true MAMAN あなたを見ている人がいる~序章~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 台所に立って、理恵子は夕食の支度をしていた。
 ――さあ、どうしたものかしら。
 支度をしながらも理恵子は、全く別の思索に頭の大部分を支配されていた。
 三者面談はもうすぐだった。今回の面談では進路についての具体的な話しをしなけれ
ばならない。具体的な話をするには親子でまず話し合わねばならないが、仲上家の2人
の子供は、将来について、話し合う事を好まないようだった。
 一向に跡を継ぐと言ってくれない息子も悩みの種だが、娘の方は別の意味で尚深刻だ
った。
 そして先刻、学校から電話が入った。進路希望調査票(いつの間に書いたのか、そんな
もの)の内容についての確認だった。


「あなた、お話があります」
 食後のひと時だった。眞一郎はもう自室に戻っている。理恵子は、敢えて眞一郎がいなく
なるのを待っていたのである。
「ん、なんだ?」
「今日、学校から連絡があったんですけど・・・・進路の事で」
 そういうと、ファックスで送ってもらった進路希望調査票を見せる。
 ひろしはそれを一瞬だけ目を落とし、すぐに理恵子を見た。
「これがどうかしたか?」
「これで本当にいいんですか?これじゃ――」
「まだ言ってるのか。眞一郎には好きな事を追求させてやろう」
 今までにも何度も夫婦で話し合った事だ。杜氏については住み込みで修行している少年が
おり、他の従業員と協力していけば蔵を守ることはできるだろう。その気のない息子より、やる
気のある弟子に期待した方が現実的だ。
 だが、今日の理恵子は引き下がらなかった。
「眞ちゃんは、自分の事だけを考えていればいい立場の子じゃありません」
「まだ言ってるのか。眞一郎は眞一郎。仲上の家は関係ない」
 スッ
 理恵子がもう一枚の紙を差し出した。ひろしは今度は目を離さなかった。
「これは・・・・」
「もう一度、眞ちゃんと話をしてください。こちらは私が説得します」


                        続

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。