比呂美のバイト その4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【かなわないなあ…】 比呂美のバイト その4


「眞ちゃん、あなたは駄目よ」
 仲上の母はとっておきの笑顔で言った。

 それなりに年齢は出ているものの、元々美しい母である。その笑顔の迫力は
尋常ではない。
「なんでだよ!」
 気圧された眞一郎は、反発してみせるのがせいぜいだった。
「成績悪すぎるもの。バイトなんかしたらどうなるか」
 声からも表情からも怒りや不快感は全く感じられない。不機嫌さのかけらも
ない。
 それであるがゆえに、なおさらその言葉は重かった。
 事実、眞一郎の成績は悪いのだ。
 比呂美の顔がほんのわずかに陰るのを感じ、眞一郎は焦った。
「あなたがこの先どんな進路を選ぶにしてもね。今の成績では学びたい事も学
べないし、行きたい所にも行けないわ。もし好きな女の子が出来たとしても、
責任を示す事もできないでしょう」
 母はそこまで言うと、すました顔でお茶を飲んだ。
「う…」
 クリティカルヒット。痛恨の一撃。眞一郎は首をはねられた。色々なゲーム
の一節が眞一郎の脳裏をよぎる。
 まずい。大いにまずい。これでは反論も何もできたものではない。
 比呂美が外で働き、苦労しようとする時に、手助けしないわけにはいかない
のに。助けると誓ったのに
「ちゃんと勉強するから…」
 絞り出した眞一郎の言葉は、母に横目で一瞥されただけ。華麗に無視された。
「比呂美ちゃん」
 母は眞一郎を無視し、比呂美に視線を向けた。
「…はい」
「社会勉強にもなるし、働くのは良いと思うの。でも、眞ちゃんの成績が心配
で。このままじゃどうしようもないわ。いつも、やるやる言って全然勉強やら
ないし…」
「はい…」
 比呂美もそれは承知していた。根本的に頭の悪い男ではないのだが、勉強に
関心がないのだ。
 それでもさすがに残念な思いは隠せず、うなだれてしまう。
「だから悪いけれど、眞ちゃんの勉強を見てやってくれないかしら。それなら
許すわよ」
「え…」
 比呂美の顔が跳ね上がる。
「かあさん?」
 眞一郎も驚き、隣の父の顔を見る。
「そういう事だ。二人でしっかり勉強するなら、認めよう」
 父はおだやかに笑っている。
「みっちりしごいてやってね。年度末のテストではまともな成績が取れるよう
に。叩いても缶詰にしても、遠慮なんかしなくていいから」
 再び、母が笑みを浮かべた。

「ありがとうございます、おじさん、おばさん」
 比呂美が万感の思いを込めて頭を下げる。
 自分のワガママでバイトする事を言いにきただけなのに。バイトが認められ
たどころの話では終わらなかったのだ。
 心臓が動悸し、頬に血が昇る。あまりの嬉しさで表情を変えないようにする
のが大変だった。
「それから、相手方に弁済を申し出る前に、必ずこちらに報告に来なさい。い
いかな、二人とも」
「夕食、まだなんでしょう? 食べてお帰りなさい」
 比呂美は、はい、と答えた。嬉しそうな気配が彼女の身体からあふれている。
 そして眞一郎は(やられた!)と思っていた。
 ため息をつく眞一郎の背中を、父が二度、叩いた。


 和やかな夕食の後、眞一郎はアパートに帰る比呂美を送って行った。そんな
に遠い場所ではないのだが、そこは年頃。小一時間は戻らないだろう。
「不出来な息子だな」
 ヒロシは苦笑いしながら杯を傾けた。
「まったく、誰かの若い時にそっくり…」
 理恵子が笑って酒を注ぎなおす。
「俺はあそこまで鈍くはないぞ」
「そうだったかしら」
 誰もいない、二人きりの時。ヒロシはこうして理恵子にやりこめられる事が
ある。二人きりの時、だけだ。普段は夫を立てる良い妻である。
 だが、こうして理恵子が妻から女に戻る時、ヒロシはそんな彼女をいつも美
しいと思った。
「比呂美は、ちゃんとわかっていたようなんだが…」
 ヒロシも自然に父から男に戻り、ちょっとボヤいてみせた。
「鈍いのは、仲上の男の血統かもしれないわね」
 理恵子につつかれる。
「そうかな…」
「ふふ」
 理恵子は自分の杯をあけた。
 その姿に以前と変わらぬ色気を感じ、ヒロシは嬉しくなった。

 比呂美が仲上に来て以来、理恵子は精神的に失調気味だった。それを上手く
解決できずに1年半もの月日が流れてしまった事を、ヒロシは家族皆に申し訳
なく思っている。
 比呂美が家出してからしばらくの理恵子の後悔も酷かった。様子のおかしさ
にしばらく目が離せなかったほどだ。
 だが彼女は強い。今では新しい目標を見つけていた。
 今となっては誰が悪いと言う話ではなく、ただのボタンのかけ違い、意思疎
通の失敗がもたらした悲劇にすぎない。今さら悪者を捜しても仕方ない。
 色々な意味で大事に至らなかった事は幸運であった。しかし幸運だけに頼っ
ているわけにはいかない。それを育て、花を咲かせるのは人間の役目だ。
「あの二人、上手くいってくれるといいんだが…」
「いきますよ。今は頼りなくても、貴方の息子でしょう」
 理恵子の言葉には、信頼と愛情がある。
「比呂美は…」
「私が守ります」
 そう言い切った理恵子は、美しかった。
 ヒロシは眞一郎を、理恵子は比呂美を。いつのまにか分担が決まっている。
そしてヒロシは今の理恵子に全幅の信頼を置いていた。
「眞一郎は、鍛え直さないとな」
「よしなに」
 こうしてまた理恵子と二人で美味い酒が飲めるようになった事を、ヒロシは
何よりも感謝していた。


「かなわないなあ…」
 アパートへの帰り道、二人で海辺を散歩しながら、比呂美は明るく言った。
 聡い彼女は、仲上の両親に話された事を正確に理解していたのだ。
「みっちり勉強か…」
 眞一郎は天を仰いでため息をつく。
 それを見て、比呂美は吹き出した。全然わかっていない。おなかを抱えて笑
う。
「なんだよ…」
 眞一郎が憮然とする。
「だって…、あはは。眞一郎くん、わかってないみたいなんだもの」
「わかってないって、何が?」

「ああ、苦しい…」
 比呂美はひとしきり笑ったあとようやく笑いをおさめた。
「涙流してまで笑うことかよ…」
「あのね、おばさんね…」
「ああ」
「眞一郎くんの成績が上がりさえすれば、どんなに長時間、二人きりで過ごし
てもかまわない、って言ってくれたの」
 比呂美は海のむこうを見ながら、詩うように眞一郎に告げた。

 眞一郎に"比呂美に対して"責任を取れる男になりなさいと。そう言ってくれ
た事については、まだ教えない。自分の胸の中にだけ、納めておく。
 しかし、これはもう黙認どころの話ではないのだ。本当に、しっかり期待に
応えなければならない。
「そんな話だったっけ?」
「そうよ」
 月の光の中、輝くような笑顔を眞一郎に向けた比呂美。
 眞一郎は見惚れて時間を忘れた。
(ああ、前にこうして月灯りで比呂美を見た時は…。兄妹疑惑で泣いてたよな…)
 その後、比呂美の期待から逃げて乃絵に告白したのは、眞一郎にとって苦い
記憶であった。そして眞一郎は、今度こそ逃げるわけにいかない責任を背負っ
たのだと、自分なりに理解した。

「私ね…。たぶん、かなり誤解していたんだと思う…」
 比呂美がつぶやいた。
「あのおばさんにいじめられていたこと。あの人が、理由もなくそんなことを
するわけがないから」
「そうかなあ…」
 今まで、仲上で起きた事。話した事。そして仲上に来る前の事。
 時間はかかるかもしれないけれど、怖がらずに再確認してみよう。比呂美は
そう決意した。過去に向き合う決意だった。



乱文を読んでいただき…

うう、おかしい。
なぜこんなに長くなるのでしょう。
比呂美がなかなかバイトを始めてくれません。
この場面はあっさり済ませるはずだったのですが。

ぐずぐずしているうちに、ママンがツンデレ最強モードに入ってしまいました…。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。