントのタイミングでチャイムが鳴り、眞一郎は文字通り飛び上がり、頭を天井にぶつけた。
 のたうつ眞一郎をそのままに比呂美は玄関に走り、覗き穴から覗いてみた。
 理恵子だった
「おばさん、どうしたんですか?」
「集会が終わってね、残ったお寿司を詰めてもらったの。もしよかったらと思って」
「あ、ありがとう、ございます」
 寿司を受け取りながら、比呂美は朋与に心の中で報告した

 朋与、2人っきりって、簡単にはなれないよ


 
                  了

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。