アイスを二人で半分こ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

比呂美の部屋にて:
「アイス食べようか?」
食後、眞一郎が聞いた。
「うんっ、でも、たぶん一本しかないよ?」
「ホントだ。じゃあ、半分こな?」
「うんっ!」
アイスを取り出し、比呂美の後ろに座った。
「眞一郎くん?」
「おいで」
「う、うん…」
比呂美は眞一郎の腿に座る。腰を抱かれ、少し頬を染めた。
腕を首に回し、胸を少しだけ突き出し、ちょっとだけ"つん"する。
「どうしたの?」
いつもは服を着たままでこんなことはしない、比呂美はちょっと疑問に思った。
「半分こだろ?」
「うん…」
「ちょっと待って。はむ…ん………ほぉら」
眞一郎は小さめに口の中に含んで、比呂美の顔を見上げた。
「え?」
「ほぁやぁく」
「う、うん。…ちゅ…ん…んく…ん……ちゅ………こくっ…んくっ…ちゅぱっ…」
頬をさらに染めながら唇を合わせ、舌を入れてアイスを食べた。
「おいしいか?」
「うん…、すごく…おいしい…。もっと…食べたいの………もっと…」
熱い視線で見つめながら、色っぽい声を出していた。
「はむ……ん…ほぉら…」
またも、小さく口に含んで見上げる。
「いただきまぁす♪」
比呂美が上機嫌で顔を近づけてきた。

何回か繰り返していると、溶けたアイスが垂れた。
「……ん…んく…あ、眞一郎くん。手に付いてるよ?」
「ありゃ、やっぱこの食べ方は時間かかるな?」
「うん…」
「ティッシュあるか?」
「それよりもいい方法があるよ?」
「ん?」
「眞一郎くん…、手、出して?」
そう言ってアイスを持つ手首を優しく握り、自分の口元へ近づけていく。
「え?」
「私が綺麗にしてあげるね? ぺろっ……れろっ…ん…ん……ちゅ…ちゅっ…」
比呂美は眞一郎の手を、舐めたりキスしたりしながら、熱い視線を送る。
「はい…、綺麗になったよ? 今度は私が食べさせてあげるね?」
「あ~ん」
「もう…、ちょっと待って…。あ、また垂れそう……れろっ……ぺろっ…ちゅ…」
比呂美はアイスを頭を動かして、淫らに舐めたりキスしたり。
「はむ………ふぉい………ん…ちゅ…………んく……こく……」
積極的に舌を絡ませ、眞一郎を愛撫する比呂美。
瞳は快楽を求めるように光り、腰を淫らに前後させながらキスする。
比呂美は何回も自らの口で眞一郎に食べさせた。
「おいしいね? アイス」
「うん、旨い」
「もっと、もっと、食べたいの…」
「でも、もう無いよ?」
「今度は、眞一郎くんの……熱いアイスが…いいの…」
「だめ」
一度断ると"おねだり"が始まることを知っていた。
「あぁ~ん、お願ぁい、食べたぁいのぉ」
体を淫らにくねらせ、胸を顔に押し付けて"おねだり"。

そして…


小ネタなんで、続きはないです。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。