一人目氏に捧げる小ネタ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「今日、行きたい場所があるんだけど、いいかな」
「いいけど、どこ?」
「縄ヶ池」

 ~畔にて~

「わたし、ここに来るの、小学生依頼だな」
「そうなのか?」
「眞一郎くんは良く来るの?」
「う~ん…よくって程じゃないけど。歩きじゃ結構あるし」
「そうだよね。…でも、やっぱり綺麗」

 街の外れにある、峠道の入り口から数キロ。
 標高820mの山合いにある自然湖。
 三方を嶺に囲まれた、流れ込みのない湖。
 龍神が宿ると言われる、縄ヶ池。

「比呂美、ちょっと水辺に立ってくれないか?」
「はーい」

 ヒロシから借りたカメラを構える眞一郎。
 今日は写真を撮りに来たようだ。

「もうちょっと下がってくれるか?」
「ん…この辺?」
「うん…そこで帽子に手をやって…」
「こう?」

 日差し除けに被った鍔の広い麦藁帽に手をやる比呂美。

「うん。いい。それでくるっと回ってみて」
「えっと…んっ」

 スカートの裾をはためかせ、比呂美が片足で回る。
 少し遅れて長い髪が舞う───

 木陰で一休みしながら、二人は会話に華を咲かせる。

「どう? 気に入る写真、撮れてそう?」
「う~ん…カメラが使いにくいんだよ」
「あ、そんな事言ってる」
「モデルがいいんだからカメラの所為しかないだろ?」
「カメラマンの腕は?」
「それも問題ない。まあ…多分」
「ふふっ」

 今の話題は、先程撮った写真についてのようだ。

 帰り支度を始める眞一郎。
 比呂美の方は既に支度を終え、湖畔をゆっくり歩いている。
 眞一郎は、なんとなくそれに目をやると、とっさにカメラを構える。

「これだ…」


 シャッターを切る。

「どんな造った仕草よりも、自然なままの比呂美が一番なんだ…」
「え? なーに?」

 眞一郎の呟きが届いたのかどうか。
 比呂美は笑顔で駆け寄ってくる。

「いや…なんでもないよ。さあ帰ろう」

 きっと良い写真になる。
 眞一郎はそう確信していた。
 ただ一つだけ、気がかりなのは…。
 絵で、その写真を越えられるかどうかだった───

「さっき…」
「ん?」
「ううん。なんでもない」

 自然体の比呂美が一番、その言葉を、胸に大切にしまう比呂美。
 どうやら、先程の呟きは聞こえていたようだ。

「なんだよ、気になるって」
「今は内緒。次来たときに教えてあげる」

 目の前の比呂美の笑顔。
 写真でも、絵でも、越えられないだろう。
 眞一郎は、その事を少しだけ悔しく思う。
 だが同時に、その笑顔が、何より大切なものだとも思う。
 それを見る事が出来る、それ自体が、幸せなんだ、と。
 そして、いつかこの気持ちを、素直に伝えたい、と。
 今はまだ照れくさくて言えないけど。
 だから、目一杯遠回しにこう伝える。

「じゃあ今度来るときは、もっと良いカメラ借りてこなくちゃな」


 おしまい
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。