true MAMAN特別編・こんな想い出もいいよね~三日目・往路~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 三日目は自由行動である。
 眞一郎、比呂美、朋与、あさみ、三代吉は予定通り市内観光コースに出た。
 予定を立てているときはほとんど皆市内に出るのでは、と予想していたが、実際には
そこまで多くなく、半数ほどは阿蘇まで足を伸ばしていた。
「あたし達も阿蘇にすればよかったかな?」
「いいよ。もう乗りっぱなしは飽きた」
「あたしも~」
 しかし、市内観光にしても移動手段は使わなければならない。5人ではタクシーにも乗
れないため、市電を使うことにした。
「実は私トラムって初めて」
「実は俺もだ」
 何故か嬉しそうな比呂美に、眞一郎が応える。富山にもLRT(路面電車)はあるのだが、
眞一郎は利用した事がなかった。そんなどうでもいいことでも比呂美と共通点があったこ
とで嬉しいと思う自分が、妙におかしかった。
「なぁ~にニヤニヤしてんのよ?」
 顔に出てしまったらしい。慌てて口元を隠したが、朋与が冷やかしていたのは比呂美の
方だった。比呂美は赤くなって
「別に、ニヤニヤなんて…」
 と否定していたが、恐らく自分と同じことを考えていたのだろう。珍しくうろたえている比呂
美を見ていると、
「お前もだぞ、眞一郎」
 三代吉が指摘した。この辺り、いつまでも初々しいカップルだ。



 水前寺公園はかなりの賑わいを見せていた。特に馬場は流鏑馬の奉納が執り行われると
あって、油断すると仲間を見失ってしまいそうだった。
「なんで俺たちが来る日にこんなものやるんだよ」
 三代吉のやや八つ当たり気味の文句に、
「これに合わせて日程決めたからでしょ?」
 と、あさみが正論を返す。
「しっかし混んでるわね。前の方まで行けるかしら?」
 朋与は群集を掻き分ける事に挑戦中である。
 比呂美は隣に眞一郎がいることを確認した。暫らく考えて、やがて意を決し、手を眞一郎に
伸ばす。
 眞一郎はその手に気がつくと、一瞬比呂美の方を見た。そしてすぐに、その手をしっかりと
つないだ。

 離れないように
 見失わないように
 置いていかないように

 比呂美が少し頬を染める。眞一郎も照れたように笑う。そして2人で、朋与と三代吉がこじ開
けた後についていった。



                        続



ノート
熊本市電はトラムでは非常に先進的で、完全冷房車の導入や近代的なLRT採用など、富山ライトレールに先んじて欧州型の近代的トラムを走らせています。デザインは富山の方が洗練されて好きなんですけどね。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。