新年度の始まり-14


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

=ベタベタピクニックで凄いイチャイチャを想像した人、期待しないで…


新年度の始まり-14


「あ~、やっと来たぁ~。遅いぞ!」
愛子が比呂美と眞一郎を発見して、声をかけた。
「まぁったく、何をしてい…」
「ふぅ、お弁当重い…。やっと、仲上くんに持ってもら…」
朋与とあさみは少し大きいバッグを持っていて、振り向くのが遅れた。そして、
文句を言いながら見た光景に、言葉を失う。
結果的に、愛子と三代吉がツッコミを入れることになる。
「比呂美ちゃん、だいた~ん!」
「お前ら…、そんなにくっついて歩いたら、遅ぇの当たり前だろが!」
そう、二人は密着して集合場所に現れた。どう考えても歩きにくそうな様子に、
愛子と三代吉は呆れ顔である。
「お、おはよう…」
「おはよう。愛ちゃん、朋与、あさみ、野伏君」
提案しておいて照れまくっている眞一郎、満面の笑みの比呂美、密着したまま。
一歩進む度に、"ぐにっ"。曲がると、"ふにっ"。立ち止まって、"ぐにぐに"。
眞一郎は"それ"ばかりに気を取られない様にするだけで、精一杯。比呂美は嬉
しくて我を失いかけている。ダメだこの二人…。

「まぁ、揃ったんだし、行こう! ほら、眞一郎! 重い荷物持ってあげて!」
既に三代吉にはかなりの重量が課せられていた。残りは眞一郎の仕事になる。
「愛子ぉ。オレらもしようぜ~」
「残念! そんな荷物持ってたら、無理!」
笑顔なので、実は満更でもないらしい。
「眞一郎! おめぇが全部持て! 遅れたんだろうが!」
「む、無理…」
朋与とあさみに無言で荷物を"空いている腕"に引っ掛けられた眞一郎は、既に
元気が無い。左腕に比呂美の"柔らかい何か"、右腕には重たい荷物。がんばれ。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

バスで移動して、小高い丘へやってきた。休日にも関わらず他に人はいない。
彼らの知っている"穴場"と言える場所だった。
太陽が優しく照らし、吹き抜ける風は心地いい。芝生ではないが、それなりに
綺麗な草花があり、とても居心地のいい場所だった。春休みに来た時よりも、
もっといい眺めになっている。

「うぅ~ん。気持ちいい~」
手ぶらな愛子が背筋を伸ばして、深呼吸している。
「け、結構キツぜ…」
三代吉はへばり気味だが、愛子の姿に少し見惚れていた。"彼好み"の色使いの
上着がとても良く似合っている。だらしない目つき。
「…」
「…」
朋与とあさみは言葉少なに歩いている。どうしても、後ろが気になるようだ。
「ひ、比呂美…。ちょっとだけ離れてくれても…」
今、眞一郎の両腕には"両極端な負荷"が継続してかかっていた。集合してから
バスに乗るまで、乗ってから座席で、そして、ここまでの道のり。
「えぇ~? 休みの日はいいんでしょ?」
分かってはいても、"許可が下りている"と思うと、離れるなんて考えられない、
それが表情と態度に表れている。比呂美は、公然と密着できるのが嬉しくて仕
方無い。体を押し付け、横顔を見て、目を合わせて笑顔を見せる。

「はいは~い。ここに荷物置いて、一休みしましょう!
 眞一郎! 三代吉! さっさとシートを敷く!」
愛子は偉そうではなく、楽しそうに指示を出す。笑顔で言われては、逆らえな
い。のろのろと動き出す2人。
「ちぇっ、人使い荒いなぁ」
三代吉は文句を言いながら、笑顔でシートを敷き始めるが、
「あ、あのさ。ちょっとの間だけ、離れるってのは?」
「いや」
眞一郎は比呂美と交渉中だった。
「仕方ないなぁ。ほら、頭なでなで…」
右手で柔らかい髪を梳きながら撫でると、そこには蕩けるような笑顔があった。
「んふぅ♪ もっと、もっと、なでなでしてぇ♪」
より一層体を押し付け、しなだれかかるが、
「な? シート敷くまで待ってくれたら、もっとなでなでするぞ?」
今まで誰も聞いたことが無い様な眞一郎の甘い声。4人が固まる。
「うんっ♪ 待ってる♪」
ぱっと離れて、シートが敷かれるのを待つと、瞬時に密着を再開。そして、
「眞一郎くん♪ なでなでは?」
「ほぉら、なでなで…」
「んふぅ♪」
頭を撫でられて、目を細め、吐息を漏らして甘える比呂美。正視に耐えない表
情。しかし、眞一郎も同じ様にだらしない笑顔。見ていられない。
4人はその様子を見て、それぞれ違う感想を抱いた。
(眞一郎…、あんた、比呂美ちゃんに影響されすぎ…)
(愛ちゃ~ん、オレらも…)
(どういう事? 休みの日だからって、あんなに…)
(仲上くん…、いつもと違う…)
朋与とあさみは今日の為に気合の入った服装をしている。だが、比呂美は普段
着と言ってもいいくらい。少しくらいこっちも見てくれても、そう思っていた
のにも関わらず、一言二言話した時にも、服装について触れられもしなかった。
さらに、比呂美の完璧な"防御"によって、近づくことすら難しい。6人で行動
していのに、2対4、もしくは、2対2対2になることが、しばしばあった。
愛子と三代吉は容赦なく二人をからかうが、朋与とあさみには無理だった。
今日の為に色々と策を練ってきたのに、出鼻をくじかれ、その後は話しかける
チャンスを作ることすら難しい。
一見すると、比呂美が甘えるから眞一郎がそれに気を取られる様に感じられる
が、実はそうではない。どちらかと言うと、甘やかすから甘えている。
つまり、眞一郎が比呂美の状態を作り出していた。
"思いっきりベタベタ"と自分で言っておいて、ミイラ取りがミイラになってい
るのは眞一郎で、比呂美はそれが嬉しい。そして、止めようと最初は思ってい
たが、気付かない間に自分もそうなっていた。
しかし、潮時というのを二人は心得ていて、皆がシートに座る頃には普段通り
に戻っていた。
「ちょっとはしゃぎ過ぎたか…」
「そ、そうだね…。反省しないと…」
この辺りは"抱き合っていると、よく発見する人物"による教育の賜物か?
「そうだよ! 二人とも! みんながいる事忘れないでね!」
「愛ちゃ~ん、オレらも…」
「全くだっつ~の! 自重しなさい!」
「くっつき過ぎ!」
最初、朋与とあさみは明らかに不機嫌な様子で話始めるが、次第に6人はいつ
もの"わいわい、がやがや"と普段通りのおしゃべりになっていった。
(よし、これからが勝負ね。何とか2人きりになって…)
(がんばろう、仲上くんに見てもらわなきゃ…)
ちらちらと眞一郎に視線を送りながら、気合を入れなおす朋与とあさみ。

やがて、いよいよ2人が待ちに待った"お弁当タイム"。
朋与とあさみは朝早く起きて、全力で料理を作った、母親の手を借りて。
それでも、その出来具合といい、量といい、満足できるものであった。
(よし! 結局ほとんどお母さんが作ったようなものだけど、手作り!)
(私…、野菜しか切ってないけど、手作り!)
2人の実力はこれくらいだったが、盛り付けに力を注いだので、"手作り"にこ
だわるのは致し方ない。しかし、それすら打ち破ってしまうのは…、
「じゃ~ん! 眞一郎! 比呂美ちゃん! 二人の好物、作ってきたよ!」
愛子だった。さすが、幼馴染。データベースの幅は広く、深い。
「うおっ! さんきゅー、愛ちゃん!」
「愛ちゃん! ありがとう! あっ、これってすごい久しぶりだ~」
眞一郎と比呂美は大喜び。
「愛子~、オレの好物は…」
「ちゃんと、あるわよ! これっ!」
「うぅぅ…」
何故か嘘泣きをしている三代吉。嬉しいようだ。
「こっちは、ウチから!」
「ウチだって!」
どん! どん! と朋与とあさみがそれぞれの弁当箱を開けた。
「うひゃあ~! 2人ともがんばったんだね!」
「すげぇ、豪華じゃん!」
「うわぁ~、おいしそう!」
「うぅぅ…」
三代吉だけ、まだ嘘泣きを継続していた。
「じゃ! 食べましょう!」
しかし、愛子の合図で昼食が始まる。
「いただきます!」×6

さて、短いですが、イチャイチャお弁当タイムの始まりです。

「眞一郎くん、あれ、食べたいな?」
「分かった…ほい、あ~ん」
箸で摘んで、口元へ持っていく。
「あ~ん☆ はむっ♪ んっ…んぐんぐ…んぐっ…う~ん♪ おいし~い♪」
笑顔で口に入れてもらい、ご満悦。
「旨いか? 次、どれがいい?」
こちらも、だらしない笑顔。
「もういっこ~♪ おんなじのぉ~♪」
体を少し左右にひねりながら、催促。
「よ~し………ほい、あ~ん」
「あ~ん☆ はむっ♪ んっ…んぐ…んくっ…おいし~い♪」
「そっか、そっか。次は?」
「今度はぁ~♪ 私がぁ~♪ 食べさせちゃう…ぞっ♪」
比呂美は可愛い仕草で、眞一郎の鼻をつつく。
「あ~ん」
それを受けて、すかさず口を開ける。
「もうっ♪ まだ、どれが食べたいか聞いてないよ♪」
「あ~ん」
ちらっと視線で指示。
「これ?」
「あんあん」
口を開けたまま、頷く。
「しょうがないな~♪ はい、あ~ん☆」
「はむっ……んぐ…んっ…んぐっ…。う、旨い…。
 比呂美が食べさせてくれるから、こんなに…」
ニヤニヤしながら考え込むフリをする。だらしない。
「もうっ♪ しんいちろうくんったらぁ~♪」
染めた頬を両手で挟み、体をひねって喜びを表す。

「あ、頭が痛くなってきた…」
「愛ちゃ~ん。オレらも…」
「で、できない…。アタシにはあそこまで自分を捨てきれない…」
「愛ちゃ~ん。オレらも…」
頭を抱える愛子と、見るのは恥ずかしいがやってみたい三代吉。
「「…」」
言葉を失くす朋与とあさみ。何回か学校で"あ~ん"は見たことがある。
それがこの二人にとっては手加減していた、という事が分かった。すさまじい
程の甘えと甘やかし、見ていられない、呆れるを通り越して見たくない。
しばらく二人は食べさせたり、食べさせてもらったりをしてから、普通に会話
して、少しの間自分で食べて、また、
「比呂美~、あれ…」
手の届かない場所のおかずを指さすと、
「もうっ♪ しんいちろうくんったらぁ~♪」
が始まる。そして、"あ~ん"を何回か繰り返す。どう考えてもわざと手の届か
ない位置にあるおかずを選んでいるとしか思えない。バレバレだった。
朋与とあさみが何かアクションを起こそうとして、
「あ、仲が…」
と、話しかけても、
「眞一郎くんっ♪ どれがいいのかなぁ♪」
だったりした。
「あ、これはわた…」
と、再度チャレンジしても、
「比呂美~、俺もそれ、食いたいなぁ。あ~ん」
だったりする。
朋与とあさみは、上手く自分に眞一郎の注意を向けることができない。
二人が本気でイチャイチャすると、誰も間に入れない。愛子でさえ無理だった。
たまに、少し固いものを食べていると、
「んぐ…んぐ…んぐ…んぐ…」
比呂美が噛んでいるところを見つめてしまう始末。手に負えない。茶化すタイ
ミングを見定めることすら難しい。二人は完全に4人を無視する様なことはし
なかった。皆と普通に会話もするし、その時はいつもと変わらない。
だが、会話が途切れたりすると、
「あ~ん☆」
が始まる。

最初は笑顔で懸命に努力していた朋与とあさみも、食べ終わる頃になると、次
第に元気が無くなっていった。そして、比呂美はその様子を気にしていた。
「はぁ~、食った食ったぁ~。眠くなってきたぜぇ」
三代吉がごろんと寝転がった。
「行儀、わるいよ?」
愛子が注意するが、
「マジで、眠いんだよな~」
そんな時比呂美が突然立ち上がり、
「ごめん、ちょっと…」
と言って駆け足で林の方へ消えていった。
「比呂美!」
すかさず眞一郎が追いかける。

「え? ちょっと! どこ行くの!?」
「あっ! 何? 二人きりになる気? みんながいるのに!?」
靴を履いて2人が追いかけるのを、何故か愛子が止めようとする。
「行かない方がいいと思うよ?」
その表情と声は真剣で、何かに気付いているようだった。
「どうして? だって…」
「みんがいるのに…」
「行くなら、覚悟してね?」
愛子の声は哀しそうだ。あさみの事は知っていたが、今日、朋与の気持ちも分
かってしまった。
「意味、分かんない。あたし、行く!」
「私も!」
2人は眞一郎の後を追って行ってしまう。愛子もゆっくりと立ち上がる。
「三代吉、ここで待っててくれる?」
「あ? 何かあんの?」
「待ってて?」
「あぁ、分かった…。面倒なこと?」
「そんなとこ。気にしない方がいいよ?」
「オレにはワカンネェことだろ?」
「そ~ゆ~こと」
「寝てるわ…」
「じゃね」
愛子はゆっくりと歩いていく。どうせ急がなくても"声"で分かるだろうから。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

<サントラ"SeLecT"を再生しながら読むとアニメ風。最後までどうぞ>

林の中に入って、立ち止まったところで追いついた。
「比呂美! どうしたんだよ!」
あと数歩の距離で止まり、眞一郎が少し大きい声で聞く。
「…」
「どうした? 何があった?」
「…」
「言ってくれよ。頼むから…」
眞一郎に背中を向けていた比呂美が振り向いた。
「…」
「……どうして、泣いてるんだ? 言ってくれ…」
泣いている表情に驚き、声が真剣になった。
「もう嫌なの…。あんな風に見せ付けるなんて…」
"今"の比呂美は思っている事、感じている事を素直に話せる。
「…」
無言で先を促す。
「だって、あんな風にして、それで、諦めてもらうなんて…。
 2人とも、どんどん元気無くなっていって…。気になって…」
「うん」
眞一郎も気が付いていた、朋与とあさみが徐々に沈んだ表情になっていくのを。
「2人とも、私の友達なのに…、友達なのに…」
「うん」
言いたい事が分かっている、それを伝える為に相槌を打つ。
「それなのに、あんな風に…」
「うん」
「私…、違うと思ったの…。あんな風にするのは違うって、思ったの…」
「うん」
「私、勘違いしていたのかもって思うと…、居られなくなって…」
次第に声は小さくなり、俯いてしまった。涙がぽろぽろと地面に吸い込まれた。
「俺が、間違っていたんだな…」
「どうして? 眞一郎くんは別に…」
比呂美は何が言いたいのか分からなかった。
「2人とも、お前の大切な友達だもんな…」
「うん…、そうだよ…」
「俺はその友達に酷いことをしたのかもな…」
「え?」
意外な言葉に涙が止まり、眞一郎の目を見た。"あの目"だ。
「ごめんな? 比呂美。俺が悪かった。俺がちゃんとすれば良かったんだな…」
「どうして謝るの? 私も一緒になって…」
「いや、俺が考えたんだし…。そもそも、俺が…」
「…」
「比呂美、俺が2人に話すよ…。今日の事も謝っておくから…」
「眞一郎くんがどうして謝る…の?」
「友達なのにお前が謝ったら、変な事にならないか?」
「でも、私も一緒になって…」
「だめだ、俺が謝らないと…、俺がちゃんとしないと、だめだと思う…」
「どうして? どうして!? どうして眞一郎くんは、そうなの!?」
比呂美の感情が高ぶっていく。
「何が?」
眞一郎は冷静に受け止めた。
「だって! いつも眞一郎くんは! 自分で抱え込んで! 私、嫌なの!
 "あの頃"だって! 私が自分で勝手にして! 勝手に嘘ついて!
 私が振り回して! 我がまま言って! 都合を押し付けて!」
「"あの頃"は、母さんの嘘もあっただろ? 違うか?」
「でも! 私! それでも! 自分で勝手にして! 言えばよかったのに!
 言えなくて! 勇気が無くて! それで眞一郎くんが!
 眞一郎くんを傷つけて! 私、私、嫌われるかもって! そう思って!」
未だ、二人の距離は数歩分空いている。
「私が頼ってばっかりで! 私が! 私! 眞一郎くんに迷惑ばっかり!」
心の奥にしまっていた"過去"が溢れ出していた。以前に話したことはあって
も、ここまで直接的に言ったことはない。
「迷惑じゃない」
「違う! 今だって! 私が2人に言えば!」
「それは違う…」
「違わない!」
比呂美が叫ぶ。

「聞け!」

眞一郎が始めて怒号を上げた。


次回、眞一郎が…。

END


-あとがき-
あ、あれ? 朋与とあさみが主役だったはず? 後で活躍しますんで、たぶん。
イチャイチャを書いていて、比呂美に感情移入したら、思わぬ展開に…。

 ありがとうございました。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。